中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 クック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易な梱包で発送させて頂きます。万が一不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫) 文庫 – 2009/3/31

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今回の仕事のターゲットは国土交通省のキャリア官僚だ。渋谷の雑踏から後をつけたレインは、山手線の車内で相手に接近する。一瞬後、ターゲットは昏倒し、そのまま死亡した。誰が見ても心臓の発作による自然死だ。作戦完了。ところが、数ある仕事のうちのひとつに過ぎなかったこの暗殺が、彼の運命を一変させることになるとは……孤高の暗殺者ジョン・レインに危機が迫る。大都会・東京を舞台に描く謀略と裏切りの追跡劇

内容(「BOOK」データベースより)

今回の仕事のターゲットは国土交通省のキャリア官僚だ。渋谷の雑踏から後をつけたレインは、山手線の車内で相手に接近する。一瞬後、ターゲットは昏倒し、そのまま死亡した。誰が見ても心臓の発作による自然死だ。作戦完了。ところが、数ある仕事のうちのひとつに過ぎなかったこの暗殺が、彼の運命を一変させることになるとは…孤高の暗殺者ジョン・レインに危機が迫る。大都会・東京を舞台に描く謀略と裏切りの追跡劇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 493ページ
  • 出版社: 早川書房 (2009/3/31)
  • ISBN-10: 415178151X
  • ISBN-13: 978-4151781513
  • 発売日: 2009/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 691,283位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2009/4/8
形式: 文庫
主人公は、ジョン・レイン。
アメリカからも日本からも受け入れられない、ハーフの孤高の暗殺者です。
ヒロインは、アメリカでの生活経験のあるジャズ・ピアニスト川村みどり。

ジョンがみどりの父親を暗殺するところから、物語は始まります。
そして、次に来た指令がみどりの暗殺でした。
みどりに心惹かれるものを感じていたジョンは、事件の裏に潜む深いものを感じ探って行きます。
そうしてゆく内に、日本の暗部が見えてきます。

日本での滞在経験がある作者の日本への造詣の深さが、東京の町の精緻な描写と主人公たちのリアルな表現で、臨場感溢れる物語にしています。
畳みかけるような緊迫感が、ジョンとみどりのロマンスを味付けにして、魅力的なサスペンスを演出しています。
今回、映画化されると言うことですが、確かに、映像化したくなるような物語のつくりになっており、息をもつかせぬ展開は、読む者を一気に東京の闇の世界へ引き込んでゆきます。

東京を舞台にした、なかなか面白い一編です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
バリー・アイスラーは、日本を舞台にしたこのデビュー・サスペンスで一躍注目を集めた。そして<雨−レイン−>のタイトルでシリーズ化されている。また、主役の殺し屋ジョン・レインを椎名桔平が、そして相手役のジャズピアニストみどりを長谷川京子が演じて、かなり脚色されているらしいが映画にもなった。

日米ハーフのジョン・レインはヴェトナム戦争を体験したフリーランスの殺し屋だ。彼はターゲットを自然死に見せかけて殺すことで、これまで幾度も政治がらみの暗殺を手がけてきた。今回の依頼も難なくやってのけた。しかし、暗殺したキャリア官僚が持っていたであろう、国家機密が隠されたディスクをめぐって、彼は国家的な陰謀の渦に巻き込まれることになる。レインは偶然出会ったその官僚の娘みどりと共に、CIA、政界の黒幕、そして警察庁からも追われる立場になる。

本書は、レインに何度も降りかかる危機を脱するアクションシーン、みどりとレインに芽生える恋愛感情、ハーフであるが故のレインの煩悶、レインにいつまでもつきまとうヴェトナム戦争の忌まわしい記憶と、読みどころは多いが、根底にあるのが日本の裏社会・政治サスペンスであるため、緊張感が途切れることのない厚みのある骨太の物語となっている。

それにしても驚くのは、本書がアメリカ人の手による小説であるという点だ。レインが乗
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告