通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見開きにシールの剥がし跡があります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング ハードカバー – 2016/5/20

5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,446
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルビィのぼうけん こんにちは!  プログラミング
  • +
  • ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ
  • +
  • コンピューターを使わない小学校プログラミング教育 “ルビィのぼうけん"で育む論理的思考
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

★親子でプログラミングの考え方に触れて楽しむ絵本★

日本でも検討がすすむ「小学校プログラミング教育必修化」。
プログラミングやテクノロジーの知識は、
子どもたちにも必要不可欠になりつつあります。

プログラミングを、子どもたちが身近に感じ、
楽しく学んでいける本があればいい――
こんな思いから生まれたのが、
『ルビィのぼうけん(原題:Hello Ruby)』です。

【本書の対象】
・子ども(4歳くらい~)
・おとな(保護者や先生の入門書としても◎)

【本書の特徴】
◎プログラミングを知らない子どもでも楽しめる
◎プログラミングの本質を物語で理解できる
◎教育大国フィンランド発の名作、15か国で刊行
◎話題の女性プログラマー、リンダ・リウカス作

前半:女の子ルビィが宝石集めのぼうけんをする絵本パート
後半:体験しながら学べる練習問題パート

4~11歳の子どもが親子で楽しめる工夫が満載です。
読み進めながらプログラマー的思考を学べます。

例えば、
大きな問題を小さな問題に分けること、
ちらばった情報からパターンを見つけること……。

【あらすじ】
「ルビィは大きな想像力を持つ女の子。
ルビィの好きな言葉は“どうして?"。
ルビィの世界では考えたものがなんでも実現します。

パパがお仕事でいないときは、家の中をどたどた・ふらふら歩きまわるのが大好き。

ある日、ルビィはパパからの手紙を見つけます。
『宝石を5つ、かくしたから、さがしてごらん。ぜんぶ見つけられるかな?』
でもどう探せばいいのか書かれていません。

仕方がないので、まずはヒントを探しはじめると……
パパの机の下に、秘密の数字が書かれた紙きれを発見!
ここからルビィの本当のぼうけんが始まります……」

【本書のなりたち】
本書は、フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、
子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本です。

リンダはクラウドファンディングで資金調達できるkickstarter
を活用し、9,000人ものサポーターから約38万ドル(約3,800万円)
の資金を集めることに成功。約3年かけて絵本を完成させました。

この絵本に、プログラミングのいわゆる「コード」は
一文字も出てきません。

この絵本で学べるプログラミングの考え方は、
手に負えないように思える世界をときほぐして、
なんとか取り組みやすくする手助けとなります。

そして、プログラミングは、自分の考えを、
動くかたちにできる楽しさに満ちています。

その楽しさを知る一つの入り口になってほしい――
そんな著者の願いがこもった一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

世界中で大反響!親子で楽しむ!プログラマー的思考法を育む知育絵本。プログラマーである作者が、初めてプログラミングに触れる子どもたちのために作り上げた10のストーリー&アクティビティ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 114ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2016/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798143499
  • ISBN-13: 978-4798143491
  • 発売日: 2016/5/20
  • 梱包サイズ: 23.2 x 18.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,605位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Hour of CodeやScratchを始める子供達に
プログラミングの考え方を理解してもらうのに
最適な絵本だと思います。
本の後半が簡単なワークショップになってますが
理解のある親御さんが手伝ってあげないと
実践は難しいと思います。
実際にやってみたら必ず効果はあると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
評判が高いこの作品を、しかし、初心者向けである、との理由で読んではいなかった。
今回、一読して、高い評価を得ている理由が分かった。
小さな子供なら、前半の絵本から読む事でルビィの世界観を理解出来るし、大人なら、後半の「解説」だけでも、OK。
「経験」として、こう云った考え方を知ってる事は、とても重要だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
評判の絵本ということで、購入しました。
評判通りの内容だったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ママルコ 投稿日 2016/8/30
形式: ハードカバー Amazonで購入
お友達にプレゼントしようと、2冊購入しました。英語版で読めばもっとプログラミングとの関連性がわかったとおもいますが、日本語に訳されていることですごくわかりにくくて、プレゼントするのははばかられました。。。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
小学校一年生女児に買い与えた感想です。

本を読むのがとても好きな子ですが、この本は少し読むのに疲れてしまったようです。途中から交代して読み聞かせをしました。
前半が物語、後半がやってみようのコーナーになっています。物語が少し長いです。
物語の部分と、やってみようのコーナーが交互に書いてあるともう少し子供にはわかりやすかったかもしれません。

コンピューターと縁の無かった大人にとっては、プログラミング思考というものがどういうものかわかりやすいと思います。
今後プログラミングが必修科目になるまえに、子供がどのようなことを学習するのかを親が理解するためにはよい本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
わかりやすいです。ただ、小学生くらいの年齢層に対しシチュエーションに必然性があるのかな、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
息子(小1)は自分で物語やゲームを考え、それを紙に書き、形にするのが大好きなので、きっと気に入ってくれるだろうと思い購入しました。
前半のストーリーは私が想像していた以上に息子が興味を持ってくれ、後半のアクティビティも楽しんで考えている姿を見て、買ってよかった!と思いました。

データ構造のページでは、暗号で「ママダイスキ」と書いてくれて嬉しかったです。

プログラマー的思考は、プログラマーを目指す人だけのものではなく、日常の問題解決や、ほかの職種にも役立つものです。
また、普段使っているアプリ、ゲームなどがどんなふうに作られ、動いているかを知るきっかけにもなるはず。
たくさんの親子に読んでもらいたい一冊です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
英語に続き、これからの必須スキルとして、
最近メディアでも多く話題になる「プログラミング」。
発想がものをいうスキルなので、
子どもの頃からプログラミング的な思考を学べるとなれば、
親としては非常に興味をそそるテーマです。

まず、アイデアはすばらしいです。
ストーリー自体はたいした特徴はありませんが、
前半のストーリーを元に巻末のワークブック的な設問を解いていく流れです。

ただ、「絵本」とありますが、実際にできるのは小学生くらいからでしょうか。
絵はかわいらしいですが、ある程度考えられる年ではないと意味ないと思います。
また、親も一緒に正しい答えを考える必要があるので、
しっかりプログラミング的な思考を備えるには若干ハードルは高いです。

とはいえ、指示することの大切さなど、
子どもも興味をひく内容に落とし込んでいるのはすばらしいと思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
紹介記事で受けた印象ほどは良くなかった。
プログラミングを分かっている大人が読めば意味は分かるが、話はいかにも外国の絵本という感じで面白くはない。
多分子供も面白いとは思わない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
この絵本は「組み合わせを組み立てる面白さ」を思い出させてくれた。

小学生の頃プラレールとBブロックで遊ぶのが好きだった。特にプラレールのレールづくりは夢中になった。あれこれ試しつつ様々な形と長さのレールを組み合わせてレイアウトを完成させる。慣れてくるともっと複雑なレイアウトを作りたくなる。少しでも長く遊べて飽きないようにするための子供なりの工夫だった。

その延長にプログラミングがある。プログラミングという言葉を知らなくても、人はだれもが組み合わせの組み立て過程を経験する。歯磨きの手順、掃除の手順、学校へ行くまでの手順。こうした手順を見知らぬ人に説明する場合、短い時間の中で情報を取捨選択して話す言葉への置き換えを考える。この考える力がプログラミングで必要な思考だとしている。

この絵本はこうした組み合わせの組み立てを子供にわかってもらえるように面白おかしく丁寧に表現している。手順を考えるという思考、手順の中でまとまりとパターンを抽出する思考、まとまりとパターンをより単純化する思考を楽しみながら学べるように図解している。

一定のルールで数が順次大きくなるカウンターの概念、並べ方の概念(昇順、降順)、ある値を見つけ出す検索の概念は、子供の頃に学ぶのが適していると思う。各々解きほぐすと特別に難しいことでは
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー