中古品の出品:2¥ 7,500より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ルトガー・ハウアー 危険な愛 [DVD]

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 7,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ルドガー・ハウアー, モニク・ヴァン・デ・ヴェン, トニー・ハーデマン
  • 監督: ポール・バーホーベン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: オランダ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エスピーオー
  • 発売日 2007/01/26
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000K0YHAE
  • EAN: 4988131907350
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 152,253位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

過激な性描写が話題を集めた、オランダ時代のポール・ヴァーホーベン監督作。新進気鋭の彫刻家・エリックは、ヒッチハイクで知り合ったオルガに恋をする。一度は別れたふたりだったが、再会をきっかけに結婚。幸せな生活を始めるのだが…。R-18作品。

内容(「Oricon」データベースより)

ヒッチハイクをきっかけに出会ったエリックとオルガ。二人は恋に落ちるが間もなく別れを迎える。その後、再会をきっかけに結婚。幸せな結婚生活も束の間、またもや別れを迎えた二人。しかし、病気を患ったオルガの傍らにいるのはいつもエリックだった…。アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた青春映画。R-18指定。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ルトガー・ハウアーのファンで、購入しました。若き日のルト様を堪能できました!‥破天荒で無知な恋人達の物語り。「危険な愛」ではなく「幼稚な愛」の方がしっくりきます。

珍しく、普通の青年の役(かなり変だが)のルトガーでしたが、相変わらず哀しみを背負っています‥青春時代の無軌道さ、自分の青春時代を思い出して懐かしくなります。

主役の二人は出会ってすぐH、お互いの事をよく知らずにノリで結婚‥お嬢様の女は貧乏が嫌になり破局。別れた後の男と女の描写が対照的で、女はすぐに次!男はメソメソ‥なるほどである。監督の思いが。例えば彼が「俺が悪かった」と謝っても、別れ際「愛している」と抱き締めてもやはり彼女は去って行った。女は貧乏が嫌いなのだ。

よく見直すと、彼女には友人も居なく母親に依存。対して彼には創作と親友があり、その後の二人に影響している気がした。‥病院のベッドで愛の詩を読んであげるシーンには泣けた。
ラスト、彼女の髪が好きだった彼がとった行為は冷めていたのか、うちひしがれていたのか‥前者ではないのかと思う。
青春は終わっていた。目の前には新しい生活・現在。

昔と今の自分と重ねてキュンとなった。‥ルト様は本物のアホの役は無理なのか。‥彼の青い瞳と二人の演技に胸が熱くなった💑
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 他のレビューでも書いている通り、この映画にはグロテスクなものがこれでもかと詰め込まれています。でもそれらのイメージは、劇中でルトガー・ハウアーも言ってる様に、皆が認めたくない「醜い真実」の象徴なのだと思いました。
そして、夕陽と海などいくつかのシーンは、まるで絵画の様に美しく、それらを交互に見せる手法に不思議な感動を感じました(BGMもシンプルですがとても良い曲ばかりで、各シーンの感動を引き立たせていました)。デジャヴを感じるシーンも結構あります。
 主人公カップルは、(バーホーベン映画の登場人物らしく)時に自分勝手に行動している様にも見え(もちろんその他の取り巻きの人々もそうですが)、いくつか生理的な嫌悪や恐怖を感じさせる場面もあります。
でもだからこそ、異常な愛を見せるハウアー(劇中でストーカーやレイプまでしてます)にも、その愛にリアリティを感じて感情移入できるのではないでしょうか?介抱した海鳥を放ってやる時の彼の孤独な悲しい表情を、私は忘れられません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わいじょん トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/2/4
Amazonで購入
馬の目、破水、蛆、赤い排泄物、犬の排泄物、ゲロ、黄疸、脳手術、おちんちんの絵、事故そういったキーワードがちりばめられた、かなりハードな愛の物語です。トラウマ必至です。昔のビデオではボカシが大きすぎてさっぱりわからなかった所もあったのですが、このDVDでは何とか満足のいく形でのリリースだと思います。それでもまだボカシだらけですけどね。まぁ薄消しというシステムができて良かった。良かった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 バーホーベンの初期のオランダ映画で、しかもルドガーハウアー主演と聞いて、さぞかし残酷で破壊的、そして破滅的な映画だと思い、気のすすまぬまま見たのだが、意外に、純粋な愛を描いた作品としてとてもよく仕上がっているのに驚いた。

 確かに性行為、排泄、吐瀉等、一般的に見苦しいとされている描写が多いが、それらすべてをひっくるめた愛の表現をバーホーベンは目指したのではないだろうか?美しいものは、すぐに壊れやすく、生死はつねに表裏一体。作品にたびたび表れる蛆虫が象徴的だ。

 バーホーベンの初期の作品ではあるが、まだハリウッドに染まっていない、彼の純なパッションが感じられ、彼の作品を理解する上で、必見の作品といえる。

 ターキッシュ・デライトはお菓子の名前。作品の最後にでてきます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 1973年作品。本作は日本では劇場未公開であり、長らくここ日本ではどんな形での紹介もされて来なかった。そのため、欧州の若き鬼才ポール・バーホーベンの名前は、日本では全く知られることがなく時が過ぎ、80年代中盤以降、ビデオ時代になって漸く、数々の作品がソフト化され、その全容がつかめるようになったという次第である。
 本作は1974年の米国アカデミー賞の外国語映画賞にまでノミネートされた、作られた当時は衝撃的に受け止められた作品である。
 本作は監督バーホーベン、撮影監督ヤン・デ・ボン(その後ハリウッドに渡り『ダイ・ハード』等、そして監督に職業替えし『スピード』『ツイスター』等の快作を作る)というその後も名コンビを組む2つの若き才能ががっぷり四つに組んだ最初の作品で、その才能を画面の隅々からほとばしらせている必見の恋愛映画である。
 男女間の愛憎を描くためにその愛欲の赤裸々な描写までを過激かつスキャンダラスに描写する映像作家としてはそれまで、ケン・ラッセルやベルナルド・ベルトリッチ、ロマン・ポランスキーらが知られていたが、バーホーベンはそれに肩を並べる存在であったのに日本では長らく看過されてきた、というわけだ。
 しかしただ、描写が過激だけなだけなら低俗な露悪趣味映画になってしまうところだが、そこに優れた考察を行っている脚本に基づいたしっかりし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック