この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

レッド・ツェッペリン

5つ星のうち 4.6 134件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の レッド・ツェッペリン ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2005/5/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B000803CQ6
  • EAN: 4943674055784
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 134件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 98,486位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
6:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
6:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
6:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
2:12
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
2:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
4:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
8:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

元ヤードバーズのギタリスト、ジミー・ペイジのニュー・バンド。
レコーディングをわずか30時間で終了したという伝説のアルバム。
ビルボード・アルバム・チャート最高位:10位(1969年作品)
【プロフィール】
セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つジミー・ペイジ(g)を中心に、彼が在籍していたヤードバーズを引き継ぐ形でロバート・プラント(vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(b)、ジョン・ボーナム(ds)の4人で1968年に結成。デビュー前にも関わらず前渡し金20万ドルという破格の待遇でアトランティック・レコードと契約し、69年デビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』を発表。ブルースをベースにしたパワフルなサウンドと、それと互角にわたりあうプラントのヴォーカルで人気を集める。その後もブルースのみならず、ソウル、フォーク、トラッド、レゲエ、民族音楽といったさまざまな音楽的要素を自らのサウンドに反映させ、独自の地位を築く。75年にはバンド自身のレーベル、スワン・ソングを設立、79年にはシンセサイザーを導入した意欲作『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』を発表するが、80年ボーナムの急死により、解散を余儀なくされる。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ファースト発売当時、誰もが心打たれ、人によってはLPの貸し借り用と、保管用の2枚ずつを購入した程の名盤である。。。

ここまで想像を超えた楽曲の連続、完成度の高さは過去に無く、聴いた人々がそのフレーズを完璧に記憶し、頭の中で四六時中反芻する程のインパクトがあった
個々の楽曲センスもそうだが、全体的なスケール感も巨大で、動かし難い曲順、構成、バランス共、短時間のうちに収録されたとは思えないものがある
この一枚は一世紀以前には無く、そしてこの後一世紀は現れないと思う(既に発売から半世紀を過ぎた)

それは、ツェッペリンというバンドと、その音楽そのものにも当て嵌まる
ボンゾが急逝し、解散を余儀なくされてから、ジミー・ペイジが手を替え品を替えリマスターを施しながら、再発売するのも頷ける。。。
ジミー・ペイジは、テクニック的にとやかく言われてはいるが、本質的なスケール感と個性の表出に秀でているように思う
この曲にはこのフレーズ。。この音しかないと言った完璧さを持ち、アレンジが絶妙なのである

そして実質的な屋台骨を担ったボンゾのドラム。。。
独特というより、唯一無二のグルーブ感、センスと音の強さを持つ、この不世出のドラマーの不慮の事故の急逝は、必然的にバンドの解散に直結した
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Constructively トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/26
形式: CD Amazonで購入
Zep 衝撃のファースト・アルバムですが、今回(2014)のリマスターでどの程度音が変わったか、というと
本当に良く聴かないとわからない、という感じですね。
もともと Zep のCDに関してはかなり音質が良くて、1990年に出た「Remasters」を今聴いても良い音しています。
まず、音圧は変化ないと思います。各パートの分離が若干良くなって、クリアになったという感じですかね。
音域の広がりを感じます。
ヴォーカルだけを聴くとやや抑えめになっているように思います。
今回はリマスターより、DELUXE EDITION のDISC 2 が売りの要素なんでしょうね。
この「LIVE AT THE OLYMPIA,OCTOBER 10, 1969」の71分の演奏は当時の熱気が伝わるライヴだと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record Amazonで購入
アナログ盤の感想です。UKオリジナルにこだわり、高い値段で取り引きされるオークション見てはためらい、また追いかける。そんな事が馬鹿らしくなる位音が凄いです。ジミーペイジは今回アナログ盤のリマスターに何度もチェックを重ね最も力を入れたとインタビューで語っていました。オリジナル盤はこれからも追いかけると思いますが、しかし、この盤は素晴らしいです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Corybant VINE メンバー 投稿日 2014/6/11
形式: CD Amazonで購入
 凄かった。ライブも楽しめた。また数年経ったらリマスターされるのだろうか?それでも買うだろう。そういう作品だ。ロックの世界遺産だもの。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
燃え墜ちるツェッペリン飛行船が印象的なジャケット、1曲目「Good Times Bad Times」の他に類を見ない程の曲の密度、トラッドナンバーやバラードなどLed Zeppelinの多様性が伺えるラインナップ。その全てがLed Zeppelinの伝説の幕開けに相応しい1枚。

ブルージーなナンバーが多いため彼らの他の作品よりも多少クセが強い感はあるが、それでもアルバムのバランスや各楽曲の完成度の高さはLed Zeppelinの最高傑作として名高い「IV」にさえ引けを取らないほど秀逸なので、ハードロック好きであれば1度は聴いておくべき。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ZEPによるピュア・ブルースを聴くならこのアルバムが一番でしょう。ZEP(ペイジ)とブルースは切っても切れない密接な関係にあり、あらゆる楽曲にブルースが登場します。ただ、クリーム(Eクラプトン)のようなコテコテではなく、素材として上手に料理していました。いわばZEPの歴史は「ブルース新解釈の歴史」と言い直しても良いかもしれません。 その公式9枚の中でも、最もブルース・エキスの濃い作品がコレ。テレキャスを主体に用いたようですが、全アルバム中最もペイジ先生のギター音ガ艶っぽいです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 「あ~ツェッペリンのライブ音源の入った2枚組だから、買っておくか・・・」という程度の軽い気持ちで注文し、本日、到着し、恐らく、リマスターしているだろうから、3デシベル位ボリュームを絞って聴いてみよう・・・ということで1枚目の聴きなれたスタジオ録音盤から再生し、最初の一音でビックリ仰天!凄い音圧でさらにボリュームを絞った。
 聴きとおすと、音の良いのは「ハイレゾ」か?「SACD」か、という議論が馬鹿らしくなるほど、SN比が高く、まだまだ、新しい再生メディアに移行する前にやるべき事があるということに気が付いた。
 以前にマイルスの「オン・ザ・コーナー」のハイブリッド盤とSACDオンリーの盤を聴き比べたら、予想に反して、ハイブリッド盤の方が良かったことを思い出した。ハイブリッド盤の方が新しくリマスターしていたのだった。
 メーカーは、高い再生装置をユーザーに買わせたくて、やるべき事をしていないのではないか?
 2枚目は、パリでのライブ録音。さすがにスタジオ用のレコーダーではないのか、静かな部分では、テープ・ヒスノイズが聴きとれた。しかし、それは、テープに詰め込まれた音を残さず、聴かせたい、という事のように感じる。
 ちなみに、ライブでの最後の曲「ハウ・メニー・モア・タイムス」のところでは、セカンドアルバムの「胸いっぱいの愛を」のフレーズ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック