この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌] 雑誌 – 2011/6/15

5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2011/6/15
"もう一度試してください。"
¥ 878

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

この雑誌について

入門者からマニアまでレコード愛好者は必読


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ミュージックマガジン; 月刊版 (2011/6/15)
  • ASIN: B0053SEGBS
  • 発売日: 2011/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

キャンディーズ特集(トータル52ページ)しか読んでいませんが、CDBOXのブックレットのような素晴らしい出来です。
解散後の商品や番組などについても触れられていて、今もファンであり続ける人にはたまらないバイブルです。とても情熱にあふれた記事で30年以上も前のことをよくもここまで記事にしてくれたと感激しました。ブックレット目当てにCDを買うより、こちらの方が断然おススメです!
タイムカプセルに携わった方がレア音源について詳しく解説してくれています。
個人的にはこの本はトレジャーの次に匹敵する感激でした!
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kenken トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/24
快挙ですね。

単なる特集ではなく、巻頭特集であり、レコード・コレクターズの表紙をこのキャンディーズの3人が飾る日が来るなんて、誰が予想したでしょう。
最近は単なる惰性で昔の音楽を聴いているのでは?という自分に対しての疑問があって、それまで毎号買っていたレコード・コレクターズを最近は店頭でぱらぱらと見て、特に興味を引かれなければそのまま買わないというスタンスだったのですが、この7月号は気がついたら買ってました。

編集後記で、ちょっとだけ触れてますが、実際にキャンディーズを巻頭特集にもってくるまでには編集部では多分「多少の紆余曲折」とかではなく、ものすごい議論があったのではないでしょうか。
編集部の英断に感謝ですね。

ものすごいマニアということでなければ、この一冊とあとは彼女たちが残した音楽や映像があればあとはなにもいらないくらい充実した内容だと思います。
ニュー・ミュージック・マガジン(現ミュージック・マガジン)78年5月号の中村とうようさんの記事が再録されてますが、とても興味深い文章です。
音楽好きの方は、この文章を読むだけでもこの本を買う価値があると思います。
当時読んだはずなのですが、憶えてなかった。再録されててよかった。

とにかくキャンディ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 閃閃 投稿日 2011/7/11
しばらく買っていなかったレココレ誌ですが、歌謡アイドルのキャンディーズについて、どんな記事を書いているのだろうかと、興味津々購入しました。いつもどおりの詳細なディスコグラフィと各関連記事は、とても面白く、評論や解説というより、思い出話が花盛りという感じで読みました。ただしキャンディーズの歌の魅力を紹介して、新しい聴き手を増やせるような内容になっているのかはちょっと疑問です。

個人的に嬉しかったのは、私の一番の愛聴曲であり愛唱曲でもある『哀愁のシンフォニー』が屈指の名曲とされている点や、ミキちゃんの歌手としての実力や『わな』が高く評価されている点(私はミキちゃんファン)です。

また、あの中村とうよう氏が、あの「ニューミュージックマガジン」誌上で、あんなまじめなキャンディーズ論を書いていたとは、笑えました。でも『やさしい悪魔』がピンクレディーに向いているなんて見当違いもいい所だと思います。

私にとってのキャンディーズの魅力とは、解散宣言のあたりを境に名曲を連発し、三人揃って日を追ってどんどんきれいに魅力的になっていった、魔法のような時間を見せてくれたことだったのだなと、思い出させてくれた本でした。そしてキャンディーズの名曲の数々は、日本のポップスのスタンダードとして、もう少し広く取り上げられても良いのではないかとの思いを
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
キャンディーズが表紙だったので何となく購入(ゴメンなさい)。自分の生きてきた時代をコメントされるというのは奇妙な感じ、それだけ年喰ったということか(笑)。
当時キャンを叩いてたマスコミが、昨今は彼女らを伝説化しているのを見ると、なんか勝手だよなって今更ながらも執念深く思うが、単なるセンチメンタリズムか。。。
それとも、俺らの年代が、当時彼女らを叩いていた奴らと入れ替わった結果なのか、その辺りのマスコミ事情がよく解らないが。。。
思うに、最初からフェアだったのは、ニッポン放送くらいだった、懐かしいなぁオールナイトニッポン、今住んでるマンションでは電波が入らんわぃ。。。
すべてが去勢されて、なす術もなく、ただただ白けていたあのときにあって、彼女たちはアイドルというよりもっとずーっと身近に感じられる憧れのお姉ちゃんであった。
それだけにキャンは特別、そう特別なのだ。
もう少し早く生まれていたら火炎瓶を投げてたが、俺たちが投げたのは赤、青、黄色のテープだった。
Cynthia、浅田美代子、聖子ちゃんも大好きだが、ちょっと違うのだ。
大学時代に淡い気持ちを抱いていた年上の先輩(勿論、女だよ)に会うような、今でもそんな気持ちにさせてくれる。
ミキちゃん、ランちゃんを前にしたら、背筋が伸びて敬語になっちゃい
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック