日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

レッドライン

シーズン1
 (9)
201813+
二人の学生が、貨物列車の追跡装置を試すうちに、ソ連の車両が消えていた事に気づく。問題を解決しようと二人は立ち上がる。数日後、一人は死体で発見され、もう一人は逃走する。ロマン・リデルが捜査を始めるが、巨大組織が背後に存在した。
出演
Ondrej SokolDavid NovotnýMartin Hofmann
ジャンル
アクションドラマ
オーディオ言語
Čeština

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話
    11月 11 2018
    1時間11分
    13+
    オーディオ言語
    Čeština
    二人の学生が、貨物列車の追跡装置を試すうちに、ソ連の車両が消えていた事に気づく。問題を解決しようと二人は立ち上がる。数日後、一人は死体で発見され、もう一人は逃走する。ロマン・リデルが捜査を始めるが、巨大組織が背後に存在した...
  2. 2. 第2話
    11月 18 2018
    1時間8分
    13+
    オーディオ言語
    Čeština
    学生二人が死亡し、リデルは犯人がまた凶行に出る事を知っていた...
  3. 3. 第3話
    11月 25 2018
    1時間5分
    13+
    オーディオ言語
    Čeština
    殺人犯はソ連軍の貨物から消えた武器の後処理をしていた。誰が誰の味方なのかをお互いに探り合い、時間は迫っていた。リデルが犯人の素性を掴み、優位に立ったかのように思えたが。
  4. 4. 第4話
    12月 2 2018
    1時間9分
    13+
    オーディオ言語
    Čeština
    1992年の大晦日。チェコスロバキア最後の日。死体の傍らで、リデルに生命の危機が迫っていた。自分の可能性に頼るしかなかったが、時に生き延びる事が最善でもなく...

詳細

監督
Jan Hrebejk
出演
Roman Polák
シーズンイヤー
2018
提供
Ceská Televize
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち2.6

9件のグローバルレーティング

  1. 20%のレビュー結果:星5つ
  2. 16%のレビュー結果:星4つ
  3. 17%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 47%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazonカスタマー2020/02/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
良作。
地味なストーリーに地味な映像、にもかかわらず最後までダレる事なく鑑賞できたのは良作の証。
映像的にはひたすら地味だが、しかしそれがかつての東欧の空気だったんだろうと想像させる効果がある。
出演者は皆、実績も実力もある俳優ばかりなのだろうけども、私個人の映画鑑賞歴上ではまったく見知らぬ俳優ばかりな事が映画への没入を容易にしていたのを発見したのは新鮮な感じだった。
爽快なカタルシスがあるかと言えば、そうもいかないのが人生で、この映画もまたそんな感じ。
というわけで、万人向けにお勧めできるわけではないが、良作には間違いないというのが私の評価。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
persona2020/03/07に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
末期のチェコスロヴァキアを舞台にしたサスペンスドラマ
#1を見た限りでは演出や役者の演技には文句なしであるが序盤の作劇的に主人公の立ち位置、バックグラウンドが分かりにくく状況が理解しにくいのが難点であった。
地味だがサスペンス色の強い作風はとても面白そうに感じた。
とりあえずこのまま視聴してみようと思う。

ゲイで軍の法務の検察官を務める主人公。実直な性格に描かれている。
関わり合いになった青年の失踪事件が関係者の殺人事件に発展したことで職務とは無関係であるにも拘らず個人的に捜査をする。
その結果ソヴィエト軍の軍用列車消失事件へと繋がり大きな闇とぶつかることになる。
善かれと思った行いが裏目に出て死ななくてよかったものが死ぬ。個人の力の及ばぬ闇の世界に主人公は消される。皮肉な結末で後味の苦いストーリーであった。

物語の進行と無関係に時は進みチェコスロヴァキアは終焉を迎え新しい国が二つ生まれた。ほとんどの人々が事件に気付くことなく。

収監中の秘密警察の大物幹部との関係や上司同僚らとの衝突など作劇も上手く描かれ時代感も丁寧に表現されている。
コツコツと捜査を続ける主人公を中心に描きながら相手側を小出しに登場させ、徐々に事件の全貌が見えてくる手法も見事であった。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
な。2019/12/29に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
政治の恐ろしさを垣間見る作品
東欧圏にありがちな正義を貫こうしても、闇に葬られてしまう胸糞の悪いドラマである。
アメリカドラマや映画に慣れている人には泥臭い作りや、夢ないラストなんかはショックを受けるかもしれない。
しかし、個人的にはリアルさが感じられ、好ましいと思う。世の中は正義がまかり通らないこともままあるという事だろう。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
あんず2020/08/31に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
チェコの質素さ
なかなか物語に気持ちが入らなかったが、腰を据えてじっくり観るとなかなかの秀作。
チェコスロバキアの末期を舞台に静粛の中、未来への不安や葛藤を抱えた人達が出てきます。
日本と違い権力や思想が入れ替わるので、みんなが疑心暗鬼。
全編とおして暗い。ただただ暗い。その中で正義を貫こうとする主人公。
ゲイであることや昔の彼氏を葬ったらしい?どこか後ろめたさがあって、故に迫害されるものに自分を投影してしまい後戻りできなくなってしまったのか。
アメリカ映画の様な主人公がかっこよくて、やっぱり正義は勝つ的な流れは期待しないほうが良いかな。
でも、久々に余韻の残る作品でした。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
kiki2020/02/19に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
硬派な臭いがする作品だが、字幕内容がお粗末。
IMDBで検索(作品名「Rédl 」)すると8.0の作品とのことで期待度大でしたが・・Amazonプライムビデオ名物お粗末字幕にうんざりして途中脱落、残念。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mcfc.love2019/12/27に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
気持ち悪い
チェコの風景とかチェコな感じはいいけど、翻訳が気持ち悪い、英語じゃないので、翻訳頼みになるんだけど、これでええの連発。シナリオもなんか抜けてるところが多くて、気持ち悪い。結局どうなったのかどうしたのかどうしたいのか分からないラストが気持ち悪い。正しいのは分かるけど正しいだけでなんとかなるわけない現実なのに、正しさだけを追いかけるリアリティーのなさが気持ち悪い。ちょこちょこけるといい感じだと思うけど、まあ4話で終わってよかった感じ。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
タオ2021/05/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
歴史のなかでの人間たちの生き様。
歴史のなかでの人間たちの生き様をていねいに描いたドラマ。それぞれの人間にそれぞれの人生があり、それぞれの家族があり、それぞれのよろこびとかなしみがあり...。たましいに深くつきささりました。ときどき字幕が意味不明になるけれども、それを減点しても★5つ。
Amazon カスタマー2020/12/17に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
日本語訳がかなり残念
なかなか良いサスペンスなのに、日本語訳がわかりづらい、?なところが多々あり残念。
内容もわかりづらいが、内容的には良作だと思う。
ラストがなんとなく終わったのが残念。
すべてのレビューを表示