通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ルールに従う―社会科学の規範理論序説 (叢書《制度... がカートに入りました
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルールに従う―社会科学の規範理論序説 (叢書《制度を考える》) (日本語) 単行本 – 2013/2/8

5つ星のうち4.5 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥6,380
¥6,380 ¥4,200
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 7月11日 - 12日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
1 時間 9 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ルールに従う―社会科学の規範理論序説 (叢書《制度を考える》)
  • +
  • 制度とは何か──社会科学のための制度論
総額: ¥9,900
ポイントの合計: 99pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

道徳性こそ合理性の根本に存在する。ゲーム理論、分析哲学、社会心理学、認知科学、進化論等を駆使して繰り広げられる奇才ヒースによる社会科学者のための現代哲学入門。

著者について

【著者】ジョセフ・ヒース
トロント大学准教授(哲学&公共政策)。
著書に『資本主義が嫌いな人のための経済学』(NTT出版)がある。

【訳者】瀧澤弘和(たきざわ・ひろかず)
中央大学経済学部教授。
共訳書に『比較制度分析に向けて 新装版』『市場を創る』(ともにNTT出版)がある。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
評価の数 6
星5つ
49%
星4つ
51%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2014年9月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2013年5月17日に日本でレビュー済み
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年2月27日に日本でレビュー済み
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月3日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年1月2日に日本でレビュー済み