通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ルイ十七世の謎と母マリー・アントワネット―革命、復... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 OPLIFE_SHOP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯なし。カバーに多少の傷やスレがありますが、中は書き込み無く、比較的キレイな状態です。◇中古品の為、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。◇アマゾン倉庫より毎日発送します。◇簡易クリーニング済みです。◇管理ラベルは剥がれ易いシールを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ルイ十七世の謎と母マリー・アントワネット―革命、復讐、DNAの真実 単行本 – 2004/9

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 1,782

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルイ十七世の謎と母マリー・アントワネット―革命、復讐、DNAの真実
  • +
  • マリー・テレーズ―恐怖政治の子供、マリー・アントワネットの娘の運命
  • +
  • 最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 (講談社+α文庫)
総額: ¥7,066
ポイントの合計: 141pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

父と母を民衆に処刑され、自らも虐待の末に10歳で獄死したルイ17世。彼は身代わりの少年だったのか―。心臓のDNA鑑定が200年にわたる謎を解明。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

キャドベリー,デボラ
ロンドン在住。作家・BBCテレビプロデューサー。科学と歴史の根本的な問題と、双方が今日の社会に及ぼす影響を得意とする。エミー賞を含め、数々の国際科学映画賞を受賞している

桜井/郁恵
東京都出身。訳書にハスリップ「マリー・アントワネット」(1999、近代文芸社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 447ページ
  • 出版社: 近代文芸社 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4773371730
  • ISBN-13: 978-4773371734
  • 発売日: 2004/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 482,824位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Rose 投稿日 2008/1/6
形式: 単行本 Amazonで購入
アントワネットと家族、子供たちについて多くの証言などから、真実を垣間見る貴重な一冊です。以前に読んだ2冊は、マリーテレーズの回想録を信用できないとしていましたが、この本を読むと、彼女の真面目な性格が良く判り、誇大表現がないことに気づきます。
タンプル塔で働く者たちの書き残した記録と、シモンの虐待、エベールの虐待の記憶と革命政府に放置されたルイシャルルの哀しさに、声を殺して泣きました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Antoinette トップ500レビュアー 投稿日 2013/11/27
形式: 単行本 Amazonで購入
マリー・アントワネットがフランス王家の王太子ルイ16世に嫁ぐ為、故郷オーストリアに別れを告げるところから始まり、アントワネットが王妃になり、愚行や浪費を重ね遊び暮らす中、フランス王太子を出産、そして首飾り事件に巻き込まれ、それにより国民が自分を憎んでいる事、フランス国民は飢えに苦しんでいる事を知るがもう手遅れ。そしてフランス革命勃発。このあとは国王一家の破滅と地獄の日々が待っていた。

他のマリー・アントワネットの生涯の本と同じように、アントワネットの最期の時までで終わっているのではなく、その後、厳重で劣悪なタンプル塔に一人閉じ込められた王太子ルイ・シャルル(ルイ17世)の恐ろしく悲惨で可哀想すぎる最期までもが、証言を多数交えて非常に詳しく書かれている。また、その後、姉のマリー・テレーズもタンプル塔から出され、母の故郷に送られるが、そこでまた弟の謎について散々惑わされることになる。

この本の最大の焦点は、様々な疑惑があったそのルイ17世の死についての謎である。タンプル塔で死亡した少年はルイ17世なのか、身代わりの少年なのか、17世はすでに脱出していて、それがルイ17世を名乗る謎の男なのか。約200年前からまさかといういきさつで残されてきた心臓は誰のものなのか、ルイ17世のものなのか。そして2000年、ついにその心臓がアントワネットら親族の毛
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
様々な書簡などで詳しく表されています。それぞれがどんな罪があれ、こういう状況に陥った一家族の恐れおののきは理解するべきだろうし、また家族を思う気持ちはどんなに社会的能力がない人でもあるに違いないということも。ルイ17世を巡る真贋闘争は誰の元にも悲哀しか残しませんが、時代を超えて親族の髪の毛と彼の心臓が廻りあった瞬間は胸が熱くなりました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ルイ17世の約2世紀にわたる謎、フランスでは国民の大変な関心事なのに、日本では情報自体が少なすぎて困っていました。フランス語読めないし・・・
この本はとてもわかりやすく、詳しく書かれてあるのですごく満足です。
他にノンドルフの子孫のホームページの紹介等も載っていて〔HPはフランス語〕また違った見解も見ることができました。
ただ、よほど興味のある人じゃないと、読む気が失せてしまうかも。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック