通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ログ・ホライズン (1) 異世界のはじまり がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ログ・ホライズン (1) 異世界のはじまり 単行本 – 2011/3/11

5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ログ・ホライズン (1) 異世界のはじまり
  • +
  • ログ・ホライズン (2) キャメロットの騎士たち
  • +
  • ログ・ホライズン (3)ゲームの終わり(上)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

廃墟アキバから世界を変える!
老舗オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に 日本人ゲーマー3万人が閉じ込められた!

モンスターとの戦闘、味を失った食料、死ぬことのない境遇。
昨日までプレイしていた「剣と魔法の世界」が今日からの「現実」。
未だ、混乱続くエルダーテイルで、
<腹ぐろ眼鏡>で<引きこもり体質>の主人公・シロエが、
旧友直継、美少女暗殺者アカツキらと、世界を変える冒険を開始!

内容(「BOOK」データベースより)

老舗オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に日本人ゲーマー3万人が閉じ込められた。モンスターとの戦闘、味を失った食料、死ぬことのない境遇。昨日までプレイしていた「剣と魔法の世界」が今日からの「現実」。混乱続くエルダーテイルで、一匹狼を自負していたシロエが、旧友直継、美少女暗殺者アカツキらと、廃墟アキバから世界を変える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 343ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2011/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047271454
  • ISBN-13: 978-4047271456
  • 発売日: 2011/3/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.3 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,794位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前人未到の世界平和を目指した『まおゆう魔王勇者』から一年。
橙乃ままれさんが2ちゃんねるから『小説家になろう!』に移行し、新シリーズが始まりました。
本作はその内容に加筆修正し、書籍化したものです。

本作はオンラインゲームに閉じ込められた三万人のプレイヤーが、異世界で生きていくという内容。
ゲームを舞台にした小説は数多くありますが、その中でも異質なのは『クリア』することが求められていないこと。
『クリア』という目標がない。
帰る方法はまったくわからないが、生きていくことに不自由もない。
そんな状況でどう生活するのか、そういう物語です。

『生きること』がテーマなので
他の作品では味わえない問題が数多く起こり、それが新鮮でおもしろいです。
「攻略サイトが閲覧できない」とか「ゲームでは存在しなかった生活必需品をどうするか」とか。

一巻はゲーム自体の大まかな設定の説明に終始しており、二巻で物語の方向性が定まります。
なのでせっかく読むのなら『キャメロットの騎士たち』まで一気に読むことをオススメします。

『小説家になろう!』で修正前の本編も読めますので気になった方はそちらからでも楽しめます。

...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アニメを観る機会があり、興味深いものだったので原作に手を出してみました。
でもひとまずアニメ第一期に相当する五巻まで読んだ段階で、アニメを見るだけで良かったかも知れないなと感じています。

話は興味深くて面白いんです。ゲームのシステムを保持したまま異世界に大人数がまとめて漂流し、
そうした状況下で起きるであろう社会問題を描き、向き合い解決していくという流れは
NHKがアニメ化(しかも2クール構成で二期)したのも納得といった仕上がり。
でも原作になると評価がかなり微妙になってきます。

原作にもいいところはもちろんあります。アニメはテンポよく話が進む一方で、細かな設定や心理描写が省かれるので
その辺を補填するという意味では原作ほどいいものはありません。
でもその分設定や話の流れの粗が見えてしまうことがあるというデメリットもあり・・・こちらはそのパターンでした。
アニメは読まずとも勝手に話が進むので気付きづらいのですが、正直ご都合主義がかなりあります。

ここからはネタバレになりますが、例えば食事にまつわる問題。
ログ・ホライズンの世界では、どんな見た目の料理もすべて食用ダンボールみたいな味しかせず、
それが異世界に飛ばされた人々の心を荒
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
四巻まで読み終えた感想です。
文章は読みやすく、内容も面白いと思います。
イラストはカッコいいというより愛らしい感じ。
ただ不満はあります。巻が進むうちに主人公以外のサブキャラクターの話が多すぎる事です。
一方この頃…のアレです。三巻、四巻では主人公ちょっとしか出てきません。好きなサブキャラクターの場合いいのでしょうが、そんなに好きでもないキャラクターの話を繰り返し繰り返し読むのは、メインの話が進まないので正直イライラしてきます。姫と大手ギルドの長の話は「途中から主人公変わった?」と思えるぐらいバンバンきます…。全体的に☆4つ、それでマイナス1としました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2011/4/3
形式: 単行本
Web読破済。かなりの加筆と修正が加わっていて、面白さもぐんとアップしているように感じた。同じ内容を読んでいるにも関わらず少しの苦痛がなく、次巻もどのように修正されるのかが今から楽しみ。
ただ、少し気になったのが算用数字と漢数字の表記揺れでした。Web版では感じなかった事なので、これが縦書きと横書きの差なのか、それとも直しきれていないだけなのか……。どちらにしろフォントの関係か算用数字が見にくく感じるので、できれば漢数字にして欲しいなぁ、と思ったり。
でもまあ、まずは早く次巻が読みたいって事で。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
1巻は納得し難い部分が多く、正直、読むのを途中で止めようと思った。しかしながら、2巻の展開には深く感動させられた。そしてログホライズンの世界に嵌ってしまった。

『ログホライズン』と同様、MMORPGをテーマにした作品『ソードアート・オンライン』を先に読んでいたこともあって、『ソードアート・オンライン』で描かれていたプレイヤー達の焦りや、恐怖、悲しみといった要素があまり見られず、この作品は(用語として適当ではないかも知れないが)リアリティに欠けているなというのが最初の印象だった。

だが、惰性で読んだ2巻にやられてしまった。ネタバレとなるので詳しく書けないが、ゲーム世界をゲーム世界として認識していたプレイヤー達の中にあって、ただ一人、これは別の世界であって、自身も含めたプレイヤー達は異邦人であるという認識を得た主人公が提示する世界観と生きる為の指標、そしてそれを実現させる為にとった手法には作品の中で他の登場人物であるプレイヤー達が驚愕と感動を表していたが、読み手である私も同様の思いを抱いた。

物語はまだ継続中で全容が明らかとなっていない為、シリーズを通しての評価は出来ないが、間違いなく2巻から4巻までは傑作だと思う。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック