通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】中古のため表紙に多少の使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL) 大型本 – 2013/7/30

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,130

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)
  • +
  • レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン集中講義
  • +
  • HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)
総額: ¥7,884
ポイントの合計: 238pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界水準のレスポンシブWebデザインを本気で学びたい人へ。
基礎から実践、応用テクニックまで1冊にまとめました。

スマートフォンやタブレットなど、マルチデバイスにワンソースで対応するWeb制作手法「レスポンシブWebデザイン」(RWD)。
Googleがスマートフォン最適化の手法として推奨するなど、海外ではWeb制作のスタンダードとして定着しつつあります。
本書では、RWDの基礎をチュートリアルでていねいに解説。
RWDの提唱者であるイーサン・マルコッテ氏が定義する3大要素「フルードイメージ」「フルードグリッド」「メディアクエリー」に準拠し、
流行に流されないベーシックなスキルを習得できます。
また、「実践編」として、国内でいち早くRWDに取り組んできた著者が蓄積した豊富なノウハウを多数紹介。
解像度に応じて複数の画像を切り替える「レスポンシブイメージ」、表組みを見やすくする「レスポンシブテーブル」、
マルチデバイス対応を見据えたナビゲーション設計のポイントなど、現場のテクニックを惜しみなく盛り込みました。
さらに「応用編」として、解像度に依存しない新しいRWDの考え方や、RWDの課題であるパフォーマンス改善のアイデア、
スマートテレビ対応のポイントも掲載しています。

■おすすめポイント
・レスポンシブWebデザインの基礎をサンプルでていねいに解説
・画像、動画、テーブルのレスポンシブ対応など、現場で実践できるノウハウが満載
・デザイニングインザブラウザー、パフォーマンス改善など最新テクニックが身に付く
・サンプルはWebからダウンロードOK

内容(「BOOK」データベースより)

本物のレスポンシブWebデザインを本気で学びたい人に。基礎から実践まで1冊にまとめました。イーサン・マルコッテ氏が提唱するRWDの3大要素「メディアクエリー/フルードイメージ/フルードグリッド」をていねいに解説。レスポンシブタイプセッティング、レスポンシブテーブルなど現場のノウハウが満載。RWDに欠かせないパフォーマンス改善のアイデアとテクニックも多数掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 232ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048863231
  • ISBN-13: 978-4048863230
  • 発売日: 2013/7/30
  • 梱包サイズ: 23.2 x 18.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,904位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
レシポンシブに今年(2016年)の四月から取り組む事になりました。
初学者なので、評判の良さそうな図書を8冊ほど完読しましたが、
つくづく思うのはwebデザインというのは変化が早くて
「一昨年の書籍は読んでも既に技術的に古くて使えない」という事ですね。
プロの方には常識なんだろうと思います。

この本はレシポンシブというもののコンセプトを勉強するには良い本です。
「昔の人がどのような考えで開拓したのか」がよく分かる。

しかし技術的な話はせっかく理解して覚えても、今日にはもう使えないのです。
改めてこの世界の変化の早いことと、「難しいなぁ」と読みながら思ったことが
今日ではすっきりカンタンに実現できるように技術が進んでいる、ということを
知りました。この本は歴史書です。読み物としては今でも楽しめますが
制作現場では古書なのだというのが実感です。
いち早くレシポンシブの制作に取り掛かりたいなら、いま一番新しい書籍を
迷わずすぐに読むことを強く勧めます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
実際にレスポンシブWebデザイン(同テーマの複数)の書籍を購入して比較しましたが、
本書がレスポンシブWebデザインの内容が最もわかりやすく正確に記載され、内容も必要十分に充実していると感じました。

・「レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン集中講義」
・「レスポンシブWebデザイン 制作の実践的ワークフローとテクニック」
・「レスポンシブWebデザイン入門 ~マルチデバイス時代のWebデザイン手法~ 」
・「レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法」

他の書籍で記載されている方法で実装を行ってみたら、スマホフレンドリーで引っかかってしまいました。

レスポンシブWebデザインはGoogleが推奨していますが、パソコンをレスポンシブWebデザイン化させようと
するとGoogle推奨していていない、コンテンツを非表示させてしまう方法になり本末転倒になります。

そういった意味で、モバイルファーストというコンセプトが必要になるのだと理解することもできました。
この書籍だけが、テクニックだけでなくコンセプトも記載していて、今のところ
正しく学ぶことができる唯一の書籍だと思います。

制作者だけでなく、ディレクター、発注者にも読んでいただきたい内容です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
「レスポンシブWebデザイン(以下、RWD)」の書籍はたくさんあるが、
本書が他書より優れているなと感じたのは、他書だとRWDの作り方を中心に技術の解説に徹している。
本書はこれらと一線を画し、前半にRWDが誕生した背景、考え方、これからのWebはどうあるべきか?
を丁寧に解説している点である。(中盤から後半には、RWDの作り方の解説有り)

フルードグリッド/フルードイメージ/メディアクエリーとか、
モバイルファーストの概念、RWD提唱者であるイーサン・マルコッテ氏やルーク・ウロブルスキ氏の紹介など、
他では聞けない話が、詳しく書かれている。著者の取材力には、頭がさがる。
各デバイスごとにリソース(HTML)を用意するんじゃなくて、一つのリソースで管理すると、
閲覧的にも、運営的にも、サーバの容量的にも良い。本当にエコな概念と思う。
そんな素敵で究極な理想、私も個人的には支持したい。だが、やはり現実は厳しく、
RWDが唯一の正解にはなれないと思う。

各業界サイトの特性やユーザーの動向、クライアント側の自己欲求満足度など、
いろいろな要因があり、現実的じゃない。
特に日本企業のWebサイトって、Web標準以前の2000年・楽天型サイ
...続きを読む ›
3 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
私はallWebクリエイター塾で、著者:菊池氏が講師をされている「レスポンシブWebデザイン講座」を受けた事のある者です。細かいレビューもあって恐縮ですが、参考になればと思います。

全体的に感じた事は、菊池氏らしい基礎、原理原則を大切に、コンセプトに基づいて説明がなされいる事、ただリファレンスを詰め込むのではなく、何故そうするのか?そうして行くべきなのかの説明があり、より、無理なく理解を深める事が出来ると思いました。

レスポンシブWebデザインというと難しそうですが、本の半分を占める1−2章で基本的な事がしっかり解りやすく書かれています。3−4章とテクニック的にも色々入って行きますが、基本を理解した上にステップアップしていくので理解しやすと思います。
例えば、スタイルベースとなるCSSにしても、「*(全称セレクター)リセット」⇒「reset.css」⇒「Normalize.css」⇒「Normalize.css(カスタマイズ)」と、段階を踏んで簡単なところから説明がされています。

デザインや新しい技術ばかりを追いがちですが、タイプセッティング一つ、理解して正しく出来ているのか?基本を見直すのにいいかと思います。知識のある方は一度ざっくり読んで「ここは知ってる」と思うような所があると思いますが、是非読み飛ばさずにじっくり読んでほしい本だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー