¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/14

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 840 ¥ 100
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略
  • +
  • ネット・プロモーター経営  〈顧客ロイヤルティ指標 NPS〉 で「利益ある成長」を実現する
  • +
  • 売上につながる「顧客ロイヤルティ戦略」入門
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 152pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ソーシャルメディア活用の目的は顧客ロイヤルティの向上である----。

ロイヤルカスタマーを多く抱える企業の強さの秘密とは?
そして、ソーシャルメディア活用のビジネスインパクトとは?

ソーシャルメディア先進国アメリカの動向に対する深い洞察をもとに、
ロイヤルティリーダーが実践するソーシャルメディア活用術を分かりやすく解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

アップル、スターバックス、シマンテック、ザッポス、IKEA…ロイヤルカスタマーを多く抱える企業は、なぜ、最強なのか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ファーストプレス (2011/3/14)
  • ISBN-10: 4904336534
  • ISBN-13: 978-4904336533
  • 発売日: 2011/3/14
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 408,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ソーシャルメディアを使ったビジネスを理解したいという人にはお勧め。しかし、セミナ配布資料ならともかく・・

・グランズウェルのパクりっぽい・・事例まで一緒だし。
・セグメンテーションの議論をしても、セグメントの具体像が見えない(人のセグメント推定、セグメントの大きさ)
・なんかうさんくさい

  『顧客のLTVが10000円、獲得費用が5000円としたとき、
   1つ口コミが2人に伝搬し、そのうちの20%が製品を買うとすれば、
   (10000+5000)×2×0.2=4000円 (←口コミの価値)

   NPS(顧客ロイヤリティ)の高い企業やブランドが好業績をあげている理由が理解できただろうか』

  ・・・・・できねえよ、笑
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
2011年の出版ですが、2013年に購入しました。本書は「NPS(ネット・プロモーター・スコア)を用いてソーシャルマーケティングを読み解き、その実例を紹介」している本です。ひらたく、ソーシャルマーケティングや顧客ロイヤルティについて論じている本ではない点は気をつけてください。
構成は、
・顧客ロイヤルティの概要
・ソーシャルメディアによって従来の購入金額や回数による顧客セグメントだけでは不足→顧客ロイヤルティ指標NPS登場
・ソーシャルメディア活用事例~顧客ロイヤルティの把握と改善
・ソーシャルメディアの効果測定
・企業でソーシャルメディアを活用する場合の理想形
という感じの流れです。
書かれている企業のソーシャルの活用状況や顧客マーケティングの現状は、今でもそう変わっていません。日本でのソーシャルメディアの成熟や進化はまだまだこれからといったところでしょう。ソーシャルマーケティングの概要はコンパクトにまとまっていると思いますし、今でもさほど古びていないと思います。ですが、NPSのところはマスキングして、読んで、かつオチが「NPS」なら測定できる、説明できるでは解決のヒントにもなりません。カラいですが評価を★2にしました。

効果測定や問題点をNPSを用いて解消するという点では、そも
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
1 経営の最新トレンドをカバーしている

最近、米国のビジネス書を読むと、様々なところで、NPS(ネットプロモータースコア)という概念が登場してきます。ネットプロモータースコアは、顧客のロイヤリティを測定し、自社のサービスや商品を改善していくための手法で、コンサルティング会社のべインが開発した手法です。ここ数年のトレンドを見ると、米国企業の経営、マーケティングの世界では、NPSは、完全にディファクトスタンダードになったと言っていいでしょう。

日本には、米国のマーケティングの概念が2−3年遅れで入ってくるので、今後2−3年かけて、ネットプロモータースコアの概念が広がってくると思われます。ネットプロモータースコアについて理解を深めたい方は、本書はぜひお勧めしたい一冊です。

2 ソーシャルメディアマーケティングに関して、理解を深めることができる

また、日本では、ソーシャルメディアが大変盛り上がっていますが、よく議論になるのが、ソーシャルメディアのROIの議論です。ソーシャルメディアやったけど、儲かるんだっけ?という話です。ソーシャルメディアのROIを語る上で、必ず理解しなくてはいけないのは既存顧客のロイヤリティを高めることがビジネスの成功につながるという一般法則です。

米国のマーケ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告