レミングス がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レミングス

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,469 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、シュークリームが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジン ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レミングス
  • +
  • エンジン
総額: ¥5,141
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/2/28)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: パームビーチ
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B000M7XSZ0
  • EAN: 4560168320205
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 129,349位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. レミングス
  2. 四季彩彩
  3. 26
  4. トーン・ジギ
  5. √135
  6. みこと
  7. 解読不能
  8. マラカイト
  9. メイ
  10. 雷音
  11. Someday
  12. 片瞑り
  13. 薄夕湖

商品の説明

内容紹介

遂に完成、ジンの1stフルアルバム!
2006年5月にミニアルバム『言錆の樹』でデビュー、8月にリリースしたシングル『雷音』で一躍その名を轟かせ、大型ロックフェス出演など怒涛の快進撃を魅せているジンの待望のファースト・フルアルバム。人気アニメ「BLOOD+」のオープニング曲『雷音』や「コードギアス 反逆のルルーシュ」のオープニング曲『解読不能』を始め定番ライブ曲やまだ見ぬジンの魅力をこれでもか!というぐらい収録した1枚になります。2007年最重要アルバム!ロック界大注目のジン、2007年の大飛躍を確信させてくれる1枚です。

◇『雷音』…MBS・TBS系アニメ「BLOOD+」オープニングテーマ
◇『解読不能』…MBS・TBS系アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」オープニングテーマ
◇『マラカイト』…テレビ朝日系「草野☆キッド」エンディングテーマ

メディア掲載レビューほか

MBS/TBS系アニメ『BLOOD+』2006年7~9月度オープニング・テーマ「雷音」、MBS/TBS系アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』のオープニング・テーマ「解読不能」他を収録した、紅一点のヴォーカル、ひぃたんを中心に結成した4人組バンド、ジンのフル・アルバム。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
濃い。真剣に聴いたあとは疲れるほどに、もう1曲1曲がとにかく濃いジンのファーストフルアルバム「レミングス」。彼らの本能の初期衝動が詰まっている。

自分はこれまでのシングルから感覚を飛ばすロックとしてジンを認識していたし、音は確かにそんな響きを持っている。しかし詞からもメッセージが強く出ているのをこのアルバムを聴いて感じた。この年齢だから書けるのか、大勢が好みそうなわかりやすい詞を多用する歌謡作家には書けんだろう言葉の響きと文体。そこから伝わってくるのは他者への愛情など生活レベルでなく、もっと大きなこの世の原理や自然の摂理や人間の心理。唯一口語調の「みこと」だけは愛をも垣間見れるが、全体で歌われるのはもっと原始的な生物本能、その中で生まれる人間という生物であるがゆえの苦悩だ。それを包み込む大地の鼓動のようなリズムと、優しさと痛みを併せ持ったギターの旋律が感覚を刺激する。ちなみに個人的ハイライトは「トーン・ジギ」。解読不能なモラトリアムの答えが解った気がする。

一般の反応をみると、彼らの歌は受け入れがたいようだ。それも解る話で、他にこのスケールを描くバンドはいないからだ。ジンはまさしく自分達の表現を持っている。彼らの歌う意味を識るアルバム「レミングス」。本能に身を任せ、ただひたすら耳を傾けてほしい。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジンは、シーンの中で明らかに「異質な」バンドである。

独特の動きで、所狭しと位置を変えながらうねるギター。それに引っ張られるように、本来はそれ程異彩を放たないベース・ドラムのリズム隊までもが独特のグルーブを作り出す。そして、その上から引き裂く様に、時には覆うように進む、少年のような女性ボーカルの声。メロディだけならまだ類似したモノを見つける事は出来るかもしれない。が、その上で曖昧に大きな世界を訴えかけるボーカルが乗れば、まさにジンは唯一無二の「異質な」バンドとなる。そしてその「異質」サウンドは、今のロックのムーブメントに慣れきった者達には、時に新鮮に映る。そうでなくても、ポップ音楽に慣れきった耳には大きな衝撃として響くだろう。この「異質」を構成する何れかの因子(特にボーカル)に嫌悪感が湧かないのであれば、ジンは貴方を虜にする存在に成り得る。

にべも無い言い方をしてしまえば、このようなバンドがSonyMusicで、それもアニメタイアップ路線でメジャーシーンに居る事が不思議でならない。だからこそ私はジンに触れることが出来たのだし、そこには感謝している。しかし、その結果が全てに於いて正しかったと言えるかどうか、私は言い切ることができない。ただ、目の前にある一枚「レミングス」には今のジンの全て、そしてこれからのジンの未来が所狭しと詰まっている。「
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
人気アニメのタイアップという、最近のソニーミュージック特有の売り出し方のおかげで、知名度の急上昇したこのバンド。
しかし同時に、明らかにアニメのイメージとかけ離れた楽曲を提供してしまったために、インディーロック門外漢のアンチが大量発生してしまったわけですが、音楽自体はかなり良質。
サウンドはいわゆるギターロックですが、他の有象無象のバンドと一線を画すのはなんといっても、ボーカル。
この変声期の少年のような不安定で荒々しくエモーショナルな女声。これは稀有ではないかと。
文学少女が書いたようなやたら凝った歌詞や、なかなかポップな作曲センスを考えても、地道にインディーズから売っていけばアジカンレベルには達する実力は十分あるでしょう。HIGH AND MIGHTY COLORとは違って。
それだけにあの売り方は残念でならない。

今回のアルバムは、いかにも日本のインディーズロックといった感じだった前作から、メジャーに移籍したことで、演奏面でも作曲面でも成長の跡が見られます。
ちょっとまとまってしまった感じはしますが、まだまだ伸びしろはあるでしょう。
もっとスケールのでかい楽曲が作れるポテンシャルはあるはず。
これからに期待という意味で☆は4つ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アニメタイアップ路線のため、不幸にも毛嫌いされている(らしい)ジンのファーストアルバム。
「四季彩彩」「解読不能」「雷音」の疾走感と力強さ、「片瞑り」「Someday」といったバラードの素晴らしさ。
「アニメとの相性が悪い」と言うだけで不当に評価されているのがいかにも惜しい。
2 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック