レイクサイド マーダーケース [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品です)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: スマイルブックス ☆GWの連休中も年中無休で発送しております☆
カートに入れる
¥ 4,480
通常配送無料 詳細
発売元: CD&DVD-store ☆★迅速かつ丁寧に発送します★☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レイクサイド マーダーケース [DVD]

5つ星のうち 3.1 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,979 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 125 (3%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ハッピーグリーン書店★[年中無休、迅速発送]★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,979より 中古品の出品:13¥ 497より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • レイクサイド マーダーケース [DVD]
  • +
  • さまよう刃 [DVD]
総額: ¥8,079
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 役所広司, 薬師丸ひろ子, 柄本明, 鶴見辰吾
  • 監督: 青山真治
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/07/29
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009NW5A6
  • JAN: 4988632501422
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,475位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   子供の中学受験のための勉強合宿で、湖畔の別荘に集まった家族3組と家庭教師。ところがそこで殺人事件が起こる。殺されたのは若い女性。彼女は参加した家族3組のうちの一組、並木家の父親の愛人だった。そして「私が殺したの」と妻の美菜子は告白するが。『EUREKA』などの作品で国際的にも評価の高い青山真治監督が、東野圭吾の小説『レイクサイド』を映画化。役所広司、薬師丸ひろ子、杉田かおる、柄本明、豊川悦司など、個性派の役者陣が、勉強合宿の裏のドロドロとした人間関係を重厚な芝居で見せる。特にのらりくらりと振る舞いながらも、毒気たっぷりの柄本明がすごい。本格的推理ドラマを期待すると、謎解き要素は薄く、少々物足りないかもしれないが、真実が明らかになる瞬間はやはり気味悪く、ゾッとすること間違いなしだ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

同名の東野圭吾原作の人気ミステリー小説の映画化。日本を代表する役者・役所広司と薬師丸ひろ子が存在感のある厚みのある演技をみせてくれる。また柄本明、鶴見辰吾など個性派の演技も光る作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 全編を流れる重々しい緊迫感、一寸先の見えない展開。別荘にいた誰もが怪しく見える事件の「謎」。予想をはるかに超える面白い映画であった。別荘の持ち主であり、死体処分案を推進する父親に、柄本明。有能だが寡黙にして謎めいた塾講師に、豊川悦司。別居中の妻が愛人を殺害したことで、事件に巻き込まれ、真相解明に躍起になる主人公、役所広司。彼が死体処分とアリバイ工作の間、何度も逡巡し、場違いな正論を主張するシーンに視聴者は相当のストレスを感じるだろう。正に、熱演といって良い。しかし、やはり特筆すべきは薬師丸ひろ子の存在である。家庭が崩壊していることを他の参加者に悟られまいと、仲の良い夫婦を演じる役所と薬師丸が、二人だけの場所で展開する会話のリアルな緊張感が凄い。好いた惚れたの甘い時期を過ぎ、感情のすれ違いの果てに完全に冷め切った夫婦が置かれた状況の恐ろしさを見事に描いている。
 薬師丸の台詞回し、声のトーン、動作、目の動き。そのひとつひとつが、再婚相手に裏切られ、実の娘に立派な人生を歩ませることだけに執念を燃やす「普通の主婦」の強い意志と体温を感じさせる。まさか、彼女がここまでリアルで、恐ろしい女性を演じることができるとは、往年のファンも度肝を抜かれたに違いない。清純無垢で慈母のように愛情深い薬師丸ひろ子のイメージとの落差の大きさから、彼女の冷たい視線、毒を帯びた言葉の鋭さにかえって快感
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HY28 投稿日 2013/3/8
形式: DVD Amazonで購入
東野圭吾の原作を台無しにする作品で、がっかりしました。
キャストが豪華なので期待していたのですが、
原作とは全く違う作品でしたし、内容もぐっと薄められていて残念・・
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あまりハマりどころがない映画だった。ホラーなのかミステリーなのか、登場人物である3組の夫婦の考えも理解できないし、子供達もよくわからないので、うーんなんだったんだろうという感じで、最後は急にファンタジーになって終了。☆2.5
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 正直、東野さんの原作の中では少々つまらないほうのイメージがあり、映画も期待せずに見たのですが、見事に期待をはずされました。
 こんな重厚な物語だったっけ!? と鑑賞後のヘビーさはなかなかのもの。未来を暗示するような最終カットの恐ろしさに戦慄しました。
 物語はお受験のため、勉強合宿にきている3組の家族。そこへある家族の男の愛人がやってきて・・・、とありきたりはパターンで始まりますが、後半からラストにかけての展開は予想を覆す展開でなかなか面白いです。
 キャストがいいですね~。ここまでつぼをはずさないキャスティングはなかなかないでしょう。キャスティングを考えた人は凄いです。しかし、鶴見辰吾、杉田かおりの夫婦の組み合わせは・・、やってくれますねえ~(笑)。
 DVD化のさいの5.1chサラウンドですが、あまり臨場感が増してなかったぞ。かえって台詞が聞こえにくく(薬師丸ひろ子さんの台詞の聞きずらかった事)、2.0サラウンドと大差ないように感じました。もうすこし力を入れてリミックスしてほしかったなあ。
 なにはともあれ、もう一度原作を読み直そう。こんなに面白かったとは意外でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/4/19
形式: DVD
自分が見た限りの映画化による変更点を挙げると・・・

その1 細かいカット→家族の数、ボートが裏返ること、主人公の子供の工作、グループ内の「自由恋愛」、学校側の人との肉体関係等多数

その2 細かい追加→子供の「残酷な部分」を見せる描写、ライターを湖に落としたこと、最後のミイラ等

その3 教師の過去が述べらたり教育(受験)に関する不満を叫んだりと、原作より物語に絡む

これに関して「1」は話を2時間弱にまとめる上で仕方ないと思う。
個人的に家族間での不倫(の様な関係)は「変わった人たち」ということを強調する設定だったとしてもどうかと思ったので消されて良かったが、病弱な奥さんが存在しないこともあり、その「変わった」部分はあまり重要ではなくなった印象を受けた。

また、「2」の場合、主人公の子供(女の子に変更されている)の言葉遣いや顔つきなんかがちょっと伏線として強すぎるかと思う。これは原作とは違って話の結果を予想しやすいものとしている。

でまあ、それらを踏まえての「3」なのだが、原作よりも遥かに「親馬鹿度」が増している。
もっと主人公の役所広司の心情変化を強く見せたほうが良かったと思うし、そういう意味では車につけられた工作が無くなったのは何で
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー