¥5,300
ポイント: 53pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月13日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 12日の水曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線... がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
¥5,300
53pt   (1%)

& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: Sidekick trading
¥6,050
+ 配送料無料
発売元: パソコンSHOPアーク
¥6,050
61pt   (1%)

+ 配送料無料
発売元: Gadget Market ガジェットマーケット
この商品をお持ちですか?

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証

5つ星のうち4.5 2,842個の評価

参考価格: ¥6,050
価格: ¥5,300
OFF: ¥750 (12%)
ポイント: 53pt  (1%)  詳細はこちら
オフホワイト(2年保証)
単品

購入を強化する

接続方式 Bluetooth, USB
オフホワイト(2年保証)
ムーブメント検出技術 False
ブランド Logicool(ロジクール)
手の向き 右利き

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 10年振りのアップデートとなるトラックボールマウス最新モデル
  • 新たに傾斜角度が付いたスクロールホイールで指をより自然で快適な位置にホールド/幅広い手の大きさにフィット
  • 更になめらかで精確になったボールコントロール/2000DPIの精度でトラッキング
  • 接続はロジクール独自のUnifyingUSB・Bluetoothに対応/最大10mの接続範囲
  • (USBポート):Windows 7以降、macOS 10.13以降 (Bluetooth):Windows 8以降、macOS 10.13 以降、iPad OS 13.4以降に対応
  • 操作距離:約10m
もっと見る

よく一緒に購入されている商品

  • ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
  • +
  • ロジクール (Logicool) M575OW ワイヤレスマウス トラックボール専用保護収納ケース-Aenllosi (グレー)
  • +
  • Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務
総額: ¥9,099
ポイントの合計: 53pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

類似商品と比較する


ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575OW Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 オフホワイト 国内正規品 2年間無償保証
エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK
Kensington Pro Fit Ergo Vertical ワイヤレストラックボール ホワイトK75264JP
ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M570t Unifying 5ボタン トラックボールマウス 電池寿命最大18ケ月 国内正規品 3年間無償保証
Digio2 トラックボールマウス 小型 Bluetooth 5ボタン ブラック Z8372
カスタマー評価 5つ星のうち4.5 (2842) 5つ星のうち3.9 (3182) 5つ星のうち4.0 (130) 5つ星のうち4.3 (2381) 5つ星のうち3.9 (397)
価格 ¥5,300 ¥3,478 ¥8,487 ¥6,980 ¥5,612
販売者 Amazon.co.jp むさしのメディアセンタ Amazon.co.jp 馬場ストア Amazon.co.jp
カラー オフホワイト(2年保証) ブラック ホワイト シルバー&ブルー ブラック
商品本体サイズ 10 x 13.4 x 4.8 cm 12.45 x 9.47 x 4.78 cm 13.65 x 8.55 x 6.67 cm 9.5 x 4.5 x 14.5 cm 情報が提供されていません

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

カラー:オフホワイト(2年保証)  |  パターン(種類):単品

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

カラー:オフホワイト(2年保証)  |  パターン(種類):単品

10年振りのアップデートとなるトラックボールマウスの最新モデルが登場!グリップ力が大幅にアップしたこのマウスはロングセラーモデル、M570t/SW-M570の象徴的なシェイプはそのままに、新たに傾斜角度が付いたスクロールホイールで指をより自然で快適な位置にホールド。幅広い手の大きさに自然にフィットします。 ボールコントロールは更になめらかで精確になり、2000DPIの精度でトラッキング。ミス操作のない、思い通りのマウスコントロールが可能です。接続はロジクール独自のUnifyingUSBとBluetoothに対応。アドバンス2.4GHzテクノロジーで最大10mの接続範囲と、混雑したワイヤレス環境でも途切れにくい安定接続を実現しています。 Logicool Options(無料ソフトウェア)に対応し、ボタン操作をお好みにカスタマイズすることも可能。本体には再生可能なプラスチックを利用し、環境にも配慮しています。UnifyingUSB利用時は最大24ケ月、Bluetooth接続時は最大20ケ月の長電池寿命も魅力のマウス。 オフィスでの利用はもちろん、在宅勤務にも最適なマウスです。 USBポート:Windows 7以降、macOS 10.13以降 Bluetooth:Windows 8以降、macOS 10.13 以降、iPad OS 13.4以降 ※M575のご使用にあたってはLogicool Optionsを最新バージョンにアップデートしてください。 ※Windows8は、M575に対応したLogicool Optionsのサポート対象外となりますのでご了承ください。


メーカーより

M570GR M570GR M570GR
M575GR M570t MXTB1s
対応OS Windows、Mac、iPad Windows、Mac Windows、Mac、iPad
マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm 100 x 134 x 48 95 x 145 x 45 61.7 x 112.8 x 38.4
センサー方式 オプティカル レーザー アドバンスオプティカル
電池寿命(使用環境・状況によって異なります) 24ヶ月(単三形乾電池 x 1) 18ヶ月(単三形乾電池 x 1) 4ヶ月(内蔵充電式リチウムポリマー電池)
マウス重量(g) *電池含む 145 142 164
総ボタン数 (チルト機能含む) 5 5 8
チルト機能
その他の機能・特徴 傾斜角度が付いたスクロールホイールで指を自然な位置にホールド 2000DPIの精度でトラッキング 「戻る/進む」ボタン装備 傾斜角度を調節可能(0°or20°) 急速充電(1分で約8時間)使用可能 Easy Swichボタン・Flow対応
接続方法 無線アドバンス2.4GHz Unifying-USB、Bluetooth 無線アドバンス2.4GHz Unifying-USB 無線アドバンス2.4GHz Unifying-USB、Bluetooth

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
2,842 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2020年11月17日に日本でレビュー済み
カラー: ブラック(1年保証)パターン(種類): 単品Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 クセが無くて使いやすいけど…
ユーザー名: Beltoise、日付: 2020年11月17日
私のトラックボール使用歴はロジクールのトラックマンホイールの有線モデルからスタートしました。
それから、M570を経て、現在はエレコムのEX-G、ナカバヤシのDigio2、MX ERGOをそれぞれ用途別に
使用しています。そんな中、M570の後継機がリリースされるというので原点回帰の意味でテストしました。
サイズ比較は画像の通り。一番左が本製品です。

パッケージは今までのブリスター包装をやめてコストダウンを図ったシンプルなもの。
本体のサイズギリギリです。付属物はクイックスタートガイド、Unifyingレシーバー、
テスト用電池。レシーバーと電池は本体に収納済み。レシーバーはモデルチェンジしていました。
前のモデルより滑りやすく、本体から抜くのはちょっと手間取ります。

本体に手を置いてみると思ったよりも滑ります。M570の時はこんなに滑らなかったような…。
手の平が当たる部分には緩やかに波打っていてそれを滑り止め代わりにしたのでしょうが、
正直言って全く効果なしですね。平面に置いて使用する分には効果があるかもしれませんが、
置き場所に少しでも傾斜があるとスーッと手が滑ってしまいます。
また、底面の滑り止めラバーも面積が小さい為効果が薄いです。

ボタンの配置は同社のMX ERGOに近いですが、左右のボタンの面積が広く、少し手の小さい私には
右ボタンが若干遠く感じました。このあたりの感覚はコンパクトな形状で軽く掴むような持ち方をする
EX-GシリーズやDigio2をメインに使用している事ゆえの違和感だと思います。

電池の絶縁シートを抜いてまずはBluetoothで接続。Windows10では一般的なBluetoothデバイスの
接続手順ですぐに繋がります。一方、Unifyingレシーバーを付けて認識させる時はもっと早く
使えるようになりますが、こちらはタスクバーに専用ソフトウェアの「Logicool Options」を
インストールして下さいと表示されます。

ちょっと鬱陶しいのでUSBポートに余裕が無いノートPCならばBluetooth接続の方が良いかもしれません。
本製品はなまじシンプルなだけに、インストールしても他に拡張する機器が無ければ多分使わないです。

ちなみに、このBluetoothとUnifyingレシーバーの2系統入力、マニュアルには記載されていませんが
一方をBluetooth、もう一方をUnifyingで接続すると、本製品一台で二台のPCを操作できます。
Bluetooth接続時は青、Unifying接続時は白のランプで区別されています。
MX ERGOのように切り換えを前提にしたボタン配置ではないのでちょっと面倒ですが。

何も調整していない状態でのカーソルの応答性は素直な感じ。個人的な感想ですがBluetoothよりも
Unifyingレシーバー経由の方が応答性が良かった気がします。

ただ、EX-GやDigio2と比べると緩慢な印象です。加えてカーソルの速度を切り換えられる機能が無いので
一度に動かせる量が小さく、高解像度のモニターを使用している方にはストレスを感じるかもしれません。
今回テストしたモニターは全て1920×1080だったのでそれほど感じませんでした。

結論としては使いやすくはあるけどこれもベストとはいかずベター止まりでした
理想を追い求めると、本製品の応答性、MX ERGOの質感、EX-Gのホールド性とカーソルの移動速度、
Digio2の静粛さを兼ね備えたトラックボールですかね?

ネット通販のレビューでこのような事を書くのはおかしいかもしれませんが、直接手を触れる機器だけに
購入前に一度は実物を触って手に馴染む物を見つけてほしいと思います。

ご自分の手に合ったトラックボールを見つけられるのか、その一助になれば幸いです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
280人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2020年11月9日に日本でレビュー済み
カラー: グラファイト(2年保証)パターン(種類): 単品Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 M570 ユーザなら違和感なく使えます
ユーザー名: tako、日付: 2020年11月9日
M570、M570t のユーザで、もう3代使い続けています(予備確保済)。久しぶりのロジクールトラックボール新製品ですので期待しながらの感想です。

変わったところ:
・パッケージが全て紙製
 M570 は厚紙とブリスター状の樹脂によるパッケージでしたが、本品は全て紙製で分別の手間が省けます。
・Unifying と Bluetooth の両対応
 デスクトップでは Unifying、USB を塞ぎたくないノート PC では Bluetooth と使い分けができ、便利です。
・少し重くなった
 持った感じ明らかに重く感じたので実測したところ、M570:137g、M575:155g でした。レシーバ、電池込みです。基本動かさないので大きな問題はありません。
・ユーティリティが異なる
 カスタマイズが必要な場合、M570 で使用していた SetPoint は本品に未対応、Logicool Options を使う必要があります。 逆の組み合わせも未対応なので両方を使う可能性があると片方をアンインストールできません。統一して欲しいところです(当方では使用頻度から進む戻るボタンを入れ換えています)。
・解像度が高い
 とは言え、初期値ではカーソルが遅いと感じるため速度を速くすると恩恵は感じにくいかもしれません。

変わらないところ:
・ホイールはチルトしない
 M570 で改善して欲しいところだったのですが、変更ありませんでした。
・ボールのサイズ
 ボールのデザインは変わっていますが互換性はあります。お互い入れ換えて操作可能でした。
・操作感
 手を載せてボールを転がしボタンをクリックする感覚は全く違和感がありません。強いてあげると M570 で稀に感じた、ボールが浮いてカーソルが飛ぶような挙動は(今のところ)ありません。

タイトルの通り M570 のユーザなら何の問題も無く移行できるでしょう。ユーティリティの互換性やチルト未対応が残念な点ですが、Bluetooth に対応したことで減点無しです。耐久性など、今後使って行く中で解ったことがあれば追記します。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
158人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月10日に日本でレビュー済み
カラー: グラファイト(2年保証)パターン(種類): 単品Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
130人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2020年11月9日に日本でレビュー済み
カラー: ブラック(1年保証)パターン(種類): 単品Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
81人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月30日に日本でレビュー済み
カラー: オフホワイト(2年保証)パターン(種類): 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 "増加"…M570ユーザーは買うべきでは無い駄作(主にソフトウェア方面で)
ユーザー名: DukeDog、日付: 2020年12月30日
M570を3台使ってきたヘビーユーザーで、10年ぶりの後継機登場という事で喜び勇んで購入したんですが…

基本的な性能はほぼ変わらず、見た目とテクスチャを変えてきた感じで、車のマイナーチェンジみたいな趣です。
機能はM570でほぼ完成の域に達していましたので、ユーザー的には耐久性やホコリが溜まる仕様のトラックボール支持球部分の改良を望んでいたんですけど高望みでしたね。

気を取り直して早速試用してみようとしたら、今迄ロジクール製品で使われてきたSetPointでなく、Logicool Optionsというド直球ネーミングなソフトを使うとの事。仕方ないのでインストールしてみてびっくりです。

…設定項目が少な過ぎ!!!!!

設定できるのは「進む」「戻る」「ホイール」ボタンの割当と、ポインタの速度のみ。
大画面モニターを使用しているユーザーにとって致命的なのは“ポインタの加速”設定が無い事。新しい設定アプリを使わせるならせめて旧バージョンよりも細かい設定が出来たり、UIが洗練されていたりして欲しいところですが、ここで何をトチ狂ったのかWindowsのマウス設定で出来るよりも簡単な設定しか出来なくなってしまいました。それになんなんですか

増加

ってボタンは。
押すとBluetooth設定が出てくるので、"More"って単語で日本語意訳したとしたら“詳細設定”辺りになるかと思いますが、Logicoolにはこれを変に思う日本人スタッフが一人もいないんでしょうか?

トラックボールのユーザーは僕を含めて操作感に拘る変態が多いので、Logicool Optionsが現状のままでは本来の性能を楽しむ以前の問題な為、ゴミクズにしかならないと思います。

M570ユーザーは買うべきでは無い商品です。お勧めできません。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告