この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

レット・イット・ブリード Limited Edition, SACD

5つ星のうち 4.8 83件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 5,980より 中古品の出品:2¥ 4,888より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ザ・ローリング・ストーンズ ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2010/6/30)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition, SACD
  • レーベル: ユニバーサルインターナショナル
  • 収録時間: 42 分
  • ASIN: B003EW4KAW
  • EAN: 4988005614339
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 328,953位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:07
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
3:33
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
5:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
6:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
2:50
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
4:11
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
7:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

【SA-CD~SHM仕様~】【初回限定生産】 (注)本商品はSuper-Audio CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のプレーヤーで再生することはできません。

14枚目のアルバム。ブライアン・ジョーンズの脱退、そして死〜ミック・テイラーの参加という過渡期の中、豪華ゲストと共に制作された。This Record Should Be Loud! 1969年発表。
●米ABKCO制作 2002年DSDマスター

※初回限定生産につき数に限りがございます。ご注文はお早めに!

メディア掲載レビューほか

ザ・ローリング・ストーンズの第14弾アルバム。ブライアン・ジョーンズの脱退と死、そしてミック・テイラーの参加という過渡期の中、豪華ゲストと共に制作された作品。「ギミー・シェルター」「むなしき愛」他を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
今更、この名盤についてのコメントはしません、シャインアライトのサントラ盤がSHM-CDという事で、初めてSHM-CDの存在を知り、購入して見ました、既にSACD盤は持っておりますので、その比較を書いてみようと思います。一言で言うなら、レコードの音質を更に向上させたのが、SACD、CDの音質を向上させたのが、SHM-CDではないでしょうか。
比較対象としては2曲目のLOVEinVAINが一番分かりやすいです。SACDで初めて聞いた時には、まさに目から鱗もので、キースが直ぐ目の前で弾いているような感覚になりました、これぞギブソンハミングバードの音、ラフでワイルド、低音部の質感のリアルさに驚愕しました。
さて同曲をSHM-CDで聞くと、まてよキースはマーティンD-45を使っていたのかと思わせるほど
クリアーで艶やかな音色です。また、各楽器のそれぞれの音が完全に聞き取れ、別物の曲にように感じます。
従って、どちらも一長一短あり、どちらを聞くのはリスナーの好みではないでしょうか?
ストーンズファン暦38年の私は、長年レコードの音に慣れてしまっているのでSACDのほうが好みです、ただしMONKEYManは圧倒的にSHM-CDのほうがすごいです。ご参考になればと思います。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
4年前にこのアルバムを含む、60年代のストーンズの一連のアルバムが入念にディジタルリマスターされて、しかもSACDとのハイブリッド盤として発売されたときは、もの凄い音質に腰を抜かすほどビックリしたものです。

そのころある雑誌に、本CDをリリースした現ABKCO社長のジョディ・クライン氏の、この再発CDに関するインタビューが載ったのを偶然読むことができましたが、とても興味深いものでした。ジョディ氏によると再発までに時間がかかったのは、リマスターに手間隙をかけて決定版を作りたかったということです。事実担当エンジニアは、これらのリマスター作業のためにわざわざ、ちょっとした家を買えるくらいの(!)投資をして、アナログのオーディオシステムを構築したうえでオリジナルアナログ盤を聴きまくってリマスター作業の参考にしたそうです。さらには、たいしたことのない音質の盤の再発を何度も繰り返して、ファンに迷惑をかけたくなかったとまで発言しています。

偉いですね。わが国のレコード会社の経営者たちにジョディさんの爪の垢を煎じて飲んでいただきたいですね。

というわけでこの「LET IT BLEED」は物凄い音質です。特に「LOVE IN VAIN」のキース様のアコギの重いアタック、「MIDNIGHT RAMBLER」のキース様のリズムギターの生々
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ストーンズ聞いてみたいけど、ベストアルバムを買うのは負けと思っている人に一番おすすめです(笑)
最高傑作と言われているメインストリートのならず者は、2枚組で曲数も多く、少し雑多な感じで最初は難しいと思います。
なので、スティッキーやベッカーズから入ってもいいですが、個人的には本作から入るのがベストだと思います。

理由として、
・一曲ごとのクオリティが(個人的には最も)高く、いわゆる捨て曲がないので初心者が入りやすい。
・全9曲とコンパクトで繰り返し聴きやすいのでストーンズのアク(ブルーズ臭さ)に慣れるのに最適。
・絶妙な黒さ加減。ベッカーズほど黒くなくスティッキーほど白くない。 
 などからベストだと思います。

ストーンズは黒人ブルーズが源流にあり、それ特有のコクやねばりがあるので正直最初は入りにくいです。
ですがいったん良さがわかると、それが癖になるぐらいはまります。コーヒーの中毒性に近いかもしれない。
私も最初はダサいしなにがいいのかさっぱりわからなかったのですが、聞いている内にいつのまにかはまってました(笑)
ですから慣れるまでは少し無理をして聞いてみるか、しばらく置いといてからまた聞いてみるといいと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
雑音が一掃されていてとてもいいと思います。特にチャーリー・ワッツのドラムなんか綺麗に聞こえていて嬉しいですや。価格も手頃でどなたにでもオススメできます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック