レ・ミゼラブル 少女コゼット 1 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レ・ミゼラブル 少女コゼット 1 [DVD]

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,175より 中古品の出品:5¥ 14より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • レ・ミゼラブル 少女コゼット 1 [DVD]
  • +
  • レ・ミゼラブル 少女コゼット 2 [DVD]
  • +
  • レ・ミゼラブル 少女コゼット 3 [DVD]
総額: ¥11,115
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 名塚佳織, 松元環季, 菅原正志, 萩原えみこ, 松山タカシ
  • 監督: 桜井弘明
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/05/25
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000N3TZM8
  • EAN: 4934569628886
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,807位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

愛と感動のアニメーション「世界名作劇場」シリーズが10年ぶりに復活!
いつの時代も愛と真実は受け継がれる・・・ 。 毎回封入特典:ライナーノート スタッフ:第1話 脚本:金春智子/絵コンテ・演出:桜井弘明/作画監督:藤原宏樹/美術監督:中村光毅
第2話 脚本:金春智子/絵コンテ:桜井弘明/演出:棚橋一憲/作画監督:山本径子/美術監督:石橋建一
第3話 脚本:丸尾みほ/絵コンテ:四分一節子/演出:棚橋一憲/作画監督:阿部千秋/美術監督:石橋建一
第4話 脚本:平見 瞳/絵コンテ:岡本英樹/演出:赤城博昭/作画監督:加瀬政広/美術監督:中村光毅
原作:ビクトル・ユゴー 「レ・ミゼラブル」(邦題「ああ、無情」)より
監督:桜井弘明/脚本・シリーズ構成:金春智子/キャラクターデザイン:渡辺はじめ、吉松孝博

キャスト:コゼット:名塚佳織/コゼット(子役):松元環季/ジャン・ヴァルジャン:菅原正志/ファンティーヌ:萩原えみこ/
ジャヴェール:松山タカシ/ガヴローシュ:小林由美子/テナルディエ:矢部雅史/おかみ:堀越真己

Amazonレビュー

   ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』を原作に、ヒロインの少女コゼット(名塚佳織)に焦点を当ててTVアニメ化。『家なき子レミ』以来久々に“世界名作劇場”を復活させてお届けするファミリー作品のDVD第1弾。第1話「ファンティーヌとコゼット」第2話「ジャン・ヴァルジャンの秘密」第3話「新しい友だちシュシュ」第4話「お母さんの手紙」の4話収録。ここではまずファンティーヌ(萩原えみこ)と幼いコゼット(松元環季)の母子が悪徳料亭夫婦に騙されて離れ離れで暮らすことになり、その悲しみや労苦が中心に描かれるが、明るい作画とキャラクター・デザイン、そして桜井弘明監督を主軸とした聡明な演出で救われる。原作とは異なるオリジナルの要素やキャラも多いが、そもそもファミリー向け作品として企画されたものだけに、こうしたアレンジも当然であろう。原作の主人公ジャン・ヴァルジャン、別名マドレーヌ市長(菅原正志)とジャヴェール署長(松山タカシ)の因縁のドラマは第2話から同時並行で語られる。舞台『レ・ミゼラブル』でコゼットを演じた斉藤由貴が主題歌を担当というのも嬉しい計らいだ。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

BSフジ・ANIMAX放送のTVアニメーション

『レ・ミゼラブル 少女コゼット』第1〜4話を収録したDVD1巻です。

ついに復活した「世界名作劇場」第24作にあたるのが本作。

楽しく笑える展開・・・は当然ほとんどなく、人間の心の闇と信念の姿を

強烈に描き、その本質を問う真剣な人間ドラマに仕上がっています。

「カレイドスター」の渡辺はじめの描く可愛らしいキャラクターデザインの

見た目とは裏腹に、決して軽い気持ちで観られる作品ではありません。

パリから仕事を探して訪れた街でファンティエーヌとコゼットを襲う

歪んだ劣情、醜く薄汚れた考え、浅ましい自己顕示欲、

人を人とも思わない非情の仕打ちに思わず目を背けたくなります。

その中でも決してくじけず、再会を夢見て真っ直ぐ生きる

二人のたくましい信念と情念を描き出しています。

元罪人にして市長のマドレーヌことジャン・ヴァルジャンの存在も

大きな鍵を握り、ほんのささいな罪でも極悪人扱いされてしまう様や

誰にも情を持って接することのできる深い優し
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 何故これが、BSの夜7時半などという、
人目に触れづらい枠でやっていたのか。

こんなもったいない話は無い。

 確かに、過去の名作劇場のように
「地上波日曜夜7時半」
の枠で放送は出来る内容ではないが、
地上波の夜11時くらいにやっても良かったと思う。

 普通の娯楽作品として考えても、相当に面白い。
(原作が名作なのだから当然だが。)

 最初、絵柄で食わず嫌いしていた。

 世界名作劇場のファンである私は、
「何故、昔の名作劇場タッチの絵で書かないんだ」
と思っていた。
しかし、実際に見てみると、
このライトタッチの可愛い絵でなければ、
陰惨になり過ぎて見るに耐えなかったかもしれない。

 ストーリーも、背景のフランス情勢もそのくらい重い。

 この絵柄が中和してくれていて、暗い気持ちにはならない。

 私は、レ・ミゼラブルの原作を

「パンを盗んだだけで19年も監獄に居たジャン・バルジャンが、
再度脱獄して市長になり、孤児を助ける」

 という部分しか知らなかった。<
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
世界名作劇場が復活して本当にうれしいデス!このシリーズ小さい頃からダイスキだから!(≧∀≦)でもなぜ地上波で放送しないんだぁ〜(泣)それが悲しいです。こういう物語はとっても勉強になるのでたぁくさぁ〜んの人に見てもらいたいデス。特に今の小さい子は贅沢すぎるので…!わがままな子も多いし…。私はもしも将来子供がいたら絶対見せようと思います!!
本当に世界名作劇場が復活したのがとってもうれしいデス!最高!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作はヴィクトル・ユゴーの「レ・ミゼラブル」。原作はあまりにも有名なのであえて詳しい説明は必要ないだろう。

原作はもちろんのこと、他の映像化作品では1958年版(ジャン・ギャバン主演)、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック