この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ロスト・コマンド 名誉と栄光のためでなく [DVD]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 501より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンソニー・クイン, アラン・ドロン, ジョージ・シーガル, ミシェル・モルガン, モーリス・ロネ
  • 監督: マーク・ロブソン
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2010/07/28
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003NVV7YG
  • EAN: 4547462070005
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 99,916位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

アンソニー・クイン×アラン・ドロン競演
戦争の残忍さと無意味さを鋭くえぐる衝撃作


【ストーリー】
1954年、インドシナにおける仏軍とベトナム軍との戦いは終りを告げ,ラスペギー中佐はフランスへと帰還した。
ところが彼はすぐさま新たな任務に就くことになる。
任地はアルジェリアの激戦地、所属は第10パラシュート連隊。
ラスペギーはかつての部下たちを集め、危険な戦地に乗り込む。
激しい攻防が続く中、激情的なラスペギーは戦争に懐疑心を抱くエスクラビエ大尉と捕虜の扱いをめぐって対立を繰り返し…。

【映像特典】
■オリジナル劇場予告編集

【Copyright】(C)1966, RENEWED 1994 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

人間性を失わせてひたすら戦闘を繰り返す“戦争”の残忍さと無意味さを深く描いた作品。出演は「道」のアンソニー・クイン、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンほか。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ロードショー当初、当時人気のアラン・ドロン主演の映画として宣伝されていたが、アンソニー・クインが主役であることは間違いがない。
淀川長治氏は、「名誉と栄光のためでなく」という題名がふさわしくないと言っていたがその通り内容と全く合わないようだ。
さて、これは話題の映画だった。
何故かと言えば当時はベトナム戦争中でありその中に、1954年の仏領インドシナ(仏印)においての仏軍とベトナム独立同盟(ベトミン)軍・(ベトナム民主共和国(DRV)軍)との戦いが冒頭の舞台になっているからである。
これは、全く当時のベトナム戦争を思わせるものでテレビ放映ではカットされた。
但し、後にNHKが字幕放送ノーカットで放映した。
尚、本DVDのカットシーンは少なく全体として妥当であると思われる。
カットシーンは、アルジェリアゲリラのフランス将校虐殺シーン。又逆にアルジェリアの村民への報復虐殺シーン。クラウディア・カルディナーレ扮するゲリラの美女(アイシャ役)の拷問シーン程度である。全体として1分以内と思われる。

この映画では、二次大戦の戦勝国であったフランスは、国連の常任理事国になり世界的な実権を握ったが、「実際戦場になったために荒廃して非常に貧しかった」という背景を思い起こさせる。
主人公アンソニー・ク
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は高校生の時見た懐かしい。ちょうどベトナム戦争が激化してようやく反戦運動が始まったばかり。アラン・ドロンは際立った美形とは裏腹に複雑な家庭に育ち10代で外人部隊に志願してベトナムで戦っている。結果この映画に描かれているディンビェンフー大敗北でフランスは旧植民地ベトナムから全面撤退する。そのあと来たのがアメリカである。フランスは植民地・アルジェリアでも独立戦争に直面したが激戦ののち敗北する。映画「アルジェの戦い」ではフランス軍が残虐な拷問を行ったことが暴露されている。この映画はふたつの戦争を舞台にしている。DVDで見直すとジョージ・シーガルが出ている。彼はユダヤ系だがここではアルジェリア人を演じている。ミシェル・モルガンも出て殺伐な映画に色を添えている。戦争に拷問はつきものだ。いくらジュネーブ条約で禁止されていても建前だけでアメリカがイラクで行った拷問は記憶に新しい。私が革マル派に所属していたときはもし中核派に捕まり拷問を受けたら何でもしゃべってよい、と指示された。殺されるよりはましだからだ。私らは幹部でないからどうせ大したことは知らないから。社青同解放派にリンチされた東大の同志は殴られたが死んだふりをしたという。
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック