ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,050
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TAKE屋BOOK
カートに入れる
¥ 1,100
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: トミカマート
カートに入れる
¥ 1,152
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 安心安全・様々な決済方法可能・各種発送方法利用可能・品質保証FBA在庫欠品なし・迅速発送です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.6 170件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,050 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,940 (74%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、高木堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]
  • +
  • ロッキー5 DTSエディション [DVD]
  • +
  • ロッキー4 [DVD]
総額: ¥3,405
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シルベスター・スタローン
  • 監督: シルベスター・スタローン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2007/10/05
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 170件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000TV84IK
  • JAN: 4988142575722
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,495位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日本国内、認知度100%のロッキーシリーズが帰還!
NEVER GIVE UP!


<キャスト&スタッフ>
ロッキー…シルベスター・スタローン(羽佐間 道夫)
ポーリー…バート・ヤング(富田耕生)
マリー…ジェラルディン・ヒューズ(高島雅羅)
ロバート(ロッキーJr)…マイロ・ヴィンティミリア(竹若拓磨)

監督:シルベスター・スタローン
脚本:シルベスター・スタローン
製作総指揮:アーウィン・ウィンクラー/ロバート・チャートフ
音楽:ビル・コンティ

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:平田勝茂

<ストーリー>
30年前に世界ヘビー級王者アポロ・クリードと互角以上の大熱戦を繰り広げて以来、ボクシング界の栄光の階段をのぼりつめたロッキー・バルボア。しかしリングを去った彼は、愛する妻エイドリアンに先立たれ、地元フィラデルフィアで経営するイタリアン・レストランで、客の求めに応じて現役時代の昔話を語って聞かせる日々を送っていた。息子のロバートは有面人である父に引け目を感じて家を飛び出し、彼と顔を合わせようとはしない。エイドリアンの命日に墓参りをしたロッキーは、自らの孤独を痛感せずにいられなかった。
ロッキーは心の喪失感をぬぐうため、再びボクシングを始めることを決意する。彼は今もなお胸の奥底に情熱が燻っていることを感じ、プロ・ボクサーに復帰したものの、大きな野望を抱いているわけではなかった。しかし、ある番組がきっかけで、現役ヘビー級チャンピオン、ディクソンとのエキシビジョン・マッチが企画され、ロッキーは最後の夢に向かって猛トレーニングを始めた。そして、遂に大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングに上がっていく…。

<ポイント>
●セルDVDだけの豪華収録特典満載:“劇場のエンディングとは違う裏バージョン”を特別収録&シルベスター・スタローンによる音声解説も収録! 他

<特典>
●もうひとつのエンディング
●シルベスター・スタローンによる音声解説
●技術対精神力:メイキング・オブ・「ロッキー・ザ・ファイナル」
●リングのリアリティー:“最後の戦いを撮影する”
●NGシーン集
●未公開シーン集(7種)
・ポーリーの絵
・朝の光景
・昔なじみのバー(オリジナル・バージョン)
・ポーリーの荷物
・ロッキーとステップスの会話
・落ち込むポーリー
・スパーリング
●オリジナル劇場予告編集

Amazonレビュー

   シルベスター・スタローンの当たり役となったシリーズが、第1作目から数えて30年目で完結。撮影段階で60歳を迎えようとしていたスタローンが、再度リングに上がるロッキー役というのはさすがに無理があると思われたが、仕上がりを観れば、そんな杞憂はたちもち消え去る。ロッキーの花道として完璧な作品になった。
   妻を亡くし、イタリアンレストランを経営するロッキーが、テレビ番組で現役ヘビー級チャンピオンに勝つとシミュレーションされる。おもしろくないチャンピオンはロッキーに挑戦状を叩きつけ、無謀ともいえる対戦がラスヴェガスで実現することに。
   生卵一気飲み、美術館前の階段上り、犬とのランニングなど、シリーズの初期作品を振り返るような特訓シーンは、ファンには涙もの。第1作に登場した不良少女が成長してロッキーと再会し、胸に迫るサイドストーリーとなる展開が、時の流れを感じさせて効果的だ。クライマックスの対戦も、スタローンの驚くべき筋肉と、過剰ではない戦いぶりで嘘くささは皆無。何より「かつてのヒーローの一瞬の再生」というテーマに集中した誠実な物語作りが、映画の原点を再認識させ、監督としてのスタローンにも敬意を表したい。歴史に残る第1作を彷彿とさせる結末と、その後のエンドクレジットには、シリーズファンならずとも、しびれるはず!(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
シルベスタローンの映画を見たことはなかった。
シュワルツネッガーは、見たことがあるのに。
なぜ、見なかったのか?よくわからない。
どうも肌が違うという感じなのだろうか。
そういえば『クリフハンガー』はみたなぁ。
あるひとに、ロッキーのように、といわれて、
え? 
ロッキー・・・なんで?
あの筋骨たくましいロッキーと私とはかけ離れている。
それでも、おだてりゃ、木でも登る。
高い煙突もヒトっとびとのぼせ上がる性格なので、
さっそく、DVD屋にいって、シルベスタローンの作品集を購入した。
ロッキーを ⅠからⅥ の全部をみました。
1作目のロッキー と 6作目の バルボアがよかったですね。
壮絶なのは 4作目ですが これはちょっと娯楽的ですね。
なんとなく いわれたロッキーというイメージが
6作目の ロッキーバルボア だとわかりました。
妻の墓に向かい じっとしているバルボア。
息子が家を飛び出して・・会いに行くバルボア。
1945年生まれの スタローンは、もう60歳を超えているのに
ほんとにすごいですね。身体を保っているということが。
オトコの鏡です。
成功体験を持って
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ロッキーは常に戦い続けた。
アメリカン・ニューシネマの暗い影を殴り飛ばし、どんな強敵とも殴り合った。
だがそんなロッキーの闘志は消えようとしていた。
亡き妻、息子との距離、年齢・・・だが肉体は悲鳴と同時にボクシングを求める。
肉体に鞭打ち己を奮い立たせるロッキー・バルボア。
復活か敗北、生か死か。
相手は今盛りを迎えているルーキー。
ロッキーがチャンピオンに挑んだ時とダブるような存在だが、違うのはロッキーはどん底から成り上がったといい事だ。
挫折の連続、地獄からの脱出・・・歳は取っても初心は忘れない・・・それがロッキーの強さだ。
ガチで殴り合う凄まじい試合の場面。
肉体的に限界のロッキー、何度もダウンする。
が、何度でも立ち上がる。
ボロボロになる体、研ぎ澄まされる闘志。
相手の大型ルーキーも顔つきが変わってくる。
壮烈な試合、大いなるラスト・・・ロッキーは生き返った。
少なくとも、彼の心に悲しみはもう無い。
ロッキーは今日も戦い続ける・・・ありがとうスタローン。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 この作品が製作されると聞いた時、誰もがスタローン正気か?とどうせ冗談のような作品にしかならないだろうと半ばバカにしていた観客が大半だったと思う。私もそうだった。この状況がまさに劇中でロッキーが現役チャンプと対戦する試合前のロッキーの姿そのものなのだ。そう、まさに本作はロッキーという架空の人物を通してスタローンが己の人生の総決算を行なったと言える作品なのだ。ロッキーは実際は20年前のロッキー5 最後のドラマで終わっていたはずだった。が、本作でのリング外での対決のラストにスタローンが納得していなかったのだろう、還暦近いスタローンが終わったはずのロッキーシリーズをこの時期に作った理由、それは本作を見れば明らかだろう。シリーズの集大成だが、過去の作品からの名シーンの挿入は最低限に留められ、トレーナーやアポロなどの過去の盟友や妻のエイドリアンまでも封印して、あくまでこの年齢になっても戦うロッキーの勇姿を全面に押し出している。相当無理のある設定ではあるが、引き締まったスタローンの肉体と見事な演出によりラストは画面に釘付けになるだろう。派手なVFXシーンでもストーリーでもなくロッキーというキャラクターに目が離せなくなる、こういう感覚は最近の映画では珍しい。意外なほどに良作に仕上がっている。是非映画史上に残るキャラクターであるロッキーの最後の勇姿を見てもらいたい。そしてそれはスタローン自身そのものである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ロッキー最終作。
 引退して長い月日が経ちロッキーは50歳になっていた。愛妻エイドリアンはガンで亡くなり、大人になった息子ロバートは偉大な父の影で苦しんでいた。そんな中、ロッキーは自分の中にまだある炎を感じ現役復帰。現チャンピオンとのエキシビションマッチに挑む。

 原題は「Rocky Balboa」。そう、ロッキー最終作はまさにロッキーそのものなのだ! 自分を信じ困難な壁に立ち向かっていく。これぞロッキーの原点。
 中盤でロッキーが息子に挑戦することの大事さを語りかけるシーンはシリーズ屈指の名シーン。これだけで泣ける。
 最後の試合シーンは本当の試合会場で撮っている。本当にパンチを受けるスタローンに観客達は本気のロッキーコールを送っている。
 エンディングロールでは色んな一般の人達がフィラデルフィア美術館前の階段をロッキーを真似て駆け上がる映像が流れる。ロッキーがフィラデルフィアという町にどれだけ貢献し、どれだけ愛されているかが分かる。

 最後にして原点。そして最後にして最高。
 これを見ないのは人生の損だ。 
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す