ロンリー・アヴェニュー がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,630
通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ロンリー・アヴェニュー

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,679
価格: ¥ 2,143 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 536 (20%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,143より 中古品の出品:6¥ 685より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ロンリー・アヴェニュー
  • +
  • SOUND OF THE LIFE OF T
総額: ¥3,139
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/10/13)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 49 分
  • ASIN: B003XLE4IM
  • JAN: 4943674101375
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 339,224位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ア・ワーキング・デイ
  2. ピクチャー・ウィンドウ
  3. リーヴァイ・ジョンストンズ・ブルース
  4. ドク・ポーマス
  5. ユア・ドッグス
  6. プラクティカル・アマンダ
  7. クレアズ・ナインス
  8. パスワード
  9. フロム・アバヴ
  10. サスキア・ハミルトン
  11. ベリンダ
  12. ピクチャー・ウィンドウ (ポップ・ヴァージョン) (日本盤ボーナス・トラック)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アメリカ出身のシンガー・ソングライター、ベン・フォールズと英国出身の作家ニック・ホーンビィという二人の著名なアーティストによる奇跡のコラボレーション・アルバム。 (C)RS

アーティストについて

■ベン・フォールズの作曲とヴォーカルに、ニック・ホーンビィによる歌詞をフィーチャー。さらにストリングス・アレンジメントを手掛けるのは、シーンに最も影響を与えてきたストリングス・アレンジャーの一人、ポール・バックマスター(デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、レナード・コーエン)。このアルバムは、ベン・フォールズが特にアナログ・レコードで聴くために作ったものであり、2インチ・テープにレコーディングされた。マザーはアビー・ロード・スタジオでダイレクト・メタル・マスタリング(DMM)を用いてカッティングされ、製造はドイツのディープホルツにあるPallas Manufacturingで行なわれた。
■ベン・フォールズのユニークなポップ・ソングライティングのセンスと、ニック・ホーンビィの眼識鋭い散文でアルバムを作るというアイディアは、2009年のある晩、この二人の友人同士が一緒に夕食をとっている時の会話から生まれた。そこからホーンビィはフォールズに定期的に歌詞をメールするようになり、フォールズはそれらを『Lonely Avenue』に収録されている12編のショートストーリーに変えていった。曲は、入院した子供と共に病院で大晦日を過ごす母親から、50年代から60年代にかけて数え切れないほどのポップ・ヒットを作詞したドク・ポーマスまで、幅広い題材を取り上げている。作曲に関して、フォールズは最近PASTE誌にこう語っている。「未だかつてないほどシンプルなものから、時にはロシアの作曲家、ディミトリ・ショスタコーヴィチみたいなものまでありとあらゆる音域を使ったんだ」またホーンビィは、二人の組み合わせについてこう語る。「自分のキャリアの現段階では、僕は出来るだけ多くの才能ある人たちとコラボレーションをしていきたいと思っていた。それに僕はずっと、ベン・フォールズの音楽の大ファンだった。ベンの仕事をしている様子を間近で見聞きできたのは栄誉なことだったし、ベンのような真っ当なソングライターがどのように考えているのか、すごく学んだよ」


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
同じくピアノを主楽器として弾き語りをするスタイルの大先輩として、ベンがサー・エルトン・ジョンを尊敬している事は疑うべくもないが、本作を聴いて、彼のエルトンへの憧れが形になった1枚、というような感じがしている。

実際の音像や聴いた印象は、過去の彼の諸作と大きく異なる印象を持たせるものではない。むしろ、ストリングスなどをあしらった曲もあり、結構オーソドックスな作品集である。

ただ、その制作過程・制作方法が際立って異なっている点にベンの拘りを感じるのだ。まず、作詩は一回り近く年上の英国人の詩人の作品に統一し、詩が先にあり、そこに曲をつける、という、エルトンとバーニー・トーピンの創作スタイルを踏襲しているのだ。詩の世界観が深みを増し、三人称のショートストーリーという趣になっているので、詩だけでも味わいが深い。そして、ストリングスのアレンジャーには、それこそエルトンの名作で有名なポール・バックマスターだ。対位法を用いて特にチェロで印象的なラインを描く彼のアレンジもなかなかのもの。

繰り返すが、だからといって作風がエルトン風になるわけでもなく、それこそ自然体。聴きこむほどに味が出てくる作品だ。しかし、当のベン本人は、エルトンへの憧憬と、創作スタイルの新機軸への挑戦を果たし、充実した経験を積めた事だろうと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムはイギリスの作家とコラボした作品、『音の出る短編小説』なのです。ピアノとドラム以外の音、打ち込みサウンドやコーラスなどが各所に配され以前にもまして深みを感じます。『PictureWindow』『Your Dogs』良いです、『Pass Word』は夏の夕暮を思わせ哀愁を感じさせるスローバラードとても素敵です。落ち着いたサウンドです、今までより涼しい感じがしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作、「Way To Normal」の雰囲気に似ている…が、どちらかと言うと、「Song For Silverman」の作風に似ていますね。
「Song For Silverman」の発売当初は「BFFの頃のベンちゃんはどこへ行った?」「作風が切ないものばかりOr暗いものばかり」と言う意見ばかりでした(僕もそう思ってた汗)が、ここ最近聴き返すと、そんな評価を吹っ飛ばすほど素晴しい作品です。まぁ、あの頃より世の中と私たちが色んな意味で変化したから、違った見解になったから…

話はずれましたが、この作品はあくまでも、「Ben Folds+Nick Hornby's」による作品で、完全な「Ben Foldsのソロアルバム」ではないので、あしからず(まぁ、Nick氏は作詞のみなので、ほとんどBenのソロと同じなのですが、個人的にはBenの作詞が好きなので…)

曲風は6:4で切なさが多いです。しかしサウンドは今まで以上にシンセやエレピなどを多く使っており、新しい方向へ向かっております。

個人的には繰り返し聴いて良さがわかる「スルメ盤」だと思います(一回目通して聴くと、物足りなさを感じますが、繰り返し聴くとクセになります。)

と言うことで個人的には大満足なので、星FIVE(Ben Folds Fiveだけに汗)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レトロ 投稿日 2010/11/25
形式: CD
洋書を読む方なら分かるかもしれません。
「Fever Pitch」「About a Boy」「High Fidelity」
などで知られる、ニック・ホーンビーとの共作です。

ソロ作品の中では、前作「ウェイ・トゥ・ノーマル」と似た雰囲気ではあるのですが、それでもやっぱり似た曲はなく今回も完全オリジナルでやり通してくれました。
ベンも歳が歳ではあるはずなのですが、常に新しいものを取り入れようとする姿勢はとても素晴らしいです。

A Working Day
Your Dogs
From Above
Saskia Hamilton(シングル曲)
はノリノリ、電子音が混ざっています。
Picture Window
Belinda
Practical Amanda
はセカンドを沸騰とさせる絶品バラード、
Claire's Ninth
Doc Pomus
は軽快なポップソングとなっています。
Password
Levi Johnston's Blues
は今までにないジャンルを取り入れており、アルバムとして楽しめる内容です。
オススメは決めがたいですが、個人的にDoc Pomu
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告