通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果を... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』 単行本 – 2009/1/16

5つ星のうち 4.6 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 130

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
  • +
  • レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
  • +
  • レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
総額: ¥4,072
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「4月にスタート! ビジネスパーソンのための学び直し」特集
4月から気持ちも新たにスタートできる「学び」の書籍を特集。ビジネスに役立つ「知識・教養」を身につける、実務に役立つスキルやコミュニケーション力を磨くなど、ビジネスパーソンに役立つ書籍を紹介。 >>特集ページはこちら。

商品の説明

内容紹介

累計70万部突破のレバレッジ・シリーズ初の経営書。

「時間がない」「儲からない」「余裕がない」……
すべての原因と結果はあなたの思考にある!

『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ勉強法』など、自己啓発書で次々とベストセラーを世に送り出している本田直之氏が、初めて自らのビジネスとマネジメントについて論じた「経営者版レバレッジ・シンキング」。
日米のベンチャー企業10数社の経営に携わり、売上の劇的向上、IPOなど数々の実績をあげてきた著者が、試行錯誤の中から作り上げてきた「実践的」経営論。
「時間がない」「儲からない」「余裕がない」と走り続ける前に、「経営者の思考」を根底から問い直そう。レバレッジとは「てこの原理」のことであるが、経営者は「てこの支点=力の入れどころ」を知っておかなければならない。
本書で主張する経営者がレバレッジをかける対象は全部で6つ。それぞれについて、質問形式で68問の解説を施している。ベンチャー企業経営者、各企業や組織のマネジメントに携わる人、そして、その予備軍の方々にとっての必読の一冊である。
おすすめブックリストつき。

内容(「BOOK」データベースより)

「時間がない」「儲からない」「余裕がない」…すべての原因と結果はあなたの思考にある!日米のベンチャー企業の経営者として売上の劇的向上、IPOなど数々の実績をあげてきた著者による「実践的」経営論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2009/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492043276
  • ISBN-13: 978-4492043271
  • 発売日: 2009/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
個人のレバレッジに焦点をあてた書籍をリリースしてきた
本田氏が、その本業をもって世に放った「経営者」へ向けた
力作です。

高邁な理屈や理論、コンサルタント会社のサポートでなくても、
「当たり前のことを、目的に向かって愚直に行う」ことの大切さ、
「体力勝負ではなく、有限の資源を最高に効率よく働かせること」
を念頭に、実行すべきマントラを、丁寧で具体的に説いた、中小企業経営者
へ向けた「ベスト・プラクティス・ガイド」といえます。

ベンチャー、起業間もない企業の経営者はもとより、起業直後
のキャズムを超えて、次の段階へ進もう、第二段ロケットへの点火を
して飛ぼうとしている経営者、スタッフに向けた「五輪の書」です。

まず、本書で勇気付けられること。それは「正しい方向に向かって、
アタマを使って、愚直に進む」ことが、経営の王道なんだな、という
勇気をもらえる、というところ。

逆に、これは大変だな、と思うのは「経営者はここまでたくさんのことを
考えていあらなければいけないのか」と思うところ。さらに、経営者
たるもの、理論家や評論家ではなく、やっぱり、企業を成功させる
現実の重責を
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
従業員数名の事業所の経営者です。

起業する以前もそして経営者になってからも、まるで趣味の様に経営関連の本は読んでいました。古典系のものから本屋さんの新作コーナーにある話題の本的なものまで。読んだときにはなるほど!と思うのですが、なかなか明日が変わるということは無く、教養の一つとして読んでおくといった感じが強かったでのす。

その中でこの本は「頭に残って、明日から変わる」と言う点では他の追随を許しません。

この本では時間の使い方についても書いてありましたが、特に私のような小さな事業所ではまるで社長が一人総務部みたいにあくせくという所も多いのではないかと思いますが、厚くて素晴らしいことが書いてある本もありますけれども、何しろ忙しい毎日の中でそれを記憶に残し、実際の業務改善に落とし込むと言う作業をするほどの時間はありませんよね。

しかし、本書は本書の著者こそがわれわれ読者側の人間の様にたくさんの本を読んでおいでなので、エッセンスを抽出しさらに日常業務改善のチェックリストにまで落とし込んであります。

内容は非常に非常にシンプルなのですが、これこそが本質!とも言える正統派な内容で、世の経営者は必ず読むべき本ではないかと思います。

私もここだけの話、従業員にイライラ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
レバレッジ・マネジメントで重要なのは、「経営者」、「時間」、「営業」、「ブランド」の4つのレバレッジであると展開されている。それぞれの項目で参考になるレバレッジ手法が紹介されているが、その中でとても参考になったのは、「うまくいったノウハウや情報を共有仕組みを作ること」(経営者のレバレッジ)、「あの会社と取引があるから安心だ」と思われる顧客を経営者もしくは幹部クラスががっちり掴む」(営業のレバレッジ)の2点である。

本書のお陰で自分自身を投資せずして儲けるためには、仕組みを作るしかないということを再確認できた。もちろん大会社の中で仕組みを作るのは容易ではないが、チームの中で作れる仕組みもあるはずだ。要は物の考え方次第なので、若者でも意識一つ変えればチーム単位で儲かる仕組みを作ることが可能である。また、有名会社との取引有無が他社との取引成立に関係してくることは目から鱗。今後はこれを踏まえて上司とも接するべきだと考えさせられた。

本田書物名物の有名人語録にも注目。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 VINE メンバー 投稿日 2009/1/28
形式: 単行本 Amazonで購入
本書の中で印象に残った箇所を1点挙げるとするならば、
「20:60:20の法則」の所です。

常に文句を言っている20%の人たちのモチベーションを
あげようとするのではなく、逆に一生懸命に頑張っている
もう一方の20%の人たちが、さらにやる気が出るように
してあげれば、残りの60%の人たちもついてくる、といった
内容でした。

私も同じようにモチベーションの低い人たちに
注目ばかりして、著者と同じような過ちをしていました。
著者のように逆転の発想というか、そういったことに気づかなかったので、
本書を読んで非常に勉強になりました。ありがとう。

ちなみに、星5や星1はほとんど付けない主義なので、星4です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー