中古品
¥ 1,205
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ローカルな思想を創る―脱世界思想の方法 (人間選書) 単行本 – 1998/8

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 822
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

群馬県上野村に住み、山里の人々の暮らしから近代を超える人間観をみすえる内山節、信濃川をフィールドに近代土木技術に先立つ住民と川とのかかわりに着目する大熊孝、白神、諌早問題を、そこに住んで生業をいとなむ人の視点からとらえようとする鬼頭秀一―地域における自然と人間の関係を軸にして、多元的な思想を創造していこうとする三人の論客に、地方自治の旗手掛川市長榛村純一と、中世農民像の転換を唱える歴史学者の木村茂光が加わった刺激的な討論の記録。

内容(「MARC」データベースより)

山里の暮らしから近代を超える人間観を見据える内山節、川と人のかかわりに着目する大熊孝、白神諌早問題を住民の視点からとらえようとする鬼頭秀一。この3人の論客に掛川市長と歴史学者が加わった討論。


登録情報

  • 単行本: 209ページ
  • 出版社: 農山漁村文化協会 (1998/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4540980335
  • ISBN-13: 978-4540980336
  • 発売日: 1998/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 699,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
1997年(平成9年)8月 3日間にわたり掛川市で開かれた三人委員会「夏のセミナー」の記録。
内山さんの哲学、大熊さんの河川工学と環境、鬼頭さんの自然保護の源流の概説に木村さんの中世農民の歴史、そして掛川市長の榛村さんの地方自治に関する講演。その後参加者の討論となる。
内山さん: 「思想をつくりだした根源にあるものは何か」と問われれば、私は素直に「自然と人間の関係です」と答えます。というのは自分が暮らしている場所に存在する自然とどのような関係をとるのかが、人間の考え方の根本のところにあったからです。
内山さんはよく、ヨーロッパでの自然と人間のかかわりは、人間が支配あるいは管理できる自然が、神―人間―自然界 という文脈で成り立っていると言う。

木村さんは網野史学以上の事は書かれていないように思うが、要するに百姓は農民のみを指し示しておらず、多彩は職業民の集団であり、稲作中心の社会であったと中世を見ると誤る事を指摘する。
大熊さんは、川と人間の関係において、川が人間のためだけに酷使され、収奪されていると指摘し、かって漁猟や舟運や灌漑とともに花咲いた川沿いの文化の消滅をなげく。川から離れた遠くの人々には、水資源や電力の形で確かに恵みが豊富に送り届けられているが、それらの人々はそのことにまったく関知しない生活を送っている。そして
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告