この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レインメーカー [DVD]

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 722より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マット・デイモン
  • 監督: フランシス・フォード・コッポラ
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/11/25
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000657R8C
  • JAN: 4988102036737
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,843位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   悪名高い弁護士事務所に雇われ、仕事も自分で探し取ってこなければいけないという厳しい状況の中、情熱だけを胸に頑張り続ける若者ルーディ(マット・デイモン)が、保険会社を相手取った訴訟を担当することになり、その過程で社会的に弱い立場にある人々と接し、彼らのためにつくそうと決意していくまでを感動的に描いていく。
   ジョン・グリシャムの『原告側弁護人』を原作に、フランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した青春ヒューマン法廷ドラマ。主人公をめぐるキャストにクレア・デインズ、ジョン・ボイト、ミッキー・ローク、ダニー・デヴィートなどそうそうたる面々が登場し、映像に凝るのではなく、あくまでも人間重視といったヒューマン・スペクタクルの側面を兼ね備えているのがいい。(的田也寸志)

レビュー

製作総指揮・監督・脚本: フランシス・フォード・コッポラ 製作: マイケル・ダグラス/スティーヴン・ルーサー/フレッド・ファーカス 原作: ジョン・グリシャム 撮影: ジョン・トール 音楽: エルマー・バーンスタイン 出演: ルーディ・ベイラー/マット・デイモン/ケリー・ライカー/クレア・デインズ/レオ・F.ドラモンド/ジョン・ボイト/タイロン・キプラー/ダニー・グローヴァー/デック・シフレット/ダニー・デヴィート/ドット・ブラック/マリー・ケイ・プレイス/ブルーザー・ストーン/ミッキー・ローク/ウィルフレッド・キーリー/ロイ・シャイダー
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ガラクタ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/10/14
形式: Blu-ray
原作はジョン・グリシャム、監督はフランシス・フォード・コッポラによる法廷劇でキャストも実に豪華な
顔ぶれだが、そんなに緊張するような作品ではないというか意外とリラックスして鑑賞できる作品
だと思う。主人公はマット・デイモン扮する新米弁護士ルーディだが、とりあえず前半では彼は司法試験
の勉強中という構成で、まあ法廷ものというよりかは若き弁護士が体験するドリームとリアリティ

のギャップを描いた青春ものと言ったほうが分かりやすいかもしれない。この作品の場合制作は
マイケル・ダグラスによるものだが、まさに彼の特徴というか個性みたいなものが作品に表出されている
のである。それは作品に見られる時代感覚あふれるテイストで見てとれるからである。

また監督、総指揮のコッポラお得意の家族愛というか父と息子の関係をうまく描かれている作品でも
あると思います。正義感に燃えるマット・デイモンとニセ弁護士ダニー・デヴィートの対比が面白いのだ。
監督が偉大な人で法廷ものというイメージでとらえるといかにもとっつきにくい大作のような作品

に考えられがちだが、そんなことはなく誰でもが楽しめるような作品に仕上げている点は好感が持てました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
見終わってからコッポラ監督作と知りましたがとても見やすい作品です。
各人の好演もありますがキャスティングがまた適材適所だと感じます。
マットデイモンの弁護士役はまさにハマリ役でこの手の役柄がマッチします。
弱者救済の理念を抱き依頼人を第一に考える主人公の熱意が伝わります。
またミスマッチなコンビも微笑ましいです。
法廷とヒューマンドラマをうまく描いてます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ジョン・グリシャム原作、コッポラ監督とは思えないほど
地味な作品です。でも内容は濃く、関心をもつ視点によって
様々な感想をもつことができる傑作ですね。

マット・デイモン演じる貧しくで無名の新人弁護士が、
老獪な弁護士率いる大企業に保険の倍賞を巡って戦いを
挑むリーガルストーリーです。
貧困階級から金銭を巻き上げて搾取する保険会社との戦いが
メインな訳ですが、一方でこの貧困階層側に立つ弁護士と、
富裕層側に立つ弁護士の階級闘争のような戦いぶりに
目を奪われます。

アメリカの訴訟社会の様子は最近「グッドワイフ」を観ていて
随分で理解できるようになりましたが、
マット・デイモンのような倫理観に燃えている若者が
弁護士を目指すことがかなり「夢物語」であることが
はっきりわかります。

マット・デイモンが高額訴訟を扱うばかりのベテラン弁護士に向かっていう一言。
「自分の良心を捨てた日を覚えてますか?」
レインメーカー=お金を雨のように降らせる人。
弁護士にとっての「倫理と良心」がどこにあるのかを考えさせる傑作です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/9
形式: DVD
訴訟王国アメリカでは弁護士が余っているという。
でもその中で主人公の彼は、コネもないまま弁護士として歩きだす。
そんな彼を待っていたのは、弱者を食い物にする悪徳保険業者と
いつの間にか良心を失ってしまったベテラン弁護士たち。
ストーリーとしては、日本人に受けやすいというか、悪者を倒そうと
頑張る若者を描いているので、とても見やすいです。
法廷ものではありますが、推理を楽しむのではなく、
一人の弁護士がいかにして弁護士らしくなっていくかを描いた
ドラマという感じですね。
原作を読んでみましたが、とても忠実に作られているのも
うれしかったです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2010/11/30
形式: DVD
コッポラといえば超大作をイメージしてしまうが、このような作品を作っていたとは全然知りませんでした。どちらかといえば地味な部類ですが、俳優さんは飛び切りすごい面々が集まっていて、音楽もエルマー・バーンスタインですし、一つ一つ見ていけば超大作なんですよね。特にダニー・ディビートとミッキー・ロークは実に味のある役どころで、最近は脇役のミッキーのほうが印象に残ることが多いように思う。原作はあのグリシャムです。こういう作品も書くんですね。あんまりハラハラドキドキはしなかったです。意外と正攻法な「正義は勝つんだ」という正面突破の熱血もののジャンルに属してしまうような作品です。見てよかったですよ。是非見てください。あっそうそう、おばあさん役のテレサ・ライトも見逃せません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す