中古品:
¥ 520
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆商品状態◆ディスクはクリーニングおよび、動作確認済。盤面に目立った傷はありません。リーフレットはありません。プラケースは中古商品の割に、スレ傷も少なく綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ロスト・ハイウェイ [DVD]

5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,339より 中古品の出品:17¥ 170より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でロスト・ハイウェイ デイヴィッド・リンチ リストア版 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビル・プルマン, パトリシア・アークェット, バルサザール・ゲティ, ロバート・ロッジア, ゲイリー・ビュシー
  • 監督: デイヴィッド・リンチ
  • 形式: Color, Letterboxed
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2002/02/22
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005V2MG
  • EAN: 4988102721510
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 56,943位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

リンチは『ロスト・ハイウェイ』で「ツイン・ピークス」的テイストをダメ押しし、「X-ファイル」的状況へのほくそ笑みを娯楽性たっぷりに映像化したと言っていい。

『ツイスター』『ダンテス・ピーク』等、96~97年のハリウッドのトレンドは自然パニック映画だったが、その流れで言えば、リンチが差し出したのは、 “脳内パニック”の会心作とも言える。自作について語ることを無意味と考えるリンチ自身がこの作品に寄せたシノプシス(!)は“サイコジェニック・フーガ”という単語がわずか2個のシンプルさである。
サイコジェニック・フーガ(Psychojenick Fuga)、心因性記憶喪失。
“サイコジェニック・フーガ”という[骨]に、リンチは、サイコ・ホラー/フィルム・ノワール(謎の女)/ボーイ・ミーツ・“年上の女”、等のクリシェ(定番)を混ぜ合わせてうっとりするほどのグラマラスな映画を完成させたのである。
"Lynch is back!"デヴィッド・リンチ監督5年ぶりの衝撃作。めくるめく「リンチ・ワールド」!!
妻レネエと平凡な生活を送る、サックス奏者のフレッド。ところがある日、ディック・ロランドは死んだ、と誰かがインターフォンで謎のメッセージを告げた。やがて一本のビデオ・テープが届く。そこには、妻をバラバラに切り刻む彼の姿が写っていた……。

〈スタッフ〉
監督: デイヴィッド・リンチ

〈キャスト〉
ビル・プルマン/パトリシア・アークェット/バルサザール・ゲティ/ロバート・ロッジア/ゲイリー・ビュシー

Amazonレビュー

   ある日「ディック・ロラントは死んだ」という謎のメッセージを受け取ったサックス奏者のフレッド(ビル・プルマン)は、その後も不気味なビデオテープに悩まされる。しかもその中には、妻レネエ(パトリシア・アークエット)が惨殺されている映像が映されていた。ショックで意識を失った彼が目覚めたとき、妻殺しの犯人として死刑を宣告されてしまう…。
   幻惑的映像の異端派デヴィッド・リンチ監督が、サイコジェニック・フーガ(心因性記憶喪失)をモチーフにしながら迷宮的心理恐怖世界を描いたサスペンス。1人2役のP・アークエット、2人1役のB・プルマンとバルサザール・ケティが巧みに絡み合い、あたかも辻褄合わせも拒否したかのようなスピーディな展開に、観る側はとにかく錯乱。その錯乱に身を委ねられるかどうかが、本作を評価する大きなポイントとなるだろう。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ノンビリ、ジワジワと何故か今頃になって手が伸びる回数が増えた作品。マルホランド ドライブ観た人は同じ様な人いるかも。作品はアノ事件にインスパイアされて・・・あーで・・こーでって言う作品なんだけど、リンチ作品はよく難解だとか言われてるけどこの人「難」だけで実は「解」が無いんじゃないかと。インタビュー読んでもなんかチョット・・・難解映画観せて世間の映画好きがなんて言うかを楽しんでる節有り。本当は造形やキャラにしか興味無いのに後で理論武装してあーだ、こーだ言って「俺は監督の意図を読んだぜっ」って言ってるヤツを笑ってる節も有り。結構なタヌキオヤジです。
で、そんなタヌキオヤジがステキ!ポンポコ叩きまくって下さい。私し、何度でも喜んでだまされます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
初期の傑作は「イレイザーヘッド デイヴィッド・リンチ リストア版 [Blu-ray]」です。これが理解できない方は、充実した中期作品から観ると良いと思います。アート&変態気質丸出しな「...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
思えば、リンチ作品を見続けて長い。「エレファント・マン」で弱者からの主観というものを描き、"うぁー嫌な映画みた"なんて思ってたが、次の作品「DUNE砂の惑星」を見てリンチ監督のことが大好きになりました。続く「ブルー・ベルベット」。これは砂の惑星のような世界を内包した現実での異世界を描写してまたまた大好きになりました。でも、ずーっとこの人はマニア向けかなぁなんて思ってたら「ツイン・ピークス」で大ヒット。
「ロスト・ハイウェイ」が出るまでしばらく作品がなかったのですが、腕は鈍るどころかどえらく洗練されて帰ってきた。自分なりにずーっと意味をあらゆる角度から考えて見たけど、ネットでは最近、今作の意味を説明してるサイトがあって「あーそういう意味だったのかー自分で考えてたよりスゴイ。」と感じました。好き嫌いは賛否の分かれる映画だと思いますが、自分は大・大・大好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
確か1997年の映画.当時,インタビューでデヴィッドリンチが5年後に本当の意味がわかるというようなことをいっていてそれを踏まえた上でこの難解な映画を観つづけた. その5年後の2002年確かにデヴィッドリンチはO.Jシンプソンの事件がヒントになっていると種明かしをした. 多分,この映画で作りたかったことはマルホランドドライブで完成したのだと思う. ある意味,リンチの過渡期の映画なのだと思う.
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
難解さ、不気味さでは、後年の『マルホランド・ドライブ』を凌駕
しているような気がします。
(『ワイルド・アット・ハート』のほうが、まだ
世間に受け入れられそうですけど)
一見、何の関係もない、二つのまったく別の物語を、
リンチお得意の、いつもの、「わけのわからない」つなぎ方と、
白塗りの狂言回し役で、強引に一つにつないだ、解釈によっては、
「変身」「輪廻転生」「運命」??何とも言いようのない、物語。
よく言えば、カフカ的、哲学的宇宙、と言えますが、一方、やっぱり
わけのわからん映画は、わけがわからん、とも言えます。
ま、リンチの世界が好きな方は好き、ということで。
個人的には、前半の、ビル・プルマンが妻を手にかけるまでの
不気味な緊張感、ミステリー感が、たいそう気に入っております。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック