レッドクリフ Part I スタンダード・エディシ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,979
通常配送無料 詳細
発売元: qwe-store
カートに入れる
¥ 2,980
2pt
通常配送無料 詳細
発売元: ジンケ堂書房【prime在庫品は年中無休・24時間即日発送・返品保証付】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.5 175件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,494 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,610 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥5,694
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: トニー・レオン, 金城武, チャン・フォンイー, チャン・チェン, ヴィッキー・チャオ
  • 監督: ジョン・ウー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 中国語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日 2009/03/11
  • 時間: 147 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 175件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001P55MXE
  • JAN: 4988064291564
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,972位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

歴史的大ヒット!!映像はこちらから

『M:I-2』×『パイレーツ・オブ・カリビアン』のチームが贈る全世界待望のアクション・アドベンチャー超大作。
興収ランキング5週連続No.1、50億突破を記録した『レッドクリフ Part I』がいよいよ3月11日発売!

[スタッフ]
監督:ジョン・ウー『M:I-2』『フェイス/オフ』
プロデューサー:テレンス・チャン『M:I-2』『フェイス/オフ』/ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー、カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ
アクション撮影:コリー・ユン『クローサー』『トランスポーター』
プロダクションデザイン:ティム・イップ
VFXプロダクション:The Orphanage『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ダイ・ハード4.0』
VFX監督:クレイグ・ヘイズ『マトリックス レボリューションズ』
音楽:岩代太郎『殺人の追憶』
主題歌:alan

[キャスト]
周瑜 (呉の司令官) ・・・ トニー・レオン
孔明 (蜀の軍師)・・・ 金城 武
曹操 (魏の総帥)・・・ チャン・フォンイー
孫権 (呉の宰相)・・・ チャン・チェン
趙雲 (蜀の武将)・・・フー・ジュン
尚香 (孫権の妹)・・・ ヴィッキー・チャオ
甘興 (周瑜の家来) ・・・ 中村 獅童
小喬 (周瑜の妻)・・・ リン・チーリン

【初回封入特典】
◆「レッドクリフ PartII」 映画鑑賞割引券
◆PSP(R)「真・三國無双 MULTI RAID」特典付きチラシ (ゲーム内アイテム用パスワード記載)

【本編ディスク】
◆本編約147分
◆ PartII先行スペシャル映像
◆ 予告編集(5種:PartI特報・予告編、PartII特報・特報2、オリジナル中国版予告編)
◎字幕:1日本語字幕
2日本語吹替用字幕
◎仕様:片面2層/カラー/16:9シネスコサイズ
◎音声:1オリジナル中国語(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)
2オリジナル中国語(DTS5.1chサラウンド)
3日本語吹替(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)
4音声解説:三国志談義(渡邉義浩[大東文化大学/三国志学会事務局長]×
スピードワゴン[井戸田潤・小沢一敬])(DD2.0ch)

【特典ディスク】
◎仕様:約66分/片面1層/カラー/4:3 (一部16:9)/中国語(一部日本語)ドルビーデジタル2.0ch/日本語字幕
◆メイキング映像
製作発表会見~ロケハン~セット設営~撮影風景など
◆ TV-SPOT集(8種)
◆ 『三国志大戦3』プロモ映像
◆ .PSP(R)『真・三國無双 MULTI RAID』プロモムービー(※(R)はPSP右下マルR)

(C)2008 Three Kingdoms Ltd.

内容(「Oricon」データベースより)

日本でも高い人気を誇る『三国志』を、ジョン・ウー監督が完全映画化!西暦208年。天下統一を掲げる曹操は、対抗勢力である劉備軍に大軍をもって襲いかかる。敗走を余儀なくされた劉備軍の軍師・孔明は、呉の孫権軍との同盟を劉備に進言し、自ら使者として孫権の許へと向かう…。メイキングを収録した特典ディスク付きの2枚組。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
以前、同じ商品を購入したのですが、同居家族に先に貸したところどうも傷が入ったようで、本編DVDが途中で止まってしまい修復するグッズも探してみたのですが、価格的に再購入したほうが安いよね…ということでリピ買いになりました。…で、やっと全部観られたんですが、ひと言で言ってしまうと「すごい!」です。カット割りや台詞はちょっと漫画くさいところもありますが、観はじめたら止まらないですねー。曹操役の人は、歴史物では毎度おなじみのあの人(名前は覚えていない)だと思うんですが、登場人物の中ではいちばん立派そうです(いいんでしょうか…笑)。他、主要な登場人物はほぼイメージどおりで「そうそう、こんな感じだよねー」とか考えながら観ていました。戦闘シーンの再現もすごい。八卦の陣って…ホントにすごいです。しかも動員エキストラも半端ではない人数。きっとまた観てしまう作品の一つですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
以下はトニー・レオンや金城武に特別な思い入れを持たない人間の意見です。

 『三国志』について、とくに監督なりの新しい解釈は無し。
曹操=極悪人、劉備=仁愛の人という工夫の無い単純な設定で、
ただ舞台を大掛かりにしただけ。

 たしかに、血統というか正統好きな中国人には、漢皇室の遠戚と称する
劉備が「正義」というのは分かりやすいし、勧善懲悪が大好きなアメリカ人
にはこのほうが受けるんだろうな。

 しかし、日本人の私には大味すぎる。

 曹操を単純な権力の亡者として描くんじゃなくて、曹操なりの「正義」を
描いて欲しかったし、劉備だって極悪人で冷酷な面をちゃんと描いたら
面白かったのに。

 中国人の価値観で描きたかったなら、中国人の謀略好きや幾重にもウラオモテが
ある(舌が何枚もある)ところとか、したたかなところを描くとか。

 劉備が「善」で曹操が「悪」ってか。
人間て、そんな単純なもんじゃないでしょう。

 キャラクターがのっぺりした感じがしてしかたがなかった。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
詰まるところ、三国志の楽しみ方というのは、「俺国志」を作る、という点にあるのではないだろうか。

三国志好きはどこから入るにせよ、いずれ正史と演義との違いも知り、
またそれらを基にした様々な「三国志」作品に会う。
そこでは色々な形でフィクションが入り込む。(多分…正史であっても)

そうした事を勿論、基本として踏まえつつも、
作品毎の作者の解釈による、様々な人物像、人間関係、事件などを、
また読者がそれぞれに解釈し、時に取捨選択しながら
それぞれ自分好みの三国志である「俺国志」を作り上げていく。
(三国志を楽しむ時は男女問わず、「俺」になってしまうはず!)

そして、本作は良くも悪くも、ジョン・ウーの「俺国志」なのです。

公開後にはかなり賛否両論あったようですが、
平均的には、「賛」→三国志に初めて触れる人「否」→三国志好きな人、が多いよう見受けられました。

それもそのはず。
本人の自覚・無自覚を問わず、三国志好きの数だけ「俺国志」はある。
「レッドクリフ」が彼らの「俺国志」以下であれば、手厳しい反応が返るはず。
(単純に「史実と違う!」と目くじらを立てている方もいますが、ナンセン
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
俳優も監督も有名どころが集まっているようですが、
別に誰でもよかった。有名な人で作る必要がなかった映画という印象。
周瑜と孔明のアップ映画。

アクションがウリなのか、演技なのか、ストーリーなのか。
どれもいまふたつ。

大勢のエキストラが出ているが、なんだかごちゃごちゃしてるだけで迫力がない。
それと、エキストラは基本的にやる気がない。
突撃する場面でもジョギング。
敵と近づいたら少し手前で立ち止まって適当に槍を振るう。
気合を入れる場面、文句を言う場面、やられる場面、武将の背景となる乱戦シーン、どれも気が抜けている。動作と台詞はあっても気持ちがない。
エキストラが多すぎるせいで、武術指導というかアクション指導がやりきれていない。

本当は戦争などしたくない、という兵士の本音をリアルに表現している。とでも言うのか?

戦闘ではせっかく陣形を作っても、有名武将が単身で雑兵と戦う場面ばかりなので、大軍同士のぶつかり合いという雰囲気がゼロ。
小競り合いばかりで全体が見えない。
その上、個人のアクションもなんだか古臭い。

槍や矢の先端をアップにしたり、それが回転していたり。そんなどうでもい
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー