通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、小キズがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 単行本 – 2007/6/29

5つ星のうち 4.1 95件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,566
¥ 1,200 ¥ 136

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
  • +
  • レバレッジ・リーディング
  • +
  • レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
総額: ¥3,910
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「4月にスタート! ビジネスパーソンのための学び直し」特集
4月から気持ちも新たにスタートできる「学び」の書籍を特集。ビジネスに役立つ「知識・教養」を身につける、実務に役立つスキルやコミュニケーション力を磨くなど、ビジネスパーソンに役立つ書籍を紹介。 >>特集ページはこちら。

商品の説明

著者について

本田直之(ほんだ・なおゆき)
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役を兼務。ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで過ごす。著書にベストセラーとなった 『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)と『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)、訳書に『パーソナルブランディング』(東洋経済新報社)がある。明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。


登録情報

  • 単行本: 181ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2007/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492042806
  • ISBN-13: 978-4492042809
  • 発売日: 2007/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,250位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 レバレッジ時間術を読んだ後にこの本を読んだのだが、これは著者のレバレッジシリーズの上位概念に当たるものだという。

 今回もっとも残ったポイントは、「自己投資はトレーニングであり、ほとんどのビジネスパーソンはそのトレーニングが足りない」というものである。本文では、自分資産(パーソナルキャピタル)を、(1)労力資産、(2)時間資産、(3)知識資産、(4)人脈資産 の4つの体系に分けて記述されている。しかし、この4つの資産を構築し、レバレッジをかけるというためには、「トレーニング」が必要ということなのだ。
 
 トレーニングの必要性は、「無意識化・習慣化」にあるという。人の行動の95%は無意識に行われており、意識して考えるから悩んだり、続かなくなったりするというとらえ方は新鮮であった。特に非定型業務(知識労働)に携わっていると、ルーチンじゃないんだから仕方がないと自分に言い訳しつつ、試行錯誤をいつも繰り返してしまっていた。時折手順化するものの、そんなに形にはめられない・・ということを考えてきたのだが、逆に「形にはめることの生産性向上」という発想は確かに・・と思わざるを得なかった。

 また、大きなことを習慣化する前に、小さな習慣を徹底することが大事だという。脳科学的にもこれは裏付けられているらしく、小さな習慣を常に徹底してい
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同じ著者の「レバレッジ・リーディング」「レバレッジ人脈術」の2冊を呼んでから、
本書を手にした。

結論としては、著者である本田氏が多数の本を出している今、他の著作を一冊でも
読んでいれば、特段本書を読む必要はないと思われる。

なぜなら、本書は他の著作内容が一冊にまとまった本だからである。
(それでなくとも他の著作に重複する記述が多い著者であるが。)
逆に言えば、他の著作を読んでいなければ、本書を読む価値はあるだろう。

本書には決して奇抜なことは書かれていない、むしろ「労力」「時間」「知識」「人脈」
についての基本的な事項が書かれていて、ビジネス書を多く呼んでいる人には物足りなさを
感じるかもしれない。
ただ本書の著者もこの基礎とそれに少しの工夫を加えたことを続けて、成功をおさめている
のであるから、基礎の重要性を推して計るべし。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本田直之氏のレバレッジシリーズの総括といえるのが本書であろう。

「労力」「時間」「知識」「人脈」にレバレッジ(てこ)をかけ、
“Doing more with less(少ない労力と時間でより大きな成果を得る)”
を実現する方法。

なんて書くとちょっとコムズカシイかもしれないが、
要はひたすら努力していれば報われるという
目的や方向性を定めないまま努力に逃げ込んだ結果、
結局は結果がともなわない、
典型的な負けパターンとの決別のための
一冊といえよう。

ふつうだったら「やらなければならないことを決める」というプロセスで、
「やらないことを決める」。
この逆発想には唸った。

まさに行動の断捨離。

それからドッキリしたのが次の言葉。

「ただ一つ注意してほしいのは、
パーソナルキャピタルには目もくれず、
マインドだけ高めてしまう人がたくさんいるということです。
そういう人は、自己啓発をテーマにしたビジネス書を
多読していることが多いようです。
わたしも自己啓発書を読むのは好きで、
良い本に出会うと、仕事仲間や友
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最小限の努力で最大の成果を、をモットーに書かれた本書。
前書もそうですが、視点としては間違っていないとは思いますが、
それだけというのも違和感があります。

労力にしろ時間にしろ知識にしろ、効率が良いにこしたことは
ないですが、本当に成功するためには、人間としての成長が不可欠で、
それは、ビジネス面でのこれらのテクニックだけでは為し得ないのでは
ないでしょうか。そういう視点が落ちているのは非常に残念です。

また、人脈に至っては、投資という発想そのものが危険。結果として自分の
成果のためになることはあっても、そんな発想での人脈は長続きは
しないでしょう。まあ、そういう発想の人同士でやっていただくので
あれば、一向に構いませんが。
巻末の図書も、失礼ながら宣伝に近いものも散見されますし、正直、同じ
形式で3冊も出すことの意義が全く感じられません。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー