ポイント: 18pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月30日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
1 時間 16 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
レンズが撮らえた 19世紀英国 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥300 ): 10月30日 - 11月1日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のわりに比較的使用感の少ないキレイな状態です。(あくまで中古品としてのコンディション評価であり、ほぼ新品ともコンディションは異なりますのでご注意ください。)税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましては追跡がつきません。また税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましてはお届け予定日が日曜祝日の際は休日明けの配達になります。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。20211018

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

レンズが撮らえた 19世紀英国 単行本(ソフトカバー) – 2016/9/1

5つ星のうち4.2 7個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/9/1
¥1,760
¥1,760 ¥1,240

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • レンズが撮らえた 19世紀英国
  • +
  • 写真で見る ヴィクトリア朝ロンドンの都市と生活
  • +
  • レンズが撮らえた19世紀ヨーロッパ―貴重写真に見る激動と創造の時代
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ヴィクトリア朝から20世紀初頭にかけて、繁栄を極めた大英帝国の光と影。鉄道建設に観光ブーム、暮らしやファッションなどの風俗から「シャーロック・ホームズ」に代表される文学の舞台まで…。貴重写真で綴る、変わりゆく都市の面影。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

海野/弘
1939年生まれ。評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 山川出版社 (2016/9/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/9/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 176ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4634151057
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4634151055
  • 寸法 ‏ : ‎ 22 x 15 x 1.4 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
7 件のグローバル評価
星5つ
57%
星4つ
22%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
21%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2019年2月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 大英帝国絶頂期の社会と都市文化を活写した写真が満載
ユーザー名: ゆきお、日付: 2019年2月19日
産業革命を経て都市への人口集中が加速し、新しい文化を築いたヴィクトリア朝英国。本書は1850年代以降に普及した新しいメディア=写真をふんだんに使い、大英帝国絶頂期の社会と都市文化を活写した写真が満載の一冊である。
フランスのダゲレオタイプに対する、イギリスの「タルボット氏によるカメラ研究」の一節も愉しい。

・本書の真髄は第3部「変わりゆく街並みと人々」にある。19世紀中葉にイギリスを”都市化”させた鉄道が近世の光景を一変させたが、その様相をとらえた写真が多数掲載されている。解説文も満足のゆく内容だ。
・海野弘さんの「写された英国」では、英国写真協会、1851年万国博覧会とアルバート王子、カルト・ド・ヴィジト、絵葉書に関して解説され、本書で取り上げる時代光景を把握できる。
・建築中のウェストミンスター寺院とトラファルガー広場の写真を見るのは初めてだ(「王都ロンドン古今ロマン紀行」)。
・「人々を魅了した英国美女」のポートレート集も良い。エレン・テリー16歳の美しさときたら……(p81)。
・南方熊楠、夏目漱石、高村幸太郎だけでなく、コナン・ドイルの肖像を描いた牧野義雄や、詩人の野口米次郎のエピソードも取り上げてほしかった(「日本人の見たロンドン」)。
・個人的には、1910年の日英博覧会会場となったホワイト・シティと、活況を呈するコヴェントガーデンの写真を見られたことに満足。

社会の下層を捉えた写真は、本書ではホワイトチャペルの一枚のみだ(p154)。撮影リソースが貴重で高価な時代、どうしても王侯貴族などの華やかな対象を撮影しがちで、そもそも絶対数が少ないのかも。絵入りロンドン・ニュースやパンチなどを併読しないと、写真だけで時代の全体像を切り取るのは難しいってことか。

できれば同じシリーズ構成で、戦間期ヨーロッパを対象に一冊発行されることを切に願う。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト10レビュアー
2016年9月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りNo1レビュアーベスト10レビュアーVINEメンバー
2016年10月29日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告