中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice) 単行本 – 2009/7

5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 395
単行本, 2009/7
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886 ¥ 518
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

ベストセラー『フリー』『MAKERS』の原点となった名著、待望の文庫化!

小林弘人氏・推薦(インフォバーンCEO)
「本書は生き馬の目を抜く時代のなかで錆びゆくことなく、新たな古典として生き延びてきた」
(巻末解説より)

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する! ITの進歩によって多数の非ヒット商品の管理・宣伝コストが限りなくゼロに近づくとき、ヒット主導型ビジネスに比肩する利益がもたらされる――ロングテール理論の提唱者で、『フリー』『MAKERS』でも知られるデジタル界の先覚者クリス・アンダーソンが、アイデア発見の経緯とその意味を探求し、ビジネスと文化の未来を示した画期的ベストセラー。解説/小林弘人 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する時代がやってくる!多数の非ヒット商品の管理・宣伝コストがITの進歩で限りなくゼロに近づくとき、ヒット主導型ビジネスに比肩する利益がもたらされる―ロングテール理論の提唱者クリス・アンダーソンが、アイデア発見の経緯とその意味を探究してビジネスと文化の未来を示した話題の書に、全面的に改訂を施し、新しいマーケティング手法に関する1章と、旧版刊行後の反響を受けた補遺を追加したアップデート版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 446ページ
  • 出版社: 早川書房; アップデ-ト版 (2009/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4153200042
  • ISBN-13: 978-4153200043
  • 発売日: 2009/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 346,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
言葉自体は、昨年からウェブで話題になっていましたが、本を読んですっきりしました。

ロングテールの本質は、アグリゲーターによるコストの外部転嫁です。

google, Amazon , ITMS , ネットフリックス(DVDレンタル),ラプソディ(音楽配信)といった
事例を通じて、アグリゲーターの戦術も定式化されています。

それは、

・ヘッド(売れてる2割)からテール(売れてない8割)まで、集積する。
・人気ランキングやレコメンデーションなど、お客が好みのものを探しやすい環境を整える。
・コスト(コンテンツの制作コスト、物販ならば配送コストも)は、会社の外部に転嫁する。

わかりやすく言い換えると、

・いかに早く、安くかき集めるか。
・いかに顧客の好みのものを早く、多く見せるか。
・物販の場合は、いかに早く、安く届けるかも加わります。

ということになります。

まとめとして、

○ これまでと変わらない点は、

・消費者の1日は24時間しかないため、全人類の注目量には限界があるということ。
・売れっ子クリエーターか、ア
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新しい市場がどのような特徴を持った市場なのかを詳しく分析した本。簡単な言葉で書いてはあるが、内容は高度で深い。あまりに多くの情報が洪水のように流れ出てくる感じで、ただ圧倒されて読み進むのがたいへん。少し休みながら読まないと疲れるが,これは難しいとか退屈なこととは違う。本がたいして厚くもないのに、内容の豊富さのために圧倒される感じで、素晴らしい本だと思う。最近、この著者のフリーという本が,フリーミアムについて書いているが,この本(ロングテール)の方がより包括的。流通業や通販に関する職業の人には必読書だと思う。世界が大きく動いているのが実感出来る。残念ながら日本にはここまでこれからの市場を深く理解出来ている人はいない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1.この本の内容の私なりの要約
今までは、テクノロジーの限界があり、どうしてもヒット商品しか市場に出回らなかったが、パソコンやインターネットなどのテクノロジーが進歩したことにより、ヒット商品のみならず、ニッチ(少数にしか受けない物の意か)商品も供給でき、かつ消費者もその利益を享受できるようになった。それは喜ぶべきことである。ただ、単にニッチがあるだけでは足りない。そこで、ニッチがたくさんあることを真に生かすための方法もいくつか提示する(本を読んでのお楽しみ)。
2.評価
アメリカの話が多いので、日本にそのまま当てはまるか疑問はあるが、それは星を引くほど重大なものではなく、これからのロングテール経済が、個人にとって極めて魅力的であることがよく書けていると思うので(もっとも、人は、ヒットを生む大きな会社に就職しなければ生きていけない側面もあるが)、星5つ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/7/25
形式: 単行本
オリジナルは2006年リリース。邦訳・アップデートは2009年7月20日リリース。アップデート前の初版は2006年9月の刊行だったが、アップデートでは全体の加筆修正、及び新たにマーケティングに関する15章と補遺が加わっている。

結論から言うとこの本は経済学・IT双方の面で画期的な一冊だ。筆者クリス・アンダーソンはネイチャー誌→サイエンス誌→英エコノミスト誌→ワイアード誌(ちなみに2001年)と渡り歩いてきた人物なのだが、特に経済学の素養が非常にあるのを読んでいて感じた。そして現在の経済学において欠落している部分、つまり『ロングテール』と『フリー』を詳細に検証し論じてきた。その行動と論旨は、実体経済を見もしないで頭の中だけで考えている現在のシカゴ派やミルトン・フリードマンの対極にいる。まさしく編集者らしく正しく市場を見ていると思う。

クリス・アンダーソンがここで書いているとおり、ロングテール市場には消費者・集積者・生産者という3つのタイプの人がいる。そして『蟻はメガホンを手に入れた』状態なのだと思う。この状況はこれからますます『フリー』になるのだろう。この人の出す本はこれからも決して見逃すことができない。そう思った。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー