中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロンドン・ブールヴァード (新潮文庫) 文庫 – 2009/10/28

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

3年の刑期を終えて、ミッチェルは出所した。かつてのギャング仲間から荒っぽい仕事を世話される一方、彼はふとしたことから往年の大女優リリアンの屋敷の雑用係に収まる。リリアンに屈折した愛情を注ぐ執事ジョーダンは、彼女がミッチェルを“独占"できるよう何かと骨を折るのだが、おかげでミッチェルは危険な隘路へ――。華やかな受賞歴を誇る〈ノワールの詩人〉、会心の一作。

内容(「BOOK」データベースより)

3年の刑期を終えて、ミッチェルは出所した。かつてのギャング仲間から荒っぽい仕事を世話される一方、彼はふとしたことから往年の大女優リリアンの屋敷の雑用係に収まる。リリアンに屈折した愛情を注ぐ執事ジョーダンは、彼女がミッチェルを“独占”できるよう何かと骨を折るのだが、おかげでミッチェルは危険な隘路へ―。華やかな受賞歴を誇る「ノワールの詩人」、会心の一作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 395ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102174419
  • ISBN-13: 978-4102174418
  • 発売日: 2009/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 716,086位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
2001年発表のMWA最優秀長編賞受賞作「酔いどれに悪人なし」の邦訳でお馴染みのアイルランドの中堅ハードボイルド作家ブルーエンが著し現在映画化が進行している傑作クライム・ノヴェルです。本書はアメリカ犯罪映画の名作「サンセット大通り」を下敷きに舞台を1950年代のLAから現代のロンドンに変えて書かれた作品だという事です。些事ですが版元が早川書房から新潮社に変わり著者名の表記が「ブルーウン」から「ブルーエン」に変更されましたので、著者も日本では2つの呼び名を持つ作家のひとりになりました。
3年の刑期を終えて出所したミッチェルは、すぐに昔のギャング仲間から手荒な仕事を任されて世話になりながら、一方でふとした縁から往年の大女優リリアンの雑用係の職を得る。何かと世話を焼く彼女の執事ジョーダンを含めてミッチェルは次第に舞台復帰に執念を燃やすリリアンとの関係を深めて行く事となり、最初はごく軽く考えていたのが思いも寄らぬとんでもない事態へと発展するのだった。
本書は400頁近い文庫本ですが、主人公が所々に詩的な会話を割り込ませている為に全体的に余白部分が多く、集中すれば誰でも短時間でさらっと読めます。ミッチェルは文学からミステリーまで何でもござれの小説マニアで、作品から一部を引用したり彼流の警句を吐いたりして、笑えても笑えなくても常にご機嫌な爽状態でぶっ飛ばします。そしてどんな
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本も表紙に惹かれました。

設定も内容もレビューを書きたくなるほど面白く、

人に薦めたくなる1冊です。

映画『サンセット大通り』がベースになっているそうです。

ハードな殺人があるものの、どこか憎めない登場人物。

ストーリー展開も意外性があり、最後まで一気に読めます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全然知らない作家、題名。本屋でジャケ買い状態で購入。でも面白い!のめりこんで一日であっという間に読んじゃいました。
この訳者さん、いいですね。わかりやすいしセンス良いと思います。
翻訳本ってわかりにくいの多い気がするけど、この訳者さんいいです。読みやすい。
「人生の中でがっかりする事の一つにコーヒーってのが香りほど旨くないって事だ」って所、ちょっと笑っちゃいました。確かにそう。(でもこのあと主人公は旨いって言ったけど)
まぁ、兎に角いいです。読んでみてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告