Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,901

¥ 475の割引 (20%)

ポイント : 190pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[照屋 華子, 岡田 恵子]のロジカル・シンキング Best solution
Kindle App Ad

ロジカル・シンキング Best solution Kindle版

5つ星のうち 3.8 133件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,901
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,156 ¥ 599

商品の説明

商品説明

   数年前から、日本人の「コミュニケーション能力」の低下が精神科医の世界で指摘されているが、ここにきてビジネス社会のなかでも、個人のコミュニケーション能力不足がささやかれるようになってきた。私たちの社会が個々人のコミュニケーションによって成り立っている以上、仕事でも家庭でもコミュニケーションがうまくいかなければ、物事は何も進展しないし、問題も解決しない。

   では、コミュニケーション能力が低下しているとはどういうことか。1つには、相手が何を言いたいのか、思っているのかを引き出す能力が低下していることである。もう1つは、自分の伝えたいことを相手にうまく伝えられない、ということである。そこに欠けているのが、論理的な思考と論理的表現能力である。

   本書は、コンサルティング会社であるマッキンゼーのエディターとして活動している著者が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べたものである。そのポイントは、話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、話の飛びをなくす技術である「So What?/Why So?」を身につけることである。

   MECEは「ある事柄を重なりなく、しかも漏れのない部分の集合体としてとらえること」を意味している。ちょうど、全体集合を漏れも重なりもない部分集合に分けて考える、集合の概念である。「So What?/Why So?」は、よく話をするときに「したがって」や「よって」「このように」などを使うが、それらの言葉の前後で話に飛びがなく、伝え手の結論と根拠、結論と方法のつながりを、相手にすんなり理解してもらうための技術である。「So What?」は「手持ちのネタ全体、もしくはグルーピングされたもののなかから、課題に照らしたときに言えることのエキスを抽出する作業」であり、「Why So?」は、「So What?」したときの要素の妥当性が、手持ちネタの全体、もしくはグルーピングされた要素によって証明されることを検証する作業」である。

   これらの技術を何事においても習慣づけることによって、論理的思考力や論理的表現力がかなり向上するはずである。実践に即した問題も随所に載っているので、楽しみならロジカル・コミュニケーションを身につけられる。(辻 秀雄)

内容紹介

本書は、論理的な思考と構成のスキルをマスターするためのトレーニングブックです。本書で解説する、体系立った実践的なスキルは、あなたの考えやアイデアを論理的に整理したり構成したりするだけでなく、相手に納得してもらうための強力な武器となります。
 このスキルに使用するツールはとてもシンプル。 話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、 話の飛びをなくす技術である「So What?/Why So?」という2つのツールだけで、あなたの考えやアイデアを論理的に整理することができます。あとは、整理したことを論理的に構成するスキルを身につければ、あなたのビジネス・コミュニケーション能力は飛躍的にアップします。
 ものごとを論理的に考えることが苦手だ、自分の言いたいこと、自分が重要だと考えていることが相手にちっとも伝わらないと悩んでいるなら、ぜひ本書を読んでください。本書で解説するツールとスキルは、トレーニング次第で誰にでも身につけられます。解説+例題を読んでから、果敢に問題に挑戦してください。最初は難しく感じるかもしれませんが、問題をどんどん解いていくうちに、あなたの論理的思考力と論理的表現力がぐっとアップして、相手に「なるほど、わかった!」と、いつでも思わせることができるようになるでしょう。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8150 KB
  • 紙の本の長さ: 227 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2001/5/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00978ZQOG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 133件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,657位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ビジネス自己啓発本は
成功者をはじめとする著者の薀蓄をたれながす内容のものが多いです

本書は、おもにビジネスの場における合理的で説得力のあるメッセージ伝達スタイルを模索するハウツー本です
概要としては、MECE(もれなく、抜けなく、だぶりなく)を横糸、
whysowhatを縦糸として構成されるロジカルストラクチャーをベースとています

方法論の妥当性についての論考等はありませんが、よんでいると役に立つ気がしてきます。
ある種のことわざのようなものです。
けれども「なんだかわからないけど説得力がある」という感覚こそが本書の目指す到達点の一つであり
実際のビジネスの場においてもっとももとめられるメッセージ伝達スタイルなのでしょう。

ただし、本書を読んだところですぐにレベルアップできるわけではありません
おそらく実際の仕事でどう活かせばいいのかわからない、なんて戸惑いを感じるでしょう。
本書では、ロジカルストラクチャーをベースとした説得的メッセージを構成するフレームについては書かれていますが
そのフレームに実りある内容を詰め込むにはどうすればいいか、についてはあまり触れられていません
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ロジカルを語っている割にあの章でもこの章でもMECEの話をしていて話の重複を自ら体現していたり、書籍としての体裁に統一感がない、絵が無駄(シンプルすぎて伝わらないので紙面を割く価値がない)、などなど
例題に解答がないことも併せて考えると、この本自体が教材であって、この本にツッコめるようになれという高度な仕込みなのかと深読みしてしまう。

書いてあることはごもっとも。
他の方も書かれている通り、独習や第一歩には向かないと考えます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
例題的な演習もあり、それをこなすことでロジカルシンキングを身に着けることができるような仕掛けは良いのですが、演習にはヒントはありますが、解答がありません。あっているのかどうか、論理的なのかどうか、はっきりしないのは残念でした。

本の内容ではないですが・・・
中古でこの本を購入しました。
本の表紙には、濡れ布巾で拭けば消える汚れがあった。
また、内容にはいたるところにラインやマーカーの跡があり、
178ページと179ページの間には3cmほどの髪の毛が10数本とゴミが入っていました。
中古でもわりといい値段(半額)で購入したのに残念です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 motofji VINE メンバー 投稿日 2002/5/14
形式: 単行本
 『メッセージとは、(・・中略・・)そして第3に、そのコミュニケーションの後に、相手にどのように反応してもらいたいのか、つまり相手に期待する反応が明らかであることだ。』
というメッセージについての定義は、はっとさせられた。日本企業では、往々にして、「言った。」「話をした。」「伝えた。」「会議した。」で終わることが多いからだ。相手が動いてはじめて、メッセージを伝えたことになるという考え方は、キモに銘じておきたい。
 本書で述べられた方法論(MECEとSo What? Why So?)を身につける事で、プレゼンテーションや論文執筆以外にも普通の会話に役立てることができる。
この方法論に気づかせてくれた点では本書を読んだ価値があるが、実践できるようになるには、読者自身の努力としっかりした指導者が必要だ。
 MECEとSo What? Why So?の考え方はよくわかる。しかし、例題やヒントがわかりにくいので、説得力に欠ける。他のレビューワーも指摘していたが、本書自体が、MECEを実践していないのも残念。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久々に読みました。
考え方は、バーバラミントの「教える技術・考える技術」と基本的に同じ。
どちらもマッキンゼーなので当たり前か。
それにしても他の方が
MECE(もれなく、抜けなく、だぶりなく)とおっしゃられているが
もれなく、だぶりなく、ずれなく)の間違いでは?
「もれなく」と「抜けなく」はすでにMECEのような気がするが。
このようにこの手の本は、1回読んでわかった気になったり誤解して
認識すれば副作用もある。バーバラミントの著書も同じですが
・定義ややり方は複数回読み、ある程度頭に入れる
・さらにそれを意識しつつ実践してみる
このぐらいの努力を要するものかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover