通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: S76-196 金成隆一 2014/2/14 第2刷 カバー・帯付 標題紙に書き込み跡あり メール便可
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/26

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/12/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 637

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃
  • +
  • 世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション
  • +
  • ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)
総額: ¥4,558
ポイントの合計: 139pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「良質な高等教育は特権ではなくなった」――ハーバード大、マサチューセッツ工科大、スタンフォード大など、名門大学がインターネットで次々と講義の無料配信を始めた。全世界から集う受講生は700万人を突破。大学や企業は、受講生のデータを分析して、人材獲得競争を開始。日本の大学や高校はどうするのか。無料オンライン授業の創設者から各地の利用者の声まで。徹底取材にもとづくルポ。

内容(「BOOK」データベースより)

「良質な高等教育はもはや特権ではなくなった!」―ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学など、名門大学がインターネットを使って次々と講義の無料配信を始めた。全世界から集う受講生は700万人を突破。大学や企業は、受講生のビッグデータを分析して、教育方法を改善したり、人材の獲得競争を開始した。日本の大学や高校はどうするのか。無料オンライン授業の創設者から各地の利用者まで、徹底した現場取材を敢行した瞠目のルポ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400002230X
  • ISBN-13: 978-4000022309
  • 発売日: 2013/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,959位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

2012年からはじまり、2013年に爆発的に世界中で広まってきたMOOC(大規模公開オンライン講座)。朝日新聞紙上などで精力的にその紹介をしてきた著者(朝日新聞記者)が、それを1冊にまとめた著作だが、大幅に加筆修正・体系化しており、これ1冊でMOOCの現状が非常によくわかる本に仕上がっている。
特に圧巻は第4章のモンゴル取材だ。MOOC講座満点でMITに合格した16歳のバトゥーシグ君は一躍有名になったが、それを生み出したモンゴルの先生たちの努力と環境づくり、そして彼がMITに行けたのはMOOC満点ではなく、彼が「自発的に学びを深める素養があること」だという観察は感動的である。その「自発的な学び」こそ、このMOOC革命の原動力なのではないか。
MOOC誕生のいきさつ、それをつくった人々の思い、それを使う人たちの感動と波紋、ひるがえって日本はどうしたらよいかという提言がちりばめられている。
京都大学の飯吉透教授がOpen Educationについての第一人者で、その講演録などの情報量は比類ないが、ここ1〜2年のMOOCに絞ると、このルポが一般読者にはわかりやすく、参考になる。個人的な意見だが、Open Educationの無限の可能性について確信を深めることができた。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本を読み終えてすぐにムークの講義に登録した
無料でムークを使えるのに、やらないのはもったいない。そう思わせてくれた本だ
ムークについて日本語で読める初の書籍ではないだろうか
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オープンエデュケーションの現在について的確にまとめられている好著である。去年偶然新聞で知ったMOOCのことは頭の片隅に残っていて気になっていた。教育の大きな可能性を感じさせてくれる1冊。その気になれば何歳だって始められる。学生だけでなく学び(直し)たいシニア世代にも最適。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告