Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 449

¥ 393の割引 (47%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[NHKスペシャル「消えた子どもたち」取材班]のルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書)
Kindle App Ad

ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書) Kindle版

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 449
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 385

商品の説明

内容紹介

役所や学校、地域も見逃していた 虐待の衝撃的事実!

18歳まで自宅監禁されていた少女、車内に放置されミイラ化していた男の子─。虐待、貧困、保護者の精神疾患等によって監禁や路上・車上生活を余儀なくされ社会から「消えた」子どもたち。全国初の大規模アンケート調査で明らかになった千人超の実態を伝えると共に、当事者23人の証言から悲劇を防ぐ方途を探る。2014年12月に放送され大きな反響を呼んだ番組取材をもとに、大幅に加筆。

[内容]
はじめに──なぜ「消えた子どもたち」は放置されるのか
第一章 一八歳まで監禁されていた少女
第二章 「消えた子ども」一〇〇〇人超の衝撃
第三章 貧困のせいで子どもがホームレス、犯罪に
第四章 精神疾患の親を世話して
第五章 消えた子どもたちの「その後」
第六章 自ら命を絶った「元少女」
第七章 「消えた子ども」の親の告白
エピローグ もう一度、前を向いて
おわりに──「消えていた」子どもたちが問いかけたもの
虐待が疑われる事案の通報先

出版社からのコメント

本書は、2014年末に放送されたNHKスペシャル「調査報告“消えた"子どもたち―届かなかった『助けて』の声」の書籍化です。
「消えた子ども」というのは、虐待や貧困などにより、自らの意思に反して社会から姿を消してしまった子どものこと。
18歳まで自宅監禁されていた少女や貧困により車上生活を強いられていた少年等の勇気ある証言と、取材班独自の大規模アンケートから浮かび上がったのは、想像を絶するような過酷な現実――。
本書では、番組では紹介されなかったケースや、証言してくれた子どもたちのその後について、また問題の背景についても追加取材がなされ、これまで見過ごされてきた「消えた子ども」問題についてのアウトラインを知ることができます。
読みどころは、なんといっても、「大人の言い分や評価でなく、生き延びた子ども自身の声を伝えたい」という取材班の切実な問題意識が投影された人物描写です。身の安全を手に入れたのちもフラッシュバックに苦しめられる日常のなかで、「自分と同じような目に遭っている子どもを助けたい」という一心で取材に応じた23人の子どもたち。うち6人については、本書で詳細な証言が紹介されています。
彼ら・彼女らが語る過去は凄絶としか言いようのないものですが、その一方で、理不尽な運命を受け入れ、前を向いて、ひたむきに生きている姿には、あたたかい希望の光を感じます。重要な社会問題を提起するルポとしてだけでなく、人生について書かれた物語としても味わいぶかい本になりました。番組をご覧になった方も、そうでない方も、ぜひご一読ください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2663 KB
  • 紙の本の長さ: 135 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2015/12/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019MG22GM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,665位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 招福犬 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/2/27
形式: 新書
色々な状況の中で、世の中から隔離されてしまっている児童の事案を徹底取材した本です。
ニュース等で表面化している児童虐待や虐待死が、世の中で起こっている事案のほんの一部でしかない現実。

私も両親に虐待されて育って来た人間ですが、私の経験して来た生活環境以上に、苛烈で過酷な人生を背負った子供達でした。

中でも勇気を出して虐待から逃れ、自分の運命と闘い苦しみ抜いた末に、自ら命を絶ってしまったケースに涙が溢れてしまいました。
虐待から救い出される事なく消えて行く命、救い出されても失われた時間やトラウマに苦しみながら、社会で生きて行かなければならない子供達。
少子高齢化社会の中で、子供達は未来を担う大切な財産です。
もっと真剣に踏み込んだ対策を講じて、子供達を助け出し、心を救う術を構築して欲しい。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/12/13
形式: 新書
死後7年以上も放置されて白骨化した5歳児。18歳になるまで一度も学校に行けず親に監禁されていた少女。ホームレス化してコンビニの残飯や万引きでしのぐ子供。ひとり親の重度の精神疾患が原因になっている場合もある。学校にも行けず人知れず消えてしまう子供たちを追った本。NHKの番組用の取材が元になっている。

取材チームの集計によると、詳細な回答が得られた813件の子供が消えた理由は、以下のように分類できるという。

ネグレクトを含む虐待:512件
貧困・借金からの逃避:249件
通学への無理解:224件
保護者の障害や精神疾患:220件
保護者のDV避難:102件
無国籍:25件
その他:171件

つらい事例がつづられている。子供は親を選べない。非常に困難な家庭環境の中で、限られた選択肢しか持たない子供は無力である。親が拒否した場合、学校はなかなか介入しづらい。行方不明になった場合でも、学校は警察に捜索願を出すことができないそうだ。外部からは登校拒否とみなされることもある。プライバシーを重視する現代社会では、近所の人も問題に気付きにくいし、なかなか他人の家のことに踏み込むこともできない。

保護された場合でも、その後立ち直ることはけして容易ではない。
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
壮絶でした。TV放送は知りませんでした。私達姉妹も虐待され大人になりました。現在55歳、いまだに思い出しムカついています。こんな親でも病気になったら私達が面倒見なきゃならんのかと思うだけで嫌です。子供の頃の私に言ってやりたいこんな親共の事で人生棒に振るなって。両親共が子供に甘えて何考えてるんだってあんた達に私達子供はもったいない!二度と迷惑かけるなって。早くいなくなって欲しいと、こんないい年になっても傷は深いです。辛い思いをした曾ての子供達、今の子供達楽しい事考えようね、やろうね。幸せになろう!。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
NHK報道班による居所不明児童のドキュメンタリーの書籍化。18歳まで親に監禁されたまま育った少女の物語をはじめ、これがこの日本で起こっていることなのかとにわかには信じ難いくらい悲惨なケースが登場する。このような子供たちが現実にいるのだということを知らしめてくれただけでも良かった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
厚木市で5歳の子が餓死し、7年も白骨化したまま放置されていた事件。あまりに衝撃的で私も一報を聞いた当時、唖然とした。著者らNHK取材班はこの事件をきっかけに、ほかにも公共機関が捕捉できない「消えた子どもたち」がいるのではないかと調査を始めた。調査の結果、813事例の大半で、虐待や親の精神障害、夜逃げ、車上・路上生活など、厳しい家庭環境を原因としていることがわかった。本書は23人の元「消えた子ども」たちの肉声から、この問題への対処に何が必要かを訴えている。

生まれてから18年間監禁・虐待されていた女性の話は凄絶極まりない。学齢期には学校に名簿上在籍していたため、児童相談所職員や教員が訪問していたが、親が拒絶する。少女は助けを求めていた。だが、住んでいた福岡県の担当職員も学校も、本人に一度も会わず、母親の話を信じて対応を終えてしまった。本人が見えないリスクを軽視していたのだ。親戚や隣人など、周囲も無関心から一歩踏み出し、通報や相談する必要性を本書は訴える。

本書がもう一つ問いかけるのは、虐待を受けた子どもの社会復帰の支援である。18年間虐待を受けた女性は、周囲の支援で「普通の大人」に追いついたものの、家族から逃げてきたため保証人も学歴もない。トラウマも残る。働きたくても働けない状態が長く続いた。せっかく救出されても自殺する元被害者もいる。18
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す