レ・ミゼラブル 少女コゼット 10 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レ・ミゼラブル 少女コゼット 10 [DVD]

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,799より 中古品の出品:2¥ 2,700より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • レ・ミゼラブル 少女コゼット 10 [DVD]
  • +
  • レ・ミゼラブル 少女コゼット 11 [DVD]
  • +
  • レ・ミゼラブル 少女コゼット (8) [DVD]
総額: ¥11,269
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 名塚佳織, 松元環季, 菅原正志, 萩原えみこ, 松山タカシ
  • 監督: 桜井弘明
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2008/02/22
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000Y3JHJ8
  • EAN: 4934569628978
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,169位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』を原作に、ヒロインの少女コゼット(名塚佳織)に焦点を当てたTVアニメーション『世界名作劇場』シリーズのDVD第10弾。第37話「マリウスの誤算」貧困と病気から革命の気運が高まっていくパリの街。ジャン・バルジャン(菅原正志)はコゼットのためにイギリスへ引っ越す決意を固め、コゼットからそれを知らされたマリウス(勝杏里)は祖父(小林哲生)の許へ赴くが……。平民を侮蔑する上流階級の腐った奢りと、孫に対して素直になれない祖父の屈折した想いが、人間の複雑な心理を醸し出す。第38話「コゼットとエポニーヌ」はその名のごとく、ついにコゼットとエポニーヌ(笹本優子)が対峙する。幼い日の関係性から180度変わった二人の運命。このシリーズ、いつしか作り手がコゼットよりもエポニーヌのほうに肩入れしてきている感があるが、それが如実に顕れたシーンともいえよう。そして第39話「1832年6月5日」、第40話「革命の夜」で虐げられてきた人々の怒りが暴動、ABCの会の革命という形で具現化。まさに『レ・ミゼラブル』ならではの民衆スペクタクルが盛り上がりを見せていくが、その結末やいかに?(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ビクトル・ユゴーの名作をモチーフにした「世界名作劇場」シリーズ第24弾の第10巻。市民の期待を背負ったラマルク将軍が姿を見せなくなり、街にはますます重い空気が広がる。ジャンはコゼットを連れてイギリスへ行こうとする。第37話から第40話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 X0 投稿日 2007/12/18
BSフジ・ANIMAX放送のTVアニメーション
『レ・ミゼラブル 少女コゼット』第37〜40話を収録したDVD10巻です。
復活した「世界名作劇場」第24作にあたるのが本作。
人間の心の闇と信念の姿を強烈に描き、その本質を問う人間ドラマです。
(総合7.25/10点)

第37話「マリウスの誤算」★★★★☆7/10点
 今回注目はマリウスの祖父という裕福な貴族の誤った考えの描写です。
 マリウス起死回生の度胸(平民)を侮辱し、人として見ない見下した視点が
 国の腐敗の原因の末端を如実に捉えています。しかも間違いに気づかない様はあまりに滑稽。

第38話「コゼットとエポニーヌ」★★★★★9/10点
 数年を経て対峙し、本音で罵倒する姿は己の矮小さをさらに振りまく哀れな裸の王様。
 親の愛情で変わる間逆の成長ぶりを二人の間に刻み込む強烈な名場面に仕上がっています。
 民あっての国か、民は国に従属すべきか。同時に叫ぶ二つの正義の対極描写も素晴らしい。

第39話「1832年6月5日」★★★☆☆6/10点
 ラマルク将軍の葬列の中、一発の銃弾が市民を激昂させ、ついに暴動が勃発。
 次々と決起集結し、バリケードを築
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック