日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ロシュフォールの恋人たち(字幕版)

 (175)
7.72時間6分1967G
軍港の町ロシュフォールにめぐってきたお祭りの季節。旅芸人のエチエンヌとビルのコンビが到着しショウの準備を始めた。美しい双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌも、新しい恋の予感を感じ思わず歌い出す。町に駐屯している水兵マクサンス、彼が訪ねたカフェのマダムで姉妹の母であるイヴォンヌ、彼女のかつての恋人手シモン・ダム、その友達の著名な作曲家アンディ。町中が沸き立つ週末の3日間に、彼等の出会いが交錯しては新たな恋が生まれ、かつての恋が再燃する―。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

体験期間後はAmazonのスターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS- (¥990/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ジョージ・チャキリスジャック・ぺランダニエル・ダリューミシェル・ピコリグローヴァー・デイル
提供
ハピネット
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

175件のグローバルレーティング

  1. 67%のレビュー結果:星5つ
  2. 13%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 6%のレビュー結果:星2つ
  5. 2%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

yasu2021/01/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ロシュフォールの奇跡(星7つ)
確認済みの購入
昔見たときは、ダンスや音楽に度肝を抜かれたのだけれど、今見ると脚本もすごく良いです。
恋人たちってそういう意味やったのね。
最初から最後まで街中で踊ってる恋人たちがいっぱいなので...(笑)

ルグランのスコアはもう最高の一言。
ドヌーブがお家の窓辺でまだ見ぬ恋人に思いを馳せるシーンで、朝の光にキラキラと輝いてます。
美しいです。
祭りのダンスシーンでもステージへりのカメラに向かってドルレアックとカメラを睨みながら進んでくるときに
午後の光とステージの櫓の影を通り抜けるカットがあって、もうここは神ってます。
67年、フランス、美人姉妹、午後の光を捉えきってる...(感涙)

ご存知の通り姉妹役のドルレアックとドヌーブは本当に姉妹でお姉さんが交通事故でこの後すぐに亡くなってしまったのでそのことからもこれは奇跡的な映像となってしまったのです。(バルドーは映画の中で真っ赤なアルファスパイダーで死んだのだけれど)

モンローの’金髪がお好き’に影響を受けたのかもしれないけど、豪華なセットじゃなくて街の広場に櫓を組んで、サーカスみたいな旅芸人、そして今で言うモーターショウのブースが舞台という(それがなんとホンダのモーターバイクのステージという!)最先端。
そこにハリウッドから本物の
ジーンケリーがポンと出てきて、キレッキレのダンスの後、真っ白なMGB(マーク1)に飛び乗ってひとまずパリに帰っていくという(そこで爆笑)スポーツカー好きにも受けまくりの映画です。

だから見終わった後に夢だったのかな?と

うーん話がまとまらない。
とにかく終わったときに家で初めてブラボーと拍子してしまった。
昔から一番好きなミュージカル映画、僕史上5本の指に入る映画。
何もやる気がなくなって少し落ち込んでる人を復活させる奇跡の映画です。
あるじゃないかプライムに!!!コッソリと!今回僕も救われました。
明日からまた人生楽しもう! セラヴィー(笑)
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Ryu kun2019/06/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
老若男女を問わずこの映画に出てくる人物すべてが理想の恋人を探しているが、果たして
確認済みの購入
素晴らしい。なんどでも見たくなる。ロシュホールの町並みはフランスだけにいまも変わらないだろう。そのことでもこの映画に古さを感じることはない。数年前に他界したミシェルルグランのジャズオーケストラ音楽も最高だ。前作「シェルブールの雨傘」とは変わってとても幸せ感を感じられるミュージカル映画。もちろんララランドのオリジンと見ることもできるがendingは対照的。個人的には移動ショーを率いてやってくるあまり持てない二人の若者の爽やかさがいい。年取ったジーンケリーが少し辛いかも。絵描き志望の青年はあのニューシネマパラダイスに出ているー。冒頭で出てくる船を通す橋の構造は今も引き継がれている。今年、Rouenで数年前に作られたという同じ構造の橋を見た。とにかくワンダフル!
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
染太郎2020/10/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
息を飲むカトリーヌ・ドヌーヴの美しさ!
確認済みの購入
カトリーヌ・ドヌーヴの息を飲む美しさ。当時の彼女ほど透明感のある女優が他にいるだろうか!若くして亡くなったフランソワーズ・ドルレアックの強烈な個性も印象的! 美少年ジャック・ペランのプラチナブロンドには乙女心を鷲掴みにされる。 ジーン・ケリーやジョージ・チャキリスなどの豪華すぎる面々が彩りを添えるところも大きな見どころ。斬新で印象的なオープニングシーン、ミシェル・ルグランの流麗な旋律も忘れられない。三つの恋がラストに向かって一気に成就する大団円も甘くて好き!50年以上前に制作された作品とは思えない、お洒落で新鮮で色褪せることのない感動をくれる名作。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
あほんだら2021/08/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
なんだ、こりゃ??(笑)
確認済みの購入
ずい分前からサントラの音楽はここそこで耳にしていたものの、映画自体は知らず、ある番組で取り上げられたのを機会に、アマゾンプライムにある!ということで鑑賞したのですが、冒頭から終わりまでタイトルにあるように、何だこりゃ?って感じで終始しました。
 
 ストーリらしきものはあって無きが如し、単純なボーイミーツガールを、ミシェル・ルグランの素敵でキャッチ―な音楽と格好いいダンスでひたすら最後までつなぐ、それだけの映画です。字幕を見ていると、メロディは素敵ですが、歌詞の中身は他愛のないものだし・・・。

 でも★5つです!!プライムで観れる限り何度か視聴すると思います。ミュージカルは音楽とダンスがすべてで、それが素敵だからでしょう、観終わった後も、映画の中で歌われる曲が耳を離れないし、ダンスが瞼の裏に・・!理屈抜きにただただ楽しい!っていうのも映画ではありですね。はまってしまいましたよ!!

 カトリーヌと夭折したお姉さん、この映画に出演当時20代前半だと思いますが、化粧が濃いのと欧米人の顔立ちのせいで、日本人の目からはそれよりかなり老けて見えますが、それでも、やはり可愛らしく、美脚でスタイルも抜群!

 妹さんとはかなり好対照なタイプですが、ソバカスが素敵な雰囲気を醸し出すお姉さんはいかにもフランス人って感じで、この人が中年になってフランスマダムを演じる姿を見たかったなぁと思います。残念ですね。。。

 カトリーヌ・ドヌーブは凄いですね。天女のような透明感のある美しさで一世を風靡した後、綺麗どころだけの女優では終わらず、演技派として開眼して、今や貫禄ある大女優です。

 アメリカ女優みたいに、顔にボツリヌス菌打ち込んでマネキンのような顔になったり、まぶしい位の不自然に真っ白な歯を見せたりせずに、堂々と年をとっている。この人はハリウッドにはひれ伏さなかった誇り高いフランス人女優です。ホント、恰好いい!!

 フランス映画も、フィルム・ノワールの隆盛を取り戻して、シリアスであれ、このようなミュージカルであれ、いい映画をどんどん作ってほしいと、切に願います。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yaso2019/11/22に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ハリウッド的で無い後のミュージカルを変えた原点
確認済みの購入
ハリウッドのような豪華絢爛で無いミュージカル。ラ・ラ・ランドの原点。色使い、楽曲もよく似てる。ラ・ラ・ランドがアカデミー作品賞取れなかった時は残念だったけど過去作のオマージュや集大成であったって事を知るとちょっと納得。シュルブールの雨傘より陽気で個人的にはこっちの方が好き。アイドルライブの原点みたいな感じもある。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
roll2022/01/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
フランソワーズ・ドルレアックの映像に涙
確認済みの購入
ジャック・ドゥミ監督、1967年の作品。
1964年の「シェルブールの雨傘」と同じくカトリーヌ・ドヌーヴ、音楽にミシェル・ルグランを起用。
キャラバン到着?の旋律はとても有名ですね。
「シェルブール」はわりとしんみりする作品だけど、「ロシュフォール」は目まぐるしくも華やかな作品だと思う。
カトリーヌ・ドヌーヴは実のお姉さん、フランソワーズ・ドルレアックとともに双子の姉妹役で出演。
フランソワーズ・ドルレアックはトリュフォー作品「柔らかい肌」などに主演、将来を期待されていた女優さんだったけど、本作撮影直後に交通事故で帰らぬ人となった。
本作の映像が亡くなる直前の彼女の姿だと思ってみると、なんだか涙がこみあげてくる。
あまりにも美しくて、エレガントで、妖精のような居ずまい。
この頃のような線の細さはなくなったけど、カトリーヌ・ドヌーヴは今やフランスを代表する大女優となった。
生きていたらフランソワーズ・ドルレアックも同じようにきっと名優として活躍し続けたと思う。

この作品、ストーリー的には複数のカップルがすれ違い行き違いしつつも、最後には結ばれる・・ほのぼのした少女漫画のような展開。
それなのに、まさに一見の価値というよりも、なんどもみる価値のある名作だと感心してしまう。
ハリウッドのミュージカルとはまた全然違う世界観にもひきこまれる。
フランス、郊外のまちロシュフォールで行われる催事を舞台に、歌やダンスが繰り広げられ、建物や街並みの明るい白をバックに、登場人物たちの衣装…ピンクやパープル、黄色などのパステルカラーがひらひら舞い、美しい・・!
「雨に唄えば」のジーン・ケリーも登場し、さらに夢のような展開・・!
歌詞や脚本には、さすがフランス、と思わせるようなコトバも多数で、そこがまた面白い。
キッパリとした大人男女のやり取りは少女漫画らしくないんだけど、情緒に欠けるというのでもない。
あくまでも自分に正直なパリジャン・パリジェンヌの姿は逞しく、ほほえましい。
色んな観点から、みどころいっぱいの作品だと思います。
mic_horns2021/05/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
あ、ミュージカル映画だったのね。
確認済みの購入
脈絡もなく出演者が歌いだし踊る、周りの通行人も加わり群舞に。
紛れもなく、アメリカ映画の十八番であるミュージカル映画ですが、フランス語の語感のせいか別物。
音楽もリズムはスウィングやボサノヴァなのに、ミシェル・ルグランの饒舌なメロディにフランス語の歌詞が乗った途端、趣きが別方向に。
ストーリー自体は、割と単純で字幕なしで視聴しても或る程度は理解可能かも知れません。
なんというか、フランス語の魅力とミシェル・ルグランの音楽を楽しむ映画。

蛇足ですが、ジーン・ケリーのダンスが「パリのアメリカ人」のオマージュ的で、見た人にはクスリと出来るかも知れません。
ハリウッド映画のゴージャスなセットには及びませんが。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
milkcreamaji2017/07/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
〝それでも人生は美しい〟と感動しました。
確認済みの購入
港を舞台にした、登場人物に繋がりのあるジャック・ドゥミの映画「ローラ」「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」が好きです。

どの映画も、ちょっと切なく苦しくて、でも〝それでも人生は美しい〟ことを教えてくれます。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示