ロック ~わんこの島~ DVD スタンダード・エデ... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 bacgame
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ディスク、表紙、ページ内に目立った問題なくとても良い状態です。 クリスタルパックにて包装し、注文確認後営業日24時間以内にメール便にて発送いたします。 発送後メールにて連絡いたします。どうぞ、ご安心してお買い求めください
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,390
通常配送無料 詳細
発売元: メディア堂 ☆ コンビニ決済・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます☆
カートに入れる
¥ 2,850
通常配送無料 詳細
発売元: GOODNICE メディアマーケッツ【トラブル防止のため、商品コンディションを必ずご確認ください!!】
カートに入れる
¥ 2,945
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ロック ~わんこの島~ DVD スタンダード・エディション

5つ星のうち 2.6 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,400 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,704 (42%)
ポイント: 30pt  (1%)  詳細はこちら
この商品の特別キャンペーン 2 点以上購入すると、¥100 割引 1 件

残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、uchimoショップ☆2点購入で100円引き~最大1000円まとめ割が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • uchimoショップの商品より、2点購入で100円引、3点購入で300円引、4点購入で500円引、5点購入で1000円引になります(全商品対象) 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ロック ~わんこの島~ DVD スタンダード・エディション
  • +
  • きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]
総額: ¥4,289
ポイントの合計: 30pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 佐藤隆太, 麻生久美子, 土師野隆之介, 岡田義徳, 柏原収史
  • 監督: 中江功
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/01/27
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005ZMPCBA
  • EAN: 4988632503136
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,686位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

2000年8月 三宅島大噴火
噴火を生き抜いた復興のシンボル犬 ロック。
実話から生まれた奇跡と感動の物語。~離れていてもつながってるんだ~

●2011年夏休み映画として全国300館以上で公開!公開前から、めざましテレビ全面バックアップの告知展開で認知度バツグン!
●2000年8月の三宅島大噴火の際、離れ離れになった飼い犬ロックとその家族の絆を描く、
「めざましテレビ・きょうのわんこ」で放送され大反響を呼んだ実話を基にした感動作!
●主演は「漫才ギャング」「TLM海猿」「ROOKIES」の佐藤隆太!共演は、「インスタント沼」「おと・な・り」「モテキ」、さらに2012年も「宇宙兄弟」「ガール」など話題作が続々と控える麻生久美子!
さらに岡田義徳、原田美枝子、倍賞美津子などが脇を固める。子役の土師野隆之介も天才的な演技を見せる!
●監督は映画「冷静と情熱のあいだ」、ドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズを手がける中江功!
大自然と人情劇の名手がメガホンを取る!
●家族の絆、そして復興にかける強い気持ちは、2011年3月以降の全ての日本人に届けたい温かいメッセージが満載!

これは、ぼくと、ぼくの家族と、ロックの物語-。

2000年8月の大噴火により、全島民が避難することになった伊豆諸島・三宅島。その時、飼い主の家族と離れ離れになってしまった一匹の犬がいた。
三宅島で民宿「たいよう」を営む野山一家のわんこ、ロック。
そのロックを生まれた時からずっと育ててきた少年・芯(土師野隆之介)と、父ちゃん・松男(佐藤隆太)、母ちゃん・貴子(麻生久美子)、ばあちゃん・房子(倍賞美津子)。

噴火時の離散…、避難後の慣れない都会での生活…、そしてロックとの苦渋の別れ…。
様々な苦悩・困難に直面しつつも、いつの日か必ず三宅島に帰ると信じ、あきらめなかった家族たち。

三宅島の雄大な自然を舞台に、一人の少年と一匹の犬を通じて、人と人のつながり、人と動物のつながり、家族の在り方、故郷への想い、諦めずに生きていく力を描く、
実話から生まれた家族の愛と絆の物語。

【特典映像】
・予告&スポット集(約10分)

【キャスト】:
佐藤隆太
麻生久美子
土師野隆之介
岡田義徳
柏原収史
佐原弘起
中林大樹
佐藤二朗
光石 研
佐藤仁美
おかやまはじめ
中丸新将

原田美枝子

倍賞美津子

【スタッフ】
監督:中江 功
脚本:水橋文美江/鈴木 智
音楽:吉俣 良(ポニーキャニオン)
主題歌:小田和正「hello hello」(アリオラジャパン)
製作:亀山千広
企画:石原 隆/市川 南
エグゼクティブプロデューサー:臼井裕詞
プロデューサー:高橋正秀/甘木モリオ/角谷公英

制作プロダクション:シネバザール
製作:フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2011 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

火山噴火に見舞われた三宅島での実話をモチーフに、災害で離れ離れになった1匹の犬と家族の絆を綴った感動ドラマ。三宅島で民宿を営む野山家の飼い犬・ロックは、火山噴火による全島民の避難命令によって家族と別れて暮らすことを強いられる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

三宅島でずっと一緒に育った子供と飼い犬のロック。
噴火で避難を余儀なくされ、ロックは避難者の救護センターへ預けられ、別々の暮らしを送る事になります。
しかし、救護センターでの暮らしで次第にロックは弱っていき、いつ三宅島へ戻れるのかわからないなか、
里親のもとに送る事を、手放す事を進められます。
ここで綺麗に作品を終わらせておけばよいものを、それから約5年後、島に戻れる事になります。
そこで今の飼い主からロックを取り戻すという暴挙に出ます。
新たな場所で新たな名前で新しい暮らしをしているロック。
いくら里親に出す際、そのようにお願いしていたといっても、それはしてはいけない事でしょう。
新たな飼い主の気持ちだってあるのです。
これが実話をもとにしたというのだから驚きです。
実際にこんな暴挙があったという事なのでしょうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画で良かったのは男の子の子役と犬が可愛かった というだけ。
それ以外の何物でもありません。
実話を大きく捻じ曲げて、駄作にしてしまった脚本家と監督の罪は重い。
少年家族の避難先の周りの人間は変人が多く、
こんなシーンいるのか?と思うような無駄な演出ばかり。
話のあらすじもよく分からず、最初は親子が離れ離れに暮らしていたはずなのに、
なぜか3人でアパートに住んでいる。その経緯が触れられていない。
少年が避難先でいじめっ子っぽい少年に道を塞がれる。
これにはどうでもいい理由があったが、そんなシーンを盛り込む必要性は全くない。
同級性が突然死した少年の父親が悲しみに沈んでるのに、
アホだの何だのと言ってヘッドロックするバカ嫁。
この家族も周りの人間もまともな奴が一人もいない。
まあ、フジテレビが関わっているという時点で、だいたいの予想は付いていたが、
ここまで駄作とは思わなかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
犬の健康と幸せのために、ロックを手放すことを決めた主人公は立派だった。
が、里親さんに「自分たちが島に戻る時には犬を返して欲しい」と土下座して頼んだ父親に腹立たしさを感じた。
犬を飼える住環境を自分で整える努力もせず、一時預かりのボランティアさんを探しもせず、
他人に甘えて自分の都合だけで犬を手放したり取り戻したりする感覚がわからない。
自分たち家族が島に戻れて幸せならそれでいいのか?
里親さん夫婦だって、新しい家族として犬を迎え入れて愛着を形成していたはず。

最後に、数年ぶりに犬と再会した少年が犬を呼ぶシーンがある。
里親さんに連れられた犬は、やがて少年一家を思い出してそちらに駆け寄るが、これは里親さんにとってはつらく理不尽な別れだったろう。
このシーンで何を伝えたかったのか、わからない。
犬がずっと、前の飼い主を忘れられずにいたことがハッピーエンドなんだろうか?
新しい家族のもとで幸せに暮らしているのならそれで良いのに、犬にとっても里親にとっても。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
途中、涙した場面もあったのですが、父親の土下座シーン以降の展開に、一気に冷めてしまいました。

大変な境遇に置かれていたということを十二分に考慮したとしても、そして可愛がっていた犬を取り戻したいという気持ちを想像しても(自分も犬を飼っているので、たぶん同じような心境になるだろうと思う)、それでも里親さんのことを考えると身勝手なのではないかと思います。島に帰るまで、4年以上だったんですよね。ということはそんなに長いこと里親さんのところにいたわけで・・・ せっかく新しい環境に慣れて、そりゃないよと思います。うちの犬は今年4歳ですが、4年間も一緒に過ごして、これが「一時預かり」だとか想像するだけでもう耐えられません。納得のいかないエンディングが、全てをぶち壊しにしている映画です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック