この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルー=ガルー ―忌避すべき狼 (2) (リュウコミックス) コミックス – 2007/11/20


その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
コミックス
¥ 1
コミックス, 2007/11/20
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

“パイドバイパー”と呼ばれる世界規模の疫病災害から十余年……。世界は汚染された自然食料から切り離され、人工的な合成食品で維持されていた。皮肉にも人類という種は食物連鎖から解脱を手にしていた。それと同時に新たなる道徳観が構築され、少なくなった人類を維持、管理するためにすべての国民は“端末”と呼ばれる機器を身につけることが義務とされていた。ネットワークの終端が人のあるべき位置となったのだ。
14歳の主人公、牧野葉月が所属する“学校”では新児童保護法による管理が行われる最新の教育施設だが、その周辺で奇妙な殺人事件が起こり始める。次第にその渦中に巻き込まれてゆく葉月だが……。

著者について

京極夏彦(きょうごく・なつひこ)
北海道出身。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。代表作には、デビュー作より続く「京極堂シリーズ」をはじめ、直木賞を受賞した『後巷説百物語』、山本周五郎賞受賞作『覘き小平次』、ほかにもギャグ満載の『どすこい。』などがあり、作風はバラエティにあふれている。小社刊『ルー=ガルー』は近未来を舞台にしたSF少女武侠譚である。
樋口彰彦(ひぐち・あきひこ)
前リュウの創刊年に生まれ、長野県出身。2003年、『少年エース』(角川書店刊)
誌上にて「恋するエレクトロン」でデビュー。
読み切りなどいくつかの作品を発表後『COMICリュウ』で本作を連載。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2007/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199500618
  • ISBN-13: 978-4199500619
  • 発売日: 2007/11/20
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。tennis racket卓球 ラケット バタフライ