通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルサンチマン 下 (BIG SPIRITS COM... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品のため多少のスレ・キズがございます。また若干の汚れや日焼けがある商品もございます。※記載ない限り帯・特典・付録などは付属いたしません。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルサンチマン 下 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) コミックス – 2012/11/30

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 967
¥ 967 ¥ 109
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルサンチマン 下 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • ルサンチマン 上 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 特火点―花沢健吾短篇集 (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥2,675
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 442ページ
  • 出版社: 小学館; 新装版 (2012/11/30)
  • ISBN-10: 4091848400
  • ISBN-13: 978-4091848406
  • 発売日: 2012/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
新装版の仕様としては基本的に上巻と同じ。具体的に説明すると、本編は特に変わりなく(カラー原稿もモノクロのまま)、単行本巻末のおまけもそのまま収録。中の印刷が黒でなく紺みたいな色というのも同様(個人的にこれが新装版の最大の短所の様に思える)。あと単行本の付加要素において最も重要といえる「4巻の表紙とカバー裏のイラスト」は未収録。
どうも短所の方が目立つものの下巻には描き下ろしの「オマケ漫画」が収録されています。詳しくは書かないけど「越後のその後」をすこし見れます。ただ、わずか2ページという代物なのでこのために買い直す価値があるかは人によるとしか。余談だけど花沢先生はどんどん可愛い女の子が描けなくなっていくなあ。
色々言いましたが作品自体は最高なので未見の人は是非。新装版の方が(若干ですが)安いので上記の問題点が気にならないのならこちらでも良いと思います。非モテのバイブル的に祭り上げられがちですがそういうの抜きでも単純に面白い漫画です、とか言って読むだけで嗚咽が止まらなくなるのですが。失礼しました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
序盤は凄く面白いテーマだと思った。
最後まで読んで、ちょっと低めの評価付けようかと思ったら
みんなの評価がやたら高くて書きにくい笑

自分の読解力不足かもしれないが、終盤少し消化不良気味。
(途中で打ち切りが決まった、作者が力不足だったと言ってるので間違った感想では無いと思う)
デビュー作でもあり完成度が高いとは言えないと思う。
しかもラストも、遺影が悲しい、長尾さんと結婚もしてない・・・
(一応その後、月子が弁当屋にバイトに来る設定らしいが)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
きっとラインハルト閣下は、誰かを愛してみたかったんだと思う。なりたかったのは、誰かを愛せる自分。英雄でもイケメンでもなく。
人は、なりたい自分になれた時、人としての器が問われる。閣下は、自分をはじめて受け入れてくれた女性を守り通した。自分の願望をかなえてくれた世界を守り抜いた。
これほど気高い男に出会わせてくれた花沢先生に、感謝です。

命がけで戦い、使命を果たし、愛する人たちを守り抜き、土塊となったラインハルト閣下は、私の永遠のヒーローです。あまりに純粋で潔い、その生き様を、私は永遠に忘れない。
下巻には、『閣下のその後』の描き下ろしが収録されています。わずか2ページですが。

一方、主人公のたくろーは、最低ですね。簡単に調子に乗って二股かける、究極のダメ人間。
たくろーが長尾に心変わりしていく展開は、月子が可哀想で読んでいて腹立たしかったです。なんで、そんなに急に心変わりができるの?と感じて。逆に、最後に月子を選ぶ場面では、長尾が可哀想でした。
女を知らないから、受け入れてもらうことが、どんなに難しいかが、理解できない。だから簡単にコロコロと傾くんだろうけど。でもダメすぎで、アホすぎ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告