通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
レジェンドパソコンゲーム80年代記 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 シーグラス
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー・擦り傷。ページは概ね良好です。帯無し。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レジェンドパソコンゲーム80年代記 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/18

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,085

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • レジェンドパソコンゲーム80年代記
  • +
  • 80年代マイコン大百科
  • +
  • 激レア! お宝発掘!! 80年代マイコン読本
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

パソコンゲームの黎明期である80年代を彩ったソフトハウスと、彼らが生み出した名作の数々。そのなかには「今でも忘れられない」「忘れてはいけない」ソフトがある。実際にプレイできる機会がなくなりつつある現咲き、当時のパソコンゲームで遊んだことのない世代も増えている今だからこそ、語り継いでおかなければならないのだ!
PC8801などを中心としたパソコンゲームと、MSXのタイトルそれぞれ1000タイトル以上のリストを掲載!

出版社からのコメント

語り継ぎたい不朽の名作! 80年代パソコンゲームの記憶

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 183ページ
  • 出版社: 総合科学出版 (2014/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881818414
  • ISBN-13: 978-4881818411
  • 発売日: 2014/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 21 x 14.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,577位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/22
形式: 単行本(ソフトカバー)
 80年代のパソコンゲームを特集した本であり、それなりに当時を知る身としては懐かしく、
何ページにも渡るゲームリスト一覧を見ているだけでも楽しいです。しかし同著者の前作
80年代マイコン大百科もそうでしたけどこれも全ページが白黒である上、今回は文章が増えた
(といってもそんな深い内容でもありません)ため写真(画像)もそう多くなくビジュアル的に
結構寂しいというのが正直なところ。昔を知るあるいは懐かしむ資料としてはあまりお薦め
できないです。見所と言うか価値は前述の作品リストぐらいか。
よほど昔のパソゲーが好きな方以外はパスした方が…。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
80年代当時、筆者は中学生でした。
当時、日曜の朝に12チャンでパソコン専門の番組がやってい(タイトル忘れた)その番組内のパソコンゲームの紹介コーナーを毎週楽しみに観ておりました。
ザナドゥがとにかく人気があって、友人の家にあったX1と言うパソコンで遊ばせてもらったのを懐かしく思います。
当時パソコンは非常に高価であり、パソコンを持っているのは一部の富裕層のみ。
筆者の家は決して裕福ではなく、ファミコンですらやっと入手した位であり、パソコンゲームはTVの中で観て想像するだけでした。
さて、長々と思い出話しをしてしまいましたが、本書はそんな当時の記憶と思い出を呼び覚ますだけでなく、当時では知りえなかった事情まで網羅しております。
当時、パソコンでゲームを遊んでいた世代だけでなく、パソコンが欲しくても買ってもらえず、悶々としていた方にもオススメです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
80年代初頭にAVGで幕を開けたPCゲーム。中頃からRPGへとシフトしていき、美少女ゲームが牽引して16bit機へと流れた時代。
この書籍はその推移を俯瞰で捉えた秀作。とくに「ベーマガ」で「チャレンジAVG」などを執筆して活躍した山下章さんの功績を記してある。
この手の書籍は、その時代を知る者でなければ共感を得にくく、まったく新しく80年代PCゲームを知りたいという層には響かない。懐古主義者だけが楽しめるという点が残念だ。
細かな資料とするには分量が足りないが、あえて著名なゲームとソフトハウスのみを取り上げてその推移を堪能できるので、旧来のPCゲーマーであれば一読する価値はある。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
中身を見られたら買わなかった本ですね。

紹介しているソフトに関しては、まぁ王道かな、と思うあたりは大体チェックしているし、当時の雑誌広告の一部も抜粋で載っているので、悪くはない。
ただ、王道すぎてチェックが甘い、と思うところが多いのも事実なわけで…思い入れのある人には必要ないもの、と言っていいかも。

個人的に、FM-77AVのアムノークがリストにすら載っていなかったので、減点対象とさせてもらいます。
どうしても、マイナーハードのソフトってこういう本では取り上げられないことが多い、というのはわかってるんですが…。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告