通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ルイ・ボナパルトのブリュメール18日―初版 (平凡... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ルイ・ボナパルトのブリュメール18日―初版 (平凡社ライブラリー) 単行本 – 2008/9

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 732

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ルイ・ボナパルトのブリュメール18日―初版 (平凡社ライブラリー)
  • +
  • ドイツ・イデオロギー 新編輯版 (岩波文庫)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

男子の普通選挙が実現した共和制下のフランスで、ルイ・ナポレオンのクーデタが成功し、しかも、この独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得たのはなぜか?この問いをめぐるマルクスの自由で饒舌な語り口は、つねにレヴィ=ストロースやE・サイードのような思想家たちのインスピレーションの源泉でもあった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マルクス,カール
1818‐1883。ドイツの思想家、経済学者、革命家。F.エンゲルスとともに科学的社会主義の立場を創始した。資本の分析を通して、資本主義批判を展開。社会主義運動のために尽くした

植村/邦彦
1952年、愛知県生まれ。名古屋大学経済学部卒、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。専門は、社会思想史。熊本大学を経て、関西大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 平凡社 (2008/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582766498
  • ISBN-13: 978-4582766493
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 16 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日(初版)』(カール・マルクス著、植村邦彦訳、平凡社ライブラリー)には、3つの点で驚かされた。

第1に、難解な文章で知られるカール・マルクスが、その気になればこんなに分かり易い文章も書けるということ。第2に、同時代のフランスの政治状況をジャーナリストのような目で生き生きと描き出していること。しかも、楽しげに、揶揄を交えながら、饒舌に語っていること。第3に、ルイ・ボナパルトという何とも卑小な人間が国民投票で圧倒的な支持を得た理由が明快に分析されていること。

マルクスは、男子の普通選挙が実現した共和制下のフランスで、なぜルイ・ボナパルトのクーデタが成功し、しかも、その独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得ることができたのか、という問いに真っ向から取り組んでいる。

ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン一世)が、共和暦8年ブリュメール18日(1799年11月9日)のクーデタによって独裁者となった過程は、よく知られており、理解が容易である。これに対し、ナポレオン一世の甥(弟の息子)であるルイ・ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン三世)が伯父のクーデタから約50年後のクーデタによって独裁権力を手にした経緯は、状況が錯綜していて理解し辛い。

なぜなら、ルイ・ボナパルトの時代は、正
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 評者が以前に読んだ鹿島茂著『歴史の風 書物の帆』では、多く氏の書評が開示されていて本書カール・マルクス著『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』も「歴史書・ベスト50 地球空洞説のような歴史書を!」の章で紹介されていた一冊である。 鹿島さんは、この本の書評で下のように書いていたので少し長いが・・・内に転載したい。

 ・・・このところ第二帝政にかんする本をいくつか読んだが、その洞察力の射程においてそれにかなう同時代の本はやはりなかった。ただ、遺憾とすべきは、「一度目は悲劇、二度目は茶番」という冒頭の言葉が、そこしか読まなかった読者に、ナポレオン三世はバカだ、という固定観念を植えつけしまったことだろう。最後まで読めば、マルクスが、ナポレオン三世はゴロツキだ、とは言っているが、バカだとは決して言っていないことに気がつくはずである。そして、慧眼なる読者は、ナポレオン三世に対するある種の愛情さえただよっていることを見抜くだろう。(『歴史の風 書物の風』P49)・・・

 カール・マルクスは、1799年にナポレオン・ボナパルト(ナポレオン一世)が総裁政府を倒した軍事クーデター「ブリュメール18日のクーデター」と、甥のルイ・ボナパルト(ナポレオン三世)が、1851年に国民議会に対するクーデターを起こし、大統領権限を大幅に強化した新憲法を制定して独裁体制
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
元祖ポピュリスト政治家、ルイ・ボナパルト(ナポレオン3世)の誕生を同時代人として目撃したマルクスによるルポルタージュ。

何しろこの時代の憲法秩序は脆い。大統領の任期が切れそうになると任期延長の憲法改正を行おうとしたり、果ては戒厳令だ、帝政移行だ、ということになってしまう。

これでも一応、議会制民主政治をやっている国なのだ。まるで南米の独裁国家を見ているかのようだが、フランスも150年前はこんな国だったのだ。

マルクスは1848年から51年にかけてのこの動乱の模様を、批判的目線というよりはむしろ茶化し、喜劇化する目線によって描き出す。

巻末に付された柄谷行人の、解説というには余りに長い論考「表象と反復」がふるっている。
柄谷は、議会制民主主義は、抑圧されたもの=「穴」としての「王」の存在を抱えており、マルクスが見たのは抑圧されたその「王」の座にルイ・ボナパルトが甦る姿だったのだと読む。精神分析的な比喩であるが、議会制民主主義の抱える問題(制度的欠陥というよりは、もっと情動的な不満)を的確にいいあてている。

20世紀のファシズムや、現代日本の政治過程に現れた表層的な問題、例えば「小泉劇場」や「ハシズム」を本書を手がかりに読み解くことはもちろん可能だろう。
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
先の太田出版版の単行本と違うのは原書初版にあった出版者による前書きが追加され、訳者があとがきで述べたように「初版」が再現されたことである。また訳者のあとがき(翻訳を依頼した批評空間社の内藤氏が追悼されている)も追加され、150年前と今日の出版事情がうかがえるようになっている。マルクスの時代との相似性は代表制の危機とともに出版の危機でもあるというのは気のせいではないだろう。

索引がないので大月書店版と岩波文庫版が無用になることはないとはいえ、マルクスの意図した戯画化を反映した読みやすい翻訳で決定版といえるのものである。
それ以上に太田出版版でも付録についた柄谷行人の論考がわかりやすくためになる。定本柄谷全集第五巻冒頭に所収されたものとほぼ同じだが、ここでは文末でボナパルティズムの危険が強調されて終わっているバージョンであるのは達見と言えよう(柄谷の論考は西川長夫編纂の研究書を参照した学術的レベルでも評価できるものだ)。

さて肝心の中身だが、代表制の危機を指摘するマルクスの先進性は評価できる。
しかしマルクスもドイツが題材だったらこのような戯画化は出来なかっただろうという印象が避けられない。
喜劇的事態でもそのまっただ中にいる人は笑えないものだ。
後にヒトラーが代表制の中で選ばれた事を予見しているとも言
...続きを読む ›
1 コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー