通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レッスンCD付 ボーカリストのための 高い声の出し... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【付属:CD付き(開封済み)】●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レッスンCD付 ボーカリストのための 高い声の出し方~ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!~ 楽譜 – 2008/11/26

5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
楽譜, 2008/11/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 862

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レッスンCD付 ボーカリストのための 高い声の出し方~ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!~
  • +
  • “歌う力"をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)
  • +
  • 1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 168pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

プロシンガーの歌をコピーする際「KEYが高すぎて歌えない!」「いったいどんな練習をすれば良いの!?」と感じたことはありませんか?そんな疑問に答えるべく高音発声法獲得のための具体的メソッドを伝授します!レッスンCDを使ってミックスボイス・ヘッドボイス・ホイッスルボイスといった高音発声法を獲得してください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

DAISAKU
初心者から一流プロシンガーまで幅広くレッスンを行うボイストレーナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 楽譜: 87ページ
  • 出版社: ドレミ楽譜出版社; A5版 (2008/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4285121468
  • ISBN-13: 978-4285121469
  • 発売日: 2008/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ハイトーンボイス養成本としてはロジャーラブ本、高田本、弓場本がすでに有名だろう。弓場本以外は大体、同じ理論をもとにして編まれているのでこれらに目を通したことある人や、ネット上などでこういった理屈をもとに語り合っている人たちにはなじみのある方法である。しかし高田本にせよロジャーラブ本にせよ、理屈はよく描かれているが練習方法や感覚の説明がまるでなかった。そんな中で出された本としては、理屈と感覚と練習法が網羅され非常に画期的である。三声区(チェスト、ミドル、ヘッド)だけでなく鼻腔共鳴にも触れた本としても評価できる。また通常の本ではヘッドボイスまでしか扱われてないが、ハードロック歌手などの十八番といえる超高音域のヘッドボイスハイポジションや、普通のポップスではほとんど使われない、その上の音域のホイッスルボイスまで、出す方法や練習法が書かれている。

ここまでいうと絶賛のようだが、最大問題は付属CDに見本がないのである。たしかに一曲目には、DAISAKU氏の信じられないハイトーンボイスが収められていて、その実力を疑うつもりはない。しかしDAISAKU氏の見本が聴けるのは一曲目と、スケール練習の最初の一節だけである。徐々に音程があがっていくのに、一番低いところだけ見本がついていてもあまり意味がない。その点ではロジャーラブ本の方がほぼ完全に見本があり、ずっとよく出来ている。DAISAKU氏のホームページは有名でこちらもよくできているので、できればこちらで見本音源を公開していただきたいのだが。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金田一耕助 VINE メンバー 投稿日 2009/10/14
僕は男にしては声が高い方だと言われたことはありますが、生まれつきのハイトーンボイスではありません。
平均よりも、ちょっと高いくらいだと思います。
田舎に住んでいるのでボイストレーニングを受けたことはありませんし、カラオケは専ら自己流です。
そのカラオケも(年に2〜3回行く程度)がむしゃらに声を張り上げて、5曲ぐらい歌うと喉がヒリヒリして声が嗄れてきます。
仲間内では多少受けますが、自分としてはちょっと納得いかない感じ。
あと、好きな歌手の歌を原曲のキーで歌えたら…という思いもありました。
そこで、半信半疑ではありましたが、ここの先輩達のレビューに背中を押され、本書を手に取ってみたのです。

まずは、テキストを読んでみました。90ページに満たないので、すぐ読めます。
発声の仕組みからエクササイズ、トレーニングへと移っていきますが、器官の図解や声帯の写真を見せられても「?」という感じでした。
次に付属のレッスンCDを聴いてみました。
ウォーミングアップからエクササイズ、トレーニングと進んでいきますが、特性が別れるところでは男女別で解説してくれます。
著者であるDAISAKU氏の柔らかな物腰の語り口とお手本として収録されているパフォーマンスには感銘を受けましたが、あまり
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
学生の頃から、アコギでゆずなどを歌っていてすでに10年ほど歌ってきました。
地方のカラオケ大会なら準優勝はできるくらいのレベルかと思います。

2015年の11月頃にこの本を買いました。

それまでは高い音は張り上げでなんとか出せていましたが何曲か歌うと声がひっくり返ったりしていました。

高い声を出せるのは、特別な才能や体質の人しか無理だとずっと思っていました。

しかし悔しいので、高い声を出す方法を探しているとこの本に辿りつきました。

本を買ってからはレッスンCDを何度となく聞き返し、練習し、本の知識も入れてひたすら練習しました。

しかしいつまで経ってもミックスボイスは出なかったのです。

そこでユーチューブでミックスボイスの出し方を解説している方を片っ端から見ていきましたがどれもこの本に書かれている内容ばかり。

ミックスボイスはもう出せないのかと諦めかけていたときに久保田光太さんという、トレーナーの方の動画に出会いました。

その方の動画の第ニ回目の講座でミックスボイスが語られていましたが、それまでのミックスボイスを解説する方とは全く説明が違っていました。

ミッ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 私は実際に生徒さんに発声・滑舌の指導を行っている者ですが、この本は大いに参考になりました。特筆すべき点は、以下の3つです。

1.図解・写真をふんだんに用いた解説
 特定の音階発声時の声帯写真を掲載し、その様子を観察するなど、「どのように高音は作られるのか」という発声メカニズムの考察から、「如何にして効率的にその状態を作り出すか」という実践までを、丁寧な図解付きで詳しく解説しています。声というやつは元々目に見えない捉え難い代物ですので、ボイトレは時に上級者でも混乱しやすいという側面があります。この本では、実際に図解を目で見て確認しながら、具体的なイメージを持って学習出来るよう、様々な工夫が凝らされていました。初学者にもお勧め出来ます。

2.発声の真実の追求
 やや専門的な話になってしまいますが、ホイッスルボイスのような極めて高い音域は、基本的に男性には発声出来ないものと解釈されていました。しかし、この本の付属CDで、男性である著者が実際にホイッスルボイスを発声しています。更にホイッスルボイス発声の仕組みについても、実際に発声時の声帯写真を観察して、独自に考察されています。ホイッスルボイスのみならず、「高音発声時、人間は何をしているのか?どうすれば可能なのか?」という命題について、意欲的に研究されている著者の情熱が感じら
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック