中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 アリエル
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですのでカバーなど多少の擦れや日焼け跡、書き込み、染み、折れ、黄ばみ等ある物もあります。ご了承の上、お買い求め下さい。店舗併売の為、売り切れの場合はご容赦下さい。即返金致します。日・祝日は休業の為、発送できません。発送後のお客様のご都合によるキャンセルはご遠慮下さい。迅速な発送をモットーとしております。ご利用お待ちしております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レッスンズ 単行本 – 2002/1

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

私たち、自分で強くなるしかないんだよ。

壊れそうな心をもつ少女と愛に臆病な家庭教師が、二人で重ねた明日へのレッスン。
勇気をくれるピュア・ストーリー

母ギツネが3匹生まれたうちの1匹だけを虐待し、執拗に追いかける。すると子ギツネは母と闘うのではなく、母に傷つけられる前に自分で自分の足を噛み始めたのだ。
リコは、キツネではない。とても頭のいい15歳になりたての少女だった。私は彼女の柔らかさと多感が愛おしかった。そして、彼女が壊れそうな心といつも必死に闘っているのをずっと見てきた。まるで立会人を必要とされているかのように。――本文より

内容(「BOOK」データベースより)

私たち、自分で強くなるしかないんだよ。壊れそうな心をもつ少女と愛に臆病な家庭教師が、二人で重ねた明日へのレッスン。勇気をくれるピュア・ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 230ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406211044X
  • ISBN-13: 978-4062110440
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,837,314位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 S_K 投稿日 2005/1/31
形式: 文庫
家庭教師をしたことがある人、必読です。読みながら「これは私とあの子のことではないの?」と何度も思いました。家庭教師って不思議ですよね。学校の先生よりも親よりも、ある面では親友よりも深い部分でつながれることがあるんですよね。生徒である彼女よりは世の中を知っていて大人であるはずだけれど、一方では一人前とはいえない自分、というのがよく描かれていたと思います。ストーリーとしてはいささか非現実というか、少々「つくられた物語」的なところもありましたが、生徒のリコの気持ちに沿って物語を読みすすめると、最後のクライマックス、本当に情景が迫ってきて感動しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 本ばか 投稿日 2005/5/16
形式: 単行本
家庭教師と生徒という間柄ですが、繊細な心を持ち愛情に飢えているという点で二人は非常に似ています。自分を表現するのが下手で周りの人と上手く溶け込めないところも・・。
物を教えるという事は教える人をも成長させてしまうのだという事を知りました。リコという少女に強くなる事を教える事で、マリエもまた強くなったのだと思います。二人の少女の静かな成長の物語だと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
登場人物は、家庭教師と生徒という間柄であるが、本当にどっちが生徒でどっちが先生だかは、微妙なところです。生徒に教えつつ自分も教わっている、そんな感じの話です。テーマは母親の愛で、それぞれの事情で、それらを与えられなかった二人が、成長してゆくストーリー。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/30
形式: 単行本
 私は幸運にも、この本の出版後すぐに谷村志穂さんの講演を聞く機会がありました。そこで彼女はこう言っていました。「この本はお腹の中に子供がいたときにとても静かに書いた本です。本当は私は何が書きたいんだろう、と思って書きました」と。その言葉にとても興味を持ち読みました。帯のコピーの「わたしたち自分で強くなるしかないんだよ」が表しているように、自分と向き合う本でした。今、自分と向きあって葛藤している最中の自分にぴったりの本でした。とてもよかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック