この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ/モーゼに会う [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: マッティ・ペロンパー, サカリ・クオスマネン, アンドレ・ウィルムズ
  • 監督: アキ・カウリスマキ
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: フィンランド語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2002/05/24
  • 時間: 173 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000065VTV
  • EAN: 4932487020706
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 187,916位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

アキ・カウリスマキ監督が贈る「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」「モーゼに会う」の2作品をカップリング収録した作品。

レビュー

製作総指揮: クラウス・ハイデマン 製作・監督・脚本・編集: アキ・カウリスマキ 原案・脚本: サッケ・ヤルヴェンバー 脚本: マト・ヴァルトネン 撮影: ティモ・サルミネン 美術: ジョン・エブデン 音楽: マウリ・スメン 出演: マッティ・ベロンパー/ザ・レニングラード・カウボーイズ/アンドレ・ウィルムス/カリ・ヴァーナネン
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

神はモーゼにユダヤの民をエジプトから
約束の地カナンに連れて行くように命令した。

本作品においてモーゼはレニングラード・カウボーイズをツンドラから
約束の地アメリカに連れて行くことになる。

フロイトが指摘のべるとおり、
モーゼはカナンについた時にはユダヤの民に
殺されていた。

それと同様、モーゼはアメリカで
レニングラード・カウボーイズに見捨てられることになる。

本作品は形態としてロードムービーであるが、
現代版『旧約聖書脱エジプト記』と言える。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
要するにバンドのロードムービー。冒頭の荒涼とした大地とラストのメキシコの対比。音楽としてポルカがロシアと、メキシコにあるというオチも洒落てます。その間、得意のポルカを封印し、カントリーやロックなどを演奏してくれます。まじめな表情で繰り広げられるお笑いセンスも、私は結構好きですね。社会ネタのブラックな感じも、ニヤリ。
ステッペンウルフのかの曲「ワイルドで行こう」の演奏シーンが、エピソードと共に秀逸です。二作目の方は・・・。ということで星四つとしたいところを、三つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック