通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルポ 産ませない社会 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ルポ 産ませない社会 単行本(ソフトカバー) – 2013/6/21

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 49

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルポ 産ませない社会
  • +
  • ルポ 保育崩壊 (岩波新書)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「産めない」のではない。社会が「産ませない」のだ----。
まるで、「子どもが心配なら家で(母親が)みろ」と言わんばかりの環境が整ってはいないだろうか。

マタニティ・ハラスメント、“孤育て"、妊娠解雇、職場流産、ベルトコンベア化するお産……なぜ今、子どもを産むことに前向きになれないのか。
子育てを未だに「女性」に押しつけ続ける現実を問う、痛切なルポ。

<目次>
【第1章 なぜ、親になれないのか】
今、親になると孤立してしまう理由/就職氷河期世代が妊娠期に抱える問題/妊娠を理由にした雇い止め/
年々増える35歳以上の高年齢出産/アラフォー助産師/消費される“婚活・妊活"/“女性誌的"育児の間違い/
自分の満足のための妊娠/「命の選別」につながる出生前診断/「産後うつ」と向き合う/3人の子を置いて“失踪"した妻/
困難を極める都市部での育児/近所のおばちゃん・おじちゃんの存在/新生児訪問で感じる危険信号/
親になることを否定する職場/男性の育児休業の現実

【第2章 ベルトコンベア化するお産】
悲鳴を上げる産科医療/足りない産婦人科医/産科医療の危機レベル/医師が忙しすぎることで起きる弊害/どこに勤めても悲惨/
「病院によって、こうも違うものか」/“セレブクリニック"でのお産/「あっさり検診」への不安/
激減するベテラン助産師/地方で強まる悪循環

【第3章 奪われる子どもの幸せ】
苛酷な労働を強いられるNICU/丁寧なケアが否定される/「ありがとう」が消えた職場/貴重な小児科医の妊娠解雇/
親が育つチャンス/この病院で産んで良かったと思えるか/なぜ女というだけで働けないのか/
幼稚園を追い出された「何もできない子」/ケアされる障がい者と、ケアされない障がい者/虐待を直視する現場/
乳児院で起きていること/「子育てはゲームでないと伝えてあげないと」/母子を孤立させる食物アレルギー

【第4章 良いお産に向けて】
赤ちゃんを迎える親に伝えたいこと/「仕事をしているからこそ、育児もがんばれる」/育児から復帰した助産師たちの声/
離職率を激減させた病棟/奮闘する地域の診療所/必要なのは「寄り添う助産師・叱ってくれる医師」/
医療の高度化の「その後」が問われる時代/子の居場所が少ないなかで/心疾患患者の明るい未来/好成績を収める「キャリアママチーム」/
見直されるべき母乳の素晴らしさ/注目されるカンガルーケア/
茨城県で初の「おっぱい券」/
支え合う場所をつくる/子どもを産める社会に向けて

出版社からのコメント

-

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309246222
  • ISBN-13: 978-4309246222
  • 発売日: 2013/6/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 231,429位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/8/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
「こうした社会の意識がある以上、マタニティ・ハラスメントが横行する。そして、母親となった女性は労働市場からの退場を余儀なくされ、ますます孤立していく。これはもはや、子供が欲しいと思っても、『産めない』のではなく、社会が『産ませない』と言わなければならない状況だ」。

とにかく、具体例が多いのが特徴だ。妊娠を契機に退職を勧められる、新生児の母親になった女性の孤独、産科医療現場の激務、虐待、乳児院、保育所、高齢出産、結婚相談所、障害やアレルギーを抱えた子供のケア。特に、妊娠解雇といった女性と仕事に関する問題と助産婦含む産婦人科及び乳児医療現場の過酷な状況ついて多くのページを割いており、読ませる内容になっている。この点に関しては、労作といってよい。

ただ、これだけ多くの例を取材して報告してあるのに、それではどうすればいいのかということについては具体的な対策の提言が乏しいことが残念だ。そもそも、原因についての説明が、ひたすら、社会の意識が悪い、女性が産めないのではなく社会が産ませないというのだというトーンに終始していて、それ以上の背景の掘り下げが甘い。例えば、著者は、アメリカやイギリスと比べて日本の医師の報酬が少ないことを問題視しているが、アメリカの医師の報酬が高いのは医療費が高いことと表裏一体であり、それを日本が見習ったら、それこそ高騰する医療費
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書は、女性が子どもを産み育てるリスクをこれでもかと明らかにする。
 これでも問題のほんの一端であろうが、子どもをつくろうとする人が読めば、うんざりするだろう。
 それでもこのようなリスクがあるのだと、事前に知ってリスク回避できるのであれば回避して欲しいし、友人知人にそのような子作りを考える人がいれば、教えてあげて欲しい力作。

 項目別にリスクをあげてみた。

職場環境の問題
 寿退社、妊娠解雇、将来を諦めて結婚するあきらめ婚、長時間労働の夫は家におらず孤育て、労働者の無知に付け込んで、育児休暇を取らせず、育児休業給付金を支払わない為の更新欄のない雇用契約書を交わさせる、男女雇用機会均等法違反の妊娠・出産を理由にした降格を行ない、それを「長く働けるよう、会社のあたたかい配慮」と言うコナミ、学生には「男女共生の子育て社会を作る人になりましょう」と教育しながらも、男性職員の育児休暇を妨害し、サービス残業や労働基準法無視の慣行のある私立大学、阪南中央病院の就労妊婦群の出産に対する流産は、03〜07年で874/134(15.3%)、非就労群では1725/187(10.8%)。

労働者としての医師
 毎日が当直かオンコール状態、激務で当たり前の産婦人科、当直回数は月5.7回(救急4.
続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読み応えがあり、まさに圧巻でした。ページ数が多いけれど、どんどん引き込まれて読み進めていくと、いかに現代の子育てが大変になっているのか。女性が妊娠をキッカケに退職に追い込まれ、母子が孤立化していくのかがルポからひしひしと伝わってきました。父親がいても、帰ってこれないのでは、母子家庭も同然。都会で子供と二人きりでは虐待も他人事ではないと感じました。
こうした現代の子育ての実態に続き、産む場所がどうなっているのか。産婦人科や助産師が足りない現状など、深刻な事実が目の前に広がります。筆者は、本当は子供はおめでとうと言われて生まれてくるもの。しかし、そうしたムードではないと危機を訴えています。どうにかしなければと強く感じました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告