シェアする

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品

5つ星のうち4.6 2,495個の評価

在庫状況について
本体

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 【パーフェクト・ストロークキー】指先の形状にあった球状にくぼんだキー。キーのどこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確
  • 【快適さと安定性】安定性、精確性を考慮して設計。メタルプレートによって覆われた本体は非常に丈夫な構造。デスク上でも滑りにくい
  • 【スマートイルミネーション】手が近づいた瞬間に点灯するバックライトキー。変化する照明条件に合わせて自動的に明度を調整し、バッテリー電力を節約
  • 【FLOW機能】最高3台のパソコン・OS間をマウスドラッグのみでデータ移動が可能なロジクール独自のFLOW機能に対応
  • 【Easy-Switchボタン】接続された3台の対応デバイスを簡単に切り替え
  • 【USB-C充電】フル充電後、最大10日間の使用可能。またはバックライトをオフにして最大5ヶ月間の使用が可能
  • 対応OS(: USBポート使用の場合) Windows7以降、macOS 10.11以降、Linux、Android 6以降
表示件数を増やす
リネットジャパンリサイクル 小型家電 宅配リサイクル券

小型家電 宅配リサイクル券 ( パソコン本体 レンジ 炊飯器 プリンター など対象)

小型家電リサイクル法に基づく適正なリサイクルサービスです。

▶詳しくはこちら
本サービスはリネットジャパンリサイクル株式会社が提供する回収サービスです。
対象品目等を必ずご確認ください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

MX KEYSはMXシリーズから登場した薄型の高機能ワイヤレスキーボード。 MXシリーズから登場したこのモデルは、キーのどこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確なパーフェクト・ストロークキーを採用しています。 安定性、精確性を考慮して設計された本体は非常に丈夫な構造。接続はBluetooth、Unifyingに対応しています。 ロジクール独自のFLOW機能、Easy-Switchボタン搭載。手が近づいた瞬間に点灯するバックライトキー付き。
対応環境: インターネット接続環境(ソフトウェア ダウンロード時)Logicool Options(macOS および Windows)[USB レシーバー]Windows 7 以降 macOS 10.11 以降 Linux Android 6 以降[Bluetooth]Windows8 以降 macOS 10.12 以降 Linux iOS 9 以降 Android 6 以降
本体サイズ (横×奥行×高さ)mm :430 x 20.5 x 131
付属品:Unifyingレシーバー、USB-C充電ケーブル(USB-A - USB-C)、取扱説明書、保証規定


メーカーより

KX800 KX1000s (CRAFT)
KX800 (MX KEYS) KX1000s (CRAFT)
クリエイティブ⼊⼒ダイヤル なし あり
キー構造/デザイン パンタグラフ パンタグラフ
サイズ (mm) 430.2×20.5×131.63 430×32×149
重量 (g) 810 960
接続方法 Unifyingレシーバー Bluetooth Unifyingレシーバー Bluetooth
充電方法  充電式 ※USB Type-C  充電式 ※USB Type-C
キーレイアウト 113キー日本語レイアウト 113キー⽇本語レイアウト
キーピッチ (mm) 19 19
キーストローク (mm) 1.8 1.8

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
2,495 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2019年12月14日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
277人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月9日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 ともかく呆れはてる
ユーザー名: Kindleのお客様、日付: 2020年4月9日
1月末購入、3月初めになって充電のためUSBさし込むためキーボードを縦にして・・・唖然。
製造組み立て時にキートップの鉄板がフレームに収まってないで一部、盛り上がってる。機能には影響してないが「初期不良以前の欠陥品」。今までもロジクール製品で2度、初期不良で製品交換になってるが基本的にこのメーカーの「出荷時の製品検査態勢」は信用できない。で、メーカーに連絡するとこのメーカーのサポートはほかのwebサイトでも酷評されてル対応のひどさ。まず、確認の返信がない、慇懃でありながら全く見当外れの応対、何度かすったモンだしてやっと代替えの製品を手にするまで1ヶ月を要した。ともかくその間のサポートとのメールやりとり経緯は省くが「誰が聞いても、誰が経験してもこのメーカーのサポート姿勢と体制」はクズとだけもう愛しておこう。(経験すれば判ります)
これだけ、このメーカーに酷評レビューを書く気にさせたのは後日談あり。
まず肝心の「kX800MXキーボードがメーカーに在庫が無い」から代替えで旧機種の「クラフトキーボード」を送ってきた。(1ケ月を要した)2万数千円もする高級機種だが、送られてきて即日・製品チェック。専用ソフトをインストールして「クラフトキーボードのダイヤル機能」を試したが、これが全くクズ。つまり反応しない。つまりこれも初期不良品。
ついでにKX800で普通に機能してるF1~F12のキーがキートップに刻印されてる機能が全く反応しない。これには
呆れた。届いたその日に機能不全。又メーカーのサポートに連絡してもうんざりするだけ。即、ほっぽり出してヨドバシでFILKOのブルーツースキーボードを購入してきた。Amazonでは購入後1ヶ月以上だから相手にしてくれず、「メーカーサポートへ」と言うばかり。
だから子の製品は捨てた気になってる。このメーカー製品は覚悟してから購入したい。呆れ果てたしだい。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
135人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年9月29日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 K780よりも使い易く
ユーザー名: 自作日々、日付: 2019年9月29日
Logicool K780からの改良点として、Logicool MX Keys KX800ではFnキーとescキーを同時押下することによってハードウェアレベルで、ファンクションキーの特殊動作とF1~F12のどちらを標準動作にするのか切り替えることができるようになりました。

にはEASY SWITCHという機能があり、UnifyingもしくはBluetoothによる無線接続の接続先を3つ登録できて、一度登録すると右上のファンクションキーから一発で切り替えが可能です。
Logicool K780では接続機器の切り替えキーはF1~F3キーと共有キー扱い(Fnキー同時押下で切り替え)となっており、接続機器を変更つもりがF1~F3キーを押下しただけだった、というシーンがありましたが、Logicool MX Keys KX800では接続機器の切り替えキーは専用キーなのでそういった心配はありません。

キーボード重量はLogicool MX Keys KX800が795g、Logicool K780が864gとなっており、10%程度ですが「Logicool MX Keys KX800」の方が軽量です。Logicool K780はスマホ・タブレットスタンドも兼ねていたので重しが内蔵されていましたが、「Logicool MX Keys KX800」はシンプルなキーボードなので、600g台くらいまで軽くして欲しかったところ。

これまで使用してきたLogicool K780と比較してエンターキーの幅が狭くなったこと(あと独自機能のタブレットスタンド)を除けば、ファンクションキー標準動作のハードウェアロック、デバイス切り替え専用キーの搭載など改良点も多く、シンプルに上位互換なキーボードだと感じました。エンターキーの幅くらいしか特にネガティブに感じたポイントはなかったのでかなりオススメのキーボードだと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
140人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年1月24日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
87人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年1月21日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月25日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
71人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年10月4日に日本でレビュー済み
スタイル: 本体Amazonで購入
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する