通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■カバーにキズは有りますが、中のページは非常に綺麗な状態です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書) 新書 – 2017/2/4

5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 820

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
  • +
  • キャスターという仕事 (岩波新書)
  • +
  • シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任 (岩波新書)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 145pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

なぜトランプなのか? ニューヨークではわからない。アパラチア山脈を越え、地方に足を踏み入れると状況が一変した。明日の暮らしを心配する、勤勉なアメリカ人たちの声を聴く。そこには普段は見えない、見ていない、もう一つのアメリカが広がっていた。朝日新聞の人気デジタル連載「トランプ王国を行く」をもとに、緊急出版!

本書「おわりに」より――
過去1年間のトランプ支持者の取材者リストを見返してみる。
トラック運転手、喫茶店員、電気技師、元製鉄所作業員、道路作業員、溶接工、食肉加工場作業員、ホテル客室清掃員、元国境警備兵、トレーラーハウス管理人、看護師、建設作業員、元家電製造ラインの従業員、郵便配達人――。
集会やバーなどで声をかけて取材した支持者は、数えてみると14州で約150人になっていた。本書に登場するのは、地方で暮らす普通のアメリカ人ばかり。彼らとの会話を振り返ると、日々の暮らしのために必死に働いている人、働いてきた人が多いことに気付く。
記者の取材を受けるのは初めてと言う人ばかり。彼らから見れば、私は海外メディアに過ぎない。それでも「オレに意見を求めてくれるのか」「長く話を聞いてくれてありがとう」と喜んでくれた。しばらくして、わかった。自分の声など誰も聞いていない。自分の暮らしぶりに誰も関心がない。あきらめに近い思いを持っている人たちが多かった。
私は、トランプではなく、問題だらけのトランプを支持してしまう現代アメリカに興味があった。あんな変な候補を支持する人は何を考えているのか? どんな暮らしぶりで、日本人の私にどんな話をするのか? 日本からトランプのニュースを見ている人もきっと首をかしげているに違いない。であれば特派員の仕事になるかもしれない、と考えた。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜトランプなのか?ニューヨークではわからない。アバラチア山脈を越えると状況が一変した。トランプを支持する人々がいた。熱心な人もいれば、ためらいがちな人も。山あいのバー、ダイナー、床屋、時には自宅に上がり込んで、将来を案ずる勤勉な人たちの声を聴く。普段は見えない、見ていない、もう一つのアメリカを見る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2017/2/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004316448
  • ISBN-13: 978-4004316442
  • 発売日: 2017/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,293位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
トランプ大統領が今何故米国で誕生したのか。当選の母体となったいわゆる「五大湖周辺の通称「ラストベルト(Rust Belt、さびついた工業地帯)」と呼ばれるエリア」(iii頁)における旧中産階級への定点観測インタビューを中心に、「deplorables」(110頁)なる言葉への反発に象徴される反エスタブリッシュメント(既得権層)や、非白人への反感といったその社会的・政治的背景、含意、世界に与える影響などについて描いた一書。叙述は現場感覚と精細に富み、読みやすくわかり易い。評者も本書を読んで、米国におけるその真相と深層がおぼろげながらもようやく理解できた。

(ラストベルトで)「トランプの暴言を支持する若者に私は一度も出会ったことはない。ただ、彼らに共通するのは、「規格外の行動力を持った指導者に現状を変えて欲しい」という願望だ。破壊願望にも近い」(72頁)。
「この地域のためにできることなんて、誰が大統領になってもほとんどない。だったら、トランプみたいな男に4年間限定でやらせてみるのもいいんじゃないかと。一度やらせてみて、何ができるかを見てみたいという気持ちだ。この地域には大きな変化が必要だから」(95頁)。
「アメリカン・ドリームの実現が本当に難しくなっている。もう家は買えない、長期休暇で家族旅行にも出られない。もうアメリカン・ドリームなんて無
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「この5つ(の製鉄所などの閉鎖)だけで3万人の雇用が消えた。人間は仕事がなきゃ幸せになれない。日本人も同じだろう、なあ?」「この辺じゃブルーカラーはみんな民主党支持者だったが、アメリカは自由貿易で負け続け、製造業はメキシコに出て行ってしまった。ここに残っているのはウォルマートやKマートで他国の製品を売る仕事ばかりじゃねえか。…(中略)…もう政党なんてどっちでもいい、強いアメリカの再建にはトランプのような実業家が必要だ」(オハイオ州の元鉄鋼マン)。

トランプがアメリカの大統領になった。しかし、そもそも、攻撃的で差別的な発言を繰り返すあんな男を、どうして多くのアメリカ人は支持したのか?賛否以前に、そこに疑問を感じた人はたくさんいたはずだ。実際、アメリカでも大都会ではトランプの支持率は極めて低かった。秘密は、それ以外の地域の人々が考えていることや、抱えている問題にあった。

「オレたちアメリカ人は、給料から社会保障費も税金も払う。不法移民は何でも負担を逃れる。母国にドルを送金すれば、何倍もの価値になるから、安くてもここで働く。ここで生まれ育ったアメリカ人が、この競争に勝てるわけがない」(不法移民に建設現場の仕事を奪われ経営していた会社が倒産したというサウサンプトンの男性)。

本書は、かつて製造業の中心であり労働組合員たちに支
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
① 米国鉱工業の心臓部であった五大湖~アパラチア山脈の北部~中部にかけて、産業労働者とその家族へのインタビューが中心です。
真面目に働き続けていた人々が放り出される現実とその人々の怒りを丁寧なインタビューで追い続けます。普通の日本人が付き合うことが殆どない人たちの話なので、改めて感じることが多々ありました。
② 失業した鉄鋼労働者や、製鉄所の閉鎖で荒廃した工場城下町が克明に描き出されます。小生の知るところでは、米国鉄鋼業の衰退の原因は一般的なグローバル化ではなく、経営者が競争環境の変化に対応しなかった事にあると思います。豪州やブラジルの辺境に大規模鉱山が開発され、15万トン積の大型鉱炭船で安価な原料を入手できる臨海製鉄所が世界の主流になる中では、内陸部で地元の資源にたよる米国の製鉄所が不利になるのは当たり前です。
立地を変えずに生き残る為には、研究開発や設備技術を磨いて、高付加価値品にシフトするしかないのに怠った。1990年代には、経営者と全米鉄鋼労組は、ウエストバージニア(本書の舞台)の労組員をワシントンに動員し米国政府に圧力をかけ、日本に鉄鋼輸出自主規制や、30%以上のアンチダンピング関税を課したものの、米国製品では性能・品質面で代替不可と言う米国内需要家の声で例外を設けざるを得なかった。本書に出てくる人々には知られていない事なのでしょう。
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の取材力は以前MOOK(アメリカのオンライン教育)の話を聞いたとき只者ではないと思っていたが、このアメリカの普通の人々の話をダイナーやバーでの定点観測を交えじっくり聞きだす力量は素晴らしい。
我々にはアメリカの中西部の田舎に住み、自分の州からほとんど出たこともないような普通のアメリカ人の声などは聞きようがないが、このような力量がある記者の力で、トランプがいかにこれらの女性も含む普通のアメリカ人に支持されていくことになったのかが浮かび上がってくる。
これは、2000年ごろまでシカゴサンタイムズとトリビューンで活躍した(その後スキャンダルで失脚したが)Bob Greeneの中西部の田舎町にひっそり暮らす市井のアメリカ人を扱ったコラムを思い起こさせる、臨場感あふれるルポである。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー