通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、返し折れグセ、背小ヤケがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか 単行本 – 2013/10/24

5つ星のうち 3.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 189

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか
  • +
  • スーパーストーリーが人を動かす 共感を呼ぶビジョン&アクション
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本のコンビニでも販売され、F1などでもおなじみの「レッドブル」。

だがその実態は謎に包まれている。

2012年に世界165か国で52億本も販売され、最も成功した飲料ブランドともいわれるが、
その本社がオーストリアにあることを知らない日本人も多い。
どのようにしてわずか数年でこの世界的なブランドが台頭したのか、なぜマーケティングが画期的といわれるのか。
その秘密をが明らかになる。

レッドブルの市場は存在しない。これから我々が創造するのだ
創業者のディートリッヒ・マテシッツの言葉だ。そう、これはピーター・ドラッカーのいう「顧客の創造こそが企業の究極の目的」そのもの。
利益率70%という高付加価値ブランドが成立できたのは、
「飲料を売るのではなく、エキサイティングな体験を提供する」ことが目的となっているからだ

多くの企業が代理店に丸投げするような宣伝やイベントも自社できっちりやる。
スポーツに広告を出すのではなく、「スポーツの一部になる」ためにF1やサッカーに進出し、新しいスポーツ分野を育てる。

そして派手で先進的なイメージとは裏腹に、経営の基本を忠実に守った、長期視点の「非アメリカ的」企業。
それがレッドブルだ!

ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』の楠木建氏(一橋大学大学院教授)が解説を執筆

内容(「BOOK」データベースより)

実は「リポビタンD」がきっかけで誕生した!F1やサッカーにも進出する企業の素顔。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/10/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249840
  • ISBN-13: 978-4822249847
  • 発売日: 2013/10/24
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 130,254位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
書店で平積みされている本は、たいていハズレはないのですが、この本はひどいです。今年読んだビジネス書の中で「最低」と言っていいでしょう。

レッドブルの成功の秘密は、最初の方には少しは書かれていますが、後半はF1やサッカーのチームが、何年にいくらで買収されたかという数字が延々と書かれているだけです。全体の4分の3がそんな調子で、ビジネス書というよりは、単なるレッドブルの社史でしかありせん。

ビジネス的な考察や、ノウハウへの普遍化もない。単なる事実の羅列。この著者は文章が猛烈に下手だし、要約ということもできないらしい。

本人は、創業者ディートリッヒ・マテシッツの人物に迫ったつもりのようですが、その人物像は最後まで読んでも全く描き出されておらず、評伝、人物伝としても大失敗。

著者が、マテシッツ本人と会った時、マテシッツが著者に対して嫌悪感を爆発させたエピソードが書かれていますが、こんな内容のない本を書かかれれば、誰だって怒るでしょう。マテシッツ氏かどんな人間なのか、この著者自身が全くわかっていないことを自ら証明しているようなものです。

「レッドブル」の熱狂的なファンで、レッドブルがどのような経緯で誕生したか、その辺のバックストーリーを知りたいという「レッドブル」オタクにとっては非常に意味のある本なのでしょうが、レッドブル社の成功の秘密知りたいビジネスマンにとっては、ほとんど学びのない一冊といえます。
1 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読み終えると奮い立つ。これは「読むレッドブル」だ。

レッドブルはいまや165カ国で展開され年間52億本を売り上げる規格外の飲料ブランドだ。そのマーケティング・ブランディング戦略をマネしたい人間は飲料メーカーに限らず多いことだろう。はたまたレッドブルは「クラブに通うリア充」や「意識高い系大学生」層にたまたまウケて大ヒットしたと勘違いしている読了前の私のような人間も多いかもしれない。

本書は、驚きをもって両者の思い違いを正してくれる。レッドブルは魔法のような手口を用いたわけではないし、幸運に恵まれたわけでもない。その戦略と道程について詳細に記述された「6章 すべてはマーケティングだ」「7章 スポーツの一部になる」を読めば、レッドブルの成功は魔法と幸運ではなく熟考と努力によるものだと理解できるだろう。欲を言えば、レッドブルのマーケティングについてさらに詳しく知りたかったくらいだ。

しかしそれだけマーケティングに力を入れても、成功の背景には数多くの失敗と試行錯誤があったようだ。本書は、レッドルースターという見たこともない失敗商品やナスカーレースからの撤退など、パッとしなかった事例の紹介に「本当に必要か?」と思うほど多くのページを割いている。ただ、それを乗り越え今のレッドブルが存在しているという事実を念頭に置いて読むと、「多少
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
レッドブルの成り立ちと発展、そして創業者ディートリヒ・マテシッツという男を細かく描いており、
0から世界的ブランドを育て上げたレッドブル独自の経営スタイルを見ることができる貴重な一冊です!

マテシッツ本人への取材はおろか、会社の方針でレッドブル社従業員への取材すら行えず、
元従業員からの証言を頼りにするしかないなかでここまでの情報を集めた筆者には脱帽です。

ただ、情報が貴重であるだけに手に入れた情報をできるだけ多く本書に反映させたかったのだろうと推測しますが、
読書にとってはどうでもいい情報の羅列が各所に見受けられました。中盤から後半にかけては特に表面的な情報だらけでした。

なので力を入れて読むところとサラッと飛ばし読みするところを見極めながら読み進めると良いと思います。
また、解説が秀逸で本書のエッセンスを上手く抽出している(しかも本書の内容を批判的に精査している)ため、
それを参考にしつつ読むのもオススメです。

何はともあれ、「レッドブルのための市場は存在しない。我々がこれから創造するのだ」に始まるレッドブルのストーリーが、
読者の知的好奇心を強く刺激してくれることは間違いないでしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Steve Jobsあたりと比べると
創業者との関係もないまま、ただ筆者が外から見た範囲で知っていることをひたすら説明し続けているだけで、読んでいて多少眠くなってしまう。レッドブルの歴史を全く知らなくて、ちょっと知りたい人には良いかもしれませんが、読みごたえはないと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー