通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レバレッジ人脈術 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

レバレッジ人脈術 単行本 – 2007/12/14

5つ星のうち 3.8 81件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,500 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レバレッジ人脈術
  • +
  • レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
  • +
  • レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
総額: ¥3,887
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『レバレッジ・シリーズ』最新作!

最小の労力で、関わった人のすべてが最大の成果を生む「人脈術」



「『レバレッジ・リーディング』で、私は『本を読まないビジネスマンは成功しない』と強調しました。しかし、もっと重要なものが人脈です。人脈のないビジネスマンが成功することは、きわめて難しいでしょう。

人脈に勝るパーソナルキャピタル(自分資産)などありません。つまり、人脈づくりこそ最強の投資なのです。

では、私はどうやって人脈を築いてきたのか。

それが、最小の労力で、関わった人のすべてが最大の成果を生む『レバレッジ人脈術』なのです」(本文より)



著者の考える人脈とは、お互い情報を交換したり、人を紹介したり、刺激し合ったりして、一緒に成長していけるようなマインドの高い仲間のこと。そういう仲間のネットワークの中にいると、その中の仲間が目標を達成していったりします。それは、たとえば会社の上場だったり、本の出版だったり、海外で生活をすることだったり。そんな達成する姿をみることによってより目標を達成することのイメージができるようになるのです。

何かをしてもらおうというのは、とてもパッシブな考え方。人脈をパッシブではなくて、アクティブに考えていくのが、レバレッジ人脈術なのです。頼むのではなく、相手に対して何ができるのかを考えていくということなのです。

仲間内に意識が伝染し、「難しい」と思っていたことが簡単になり、「できない」と思っていたことが可能になる。そういう相乗効果によって、全員が大きく成長できるわけです。



自分の価値観にあった仲間を見つけ、つながりを持ち、ともに高め合うことが、「レバレッジ人脈術」の大きな目的なのです。


本書は、『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ・シンキング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)でシリーズ40万部突破の著者による待望の新作です。

出版社からのコメント

本田直之(ほんだ・なおゆき)

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場へ導く。
現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。
日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役、米国Global Vision Technology社取締役を兼務。
ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで過ごす。
著書に、ベストセラーシリーズとなった『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ・シンキング』(共に東洋経済新報社)、『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)、訳書に『パーソナルブランディング』(東洋経済新報社)がある。
サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)
明治大学商学部産業経営学科卒
(社)日本ソムリエ協会認定アドバイザー
世界遺産アカデミー正会員

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 186ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2007/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478002754
  • ISBN-13: 978-4478002759
  • 発売日: 2007/12/14
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,517位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「人脈作り」を誤解している人が世の中多い。この本はその間違った考え方を打破してくれる。特に、言及されている「コントリビューションの重要性、その方法」は人脈作りの真を突いていると言っても良い。当たり前だが、魅力的でない人、つまり一方的に求めてくる人と、いちいち知り合いになる、ましてビジネスパートナーになるなどということは考えられない。そのためコントリビューションが出来る人、つまり人への配慮が出来る事が、まずは自分を認めされる第一歩になる。その他の点についても色々興味深い点につき言及されているが、まずはコントリビューションが出来ないことには意味無いだろう。(それほどコントリビューションは重要だ)私の知り合いで、この本に書かれていることを、以前から実践している人がいるが、宇宙的な人脈を持ち、圧倒的な仕事ブリでマーケットを確立している。言わずもがな、人は一人の力のみで成功出来ない。但し、この本を読んで、すぐに文字通り実行出来る人はなかなかいないだろう。それほど人脈作りは難しいのである。本書は、その方法を簡易に示した点に大きな価値がある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
【猿のごとく読み、人のごとく考える・その77・68冊目】

・紹介する本

『レバレッジ人脈術』本田直之著

・サノーさん一言コメント
「成功したビジネスマンによる、人脈の定義と構築方法のノウハウ。豊富な知見と経験から、的確な学びを得ることができる」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「貢献こそ、人間関係の土台です。利他の心と思いやりが、コミュニケーションの基礎であることを、再確認できる一冊です」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会
サノーさん(以下サ):去年、本田さんの講演をお聞きした時は、ハワイの良さを教えてくれる内容だったな。
ウノーさん(以下ウ):『有給ハワイ』でしたっけ?いいですよね~
一年の半分をハワイで過ごして、仕事も楽しみ、本も出版する、多くの人が憧れる生活です。
サ:タイトルからは「人脈をビジネスに活用する方法」のような印象を受けるが、そんな内容ではない。人脈とはなにかを明確にし、作者が経験したプロセスと、その効果を教えてくれる一冊だ。
ウ:はい。「貢献が前提」であることは皆が知ることですが、ついつい忘れて、自分の都合や要望を
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
因果応報。情けは人のためならず。
古来より他社への貢献こそが、最も尊貴で正しい道とされてきた。
ふと、そこで考える。

それは一体なぜなのだろうか。
「良心」という判断基準で言えば、疑うべくもないことだが、
人生においても、ビジネスにおいても、もう少し深いヒントがコントリビューション(貢献)にあるような気がしていた。

本書には、そんな漠然とした感覚を持っていた
「コントリビューション(貢献)」や「協力」「仲間」がなぜ「必要」なのか、
いや成功しようとする場合、なぜ「必然」なのか。
その理由が著者の実体験に根ざし、現在進行形で書いてある。
(著者・本田氏がこれまでのすさまじい経歴の中で
 最も重視してきたことが「人脈」だと言う。)

正直言って、おどろいた。
月並みな言い方しかできないが、まさに「目から鱗」であった。

相手にコントリビューションするために学び、情報や力をつける。
実際に会う場合には、徹底的に相手のことを知る。
コントリビューションが機軸にあることによって、
自分の弱さや感情いかんに関わらず、徹底した学びが可能になる。

いわば、自分を仕組
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ビックリするくらい内容が薄いのと、そもそもなんで「レバレッジ」なのか
理解できません。「レバレッジ」と言いたかっただけちゃうんか、といった感じです。
どうしても気になる人は立ち読みしてみることをオススメします。恐らく
それだけで十分に事足ります。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー