中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: JP冊子メール便、又はクロネコDM便で送らせて頂きます。 ※出品は中古本を致しております。 状態の判断はあくまでも中古レベルでの判断になります。 ※ほぼ新品…帯有など無傷の状態で判断します。 ※非常に良い判断…傷の少ない状態の本となります。 ※良の判断…傷(経年相応の傷み)はありますが、読むことには支障のないものになります。 ※可の判断…経年(昭和発行等)相応の傷み(日焼け・傷み)がございます。 事・辞典や参考書はラインを引いた跡がある場合もあります。 ご注意…出品の本は店頭での販売もあわせて致しておりますので弊社にて在庫を確認してからの最終受注となります。 予め、ご注文頂く際には条件をご了承の上 ご注文をよろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

レインボーズ・エンド下 (創元SF文庫) 文庫 – 2009/4/5

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

テロの可能性を予見したインド・ヨーロッパ連合の諜報機関は、ウサギと呼ばれる正体不明のハッカーを雇い調査を開始するが……。ヴィヴィッドな筆で描かれる拡張現実世界!

内容(「BOOK」データベースより)

バイオ研究所をのっとる計画を進める中でウサギが重要なターゲットと狙い定めた相手こそ、75歳の高名な詩人ロバートだった。ウサギは彼を、研究所に隣接するサンディエゴの大学図書館に誘導する。そこでは現存する本をすべて細断し、独占的にデジタル化するという暴挙がなされようとしていたのだ。反対運動が激化する中、計画の裏側で、ウサギは雇い主の思惑をこえた行動に…。ヒューゴー賞・ローカス賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2009/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488705065
  • ISBN-13: 978-4488705060
  • 発売日: 2009/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 668,995位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/7/21
形式: 文庫
ヒューゴー賞、ローカス賞受賞作。
2030年代の近未来世界を描く。その世界では、今よりもネットワーク化が進み、ユビキタス・コンピューティングが実現している。コンピュータも身に付けるものになっており、ありうべき未来の姿だ。
そんな世界で、図書館にある紙の本のデジタル化というイベントに絡み、国際的な謀略が行われようとしている。そこに巻き込まれた主人公たちの活躍が描かれている。

しかし、面白いな、こういう近未来SF。宇宙人とか出てこないのがいい。
ネットワーク化、デジタル化が進むこの社会に対する批判みたいなメッセージも感じるが、基本的に著者は善意の人。技術が発展しても、それを悪用する人もいれば、それをよりよい世界を築くために使う人もいる。テクノロジー賛美というわけはないが、単なるテクノロジー批判でもない。とても理性的な人なんだろう。

もっと読みたい作家だけど、かなりの寡作。この小説も、最後までいっても解き明かされない謎もあり、是非続編が読みたい。

あぁ、面白かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白く読ませるエピソードや、感動的な場面、SF的な驚きを示すシーンなどありますが、全体としてまとまりや整合性にかける面があります。
そこそこ面白いので最後まで読ませますが、ニューロマンサーのように衝撃的な未来世界のビジョンが提示されるわけでもなし、既存の価値観を激しく揺さぶられるわけでもないので、しばらくすると読んだことを忘れてしまいそうです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告