通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ルンガ沖の閃光―日本海軍駆逐艦部隊対アメリカ海軍巡... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 concerto文庫
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯ありません。2008年9月26日、第1刷です。カバーに軽いヨレ、スレ、小キズ、小ヨゴレ等あります。ページに書き込み、マーカーありません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ルンガ沖の閃光―日本海軍駆逐艦部隊対アメリカ海軍巡洋艦部隊 単行本 – 2008/8/1

5つ星のうち4.4 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,180
¥4,180 ¥2,088
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1942年11月30日に生起したルンガ沖夜戦(米側呼称:タサファロンガ海戦Battle of Tassafaronga)は、ガダルカナル島をめぐって行なわれた多くの戦いの中の最後のものであり、日本海軍駆逐艦部隊が、アメリカ海軍巡洋艦部隊に勝利した戦いである。日本側からの記述になる著書の多い中、本書は米部隊の前衛駆逐艦3番艦「モーリー」(USS Maury DD‐401)の砲術士官であった著者の手により、米軍から見た11月30日夜の本質と、神秘のベールを剥がしていく。そして、この忘れられた戦闘が、長く困難な戦役における単なるひとつの踏み石ではなく、米海軍とその兵器の本質そのものが試された試練の場であったということ、それは、現実と異なる状況のもとで存在したかもしれないもの―真に破滅的な敗戦―の縮図であることを著者は発見したのである。

登録情報

  • 発売日 : 2008/8/1
  • ISBN-10 : 4499229731
  • ISBN-13 : 978-4499229739
  • 単行本 : 253ページ
  • 出版社 : 大日本絵画 (2008/8/1)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 6個の評価