通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクト... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営 単行本(ソフトカバー) – 2013/10/26

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,731

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
  • +
  • リーン開発の本質
  • +
  • アジャイルサムライ−達人開発者への道−
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 241pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

リーンソフトウェア開発の実践経験を具体的に語る!
「RPSは、スウェーデンの国家警察機関だ。僕らはそこで、PUSTと呼ばれる新しいデジタル捜査報告システムを開発している」(本文より)本書は、アジャイルソフトウェア開発手法のひとつであるリーンソフトウェア開発手法を解説した、Henrik Kniberg“, Lean from the Trenches: Managing Large-Scale Projects with Kanban"の日本語翻訳版です。官公庁の大規模システム開発プロジェクトにおける著者の経験に基づき、理論だけではなく、開発の現場で実際にどのように適用するかを、カンバンシステムを軸にしたプロジェクト進行の様子を描写しつつ、直裁的に解説しています。リーンソフトウェア開発について、実践的な内容を求めていた方、これから現場へ導入したい方にお勧めの一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

官公庁の大規模システム開発における、カンバンシステムを軸にしたプロジェクト進行の様子を、著者の経験に基づいて描写。「リーンソフトウェア開発」を現場でどのように適用するかを直裁的に解説しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 184ページ
  • 出版社: オーム社 (2013/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 427406932X
  • ISBN-13: 978-4274069321
  • 発売日: 2013/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 271,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
アジャイル開発の難しいところは、経験しないとイメージの湧かないところがある点です。近年はそのことが理解されるようになり、勉強会はセミナーだけでなくワークショップが増えてきましたし、書籍はストーリー仕立ての本が増えてきています。

この本は著者のヘンリック氏らの経験したカンバンボードを用いたアジャイル大規模開発の記録です。開発を進めながらカンバンボードが変化していく様子は、まるでその場に居るような臨場感を感じます。読み終えると、著者のヘンリック氏が最前線で戦いながら「俺たちはこうやったぜ、次は君たちの番だ!」と語りかけているように感じました。

ストーリーだけでなく技術的な説明もきちんとされています。個人的にはリスクベースの話を期待していたのですが、大規模開発のためかカンバンボードで全体をいかにうまく構成するかの視点がたくさん書かれています。あと、この日本語版にはカンバンボードの解説と平鍋さんによるリーンとアジャイルの解説が追加されていて、とてもわかり易くなっています。

アジャイル開発やリーン開発に興味のある方はもちろん、英語版をお持ちの方も買って損のない本だと思います。
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アジャイルでよく言うのが、「自分たちに合ったやり方をする」ということ。
そのためのヒントを、本書は教えてくれます。

# あくまでアジャイル経験者が、さらにその質を向上するためのサンプルであって、
# 入門書ではありません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
いくつ小さなアジャイルプロジェクトを参加してきて、ちょっとアジャイル開発で最大何人で回せるを知りたかった時、この本を出会った。一気に読んで、ぜひ以下の方にお勧めしたい本と思いました。
・実際な現場でアジャイル開発をやっている人
・大規模なアジャイル開発をやりたい人

何故ならば、この本は本当の現場事例を例として、どうなアジャイルチームでも直面する問題をほぼカバーして、実際なやり方を細かく紹介してくれた。自分を読む時、ゴール判断難しい時どういうふうに全員で明確なゴールを持つ、開発準備OKとシステムテストの準備OKの定義の明確、テスターと開発者一緒にバグを潰す、プロセス改善ワークショップで指投票などなどところにすごく共感して、自分もやってみると思いました。

後、たぶん日本でなかなか珍しいかもしれない30−60人の大規模なプロジェクトですので、大人数でどういうふうにチームを編成する、多数チームでどういうふうにデイリースタンダードミーティングする、全体的プロジェクトボードと開発チームのチームボードをどういうふうに組み合わせて利用するなどところで参考になるかなと思います。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
リーン開発・アジャイル開発を理解しようとする(初心者的な)方には向かない内容です。

著者が実際に行ったリーン開発の事例を細かく紹介しているもの。
開発プロセスは少しずつ改善していくもので正解というのはない。自分自身で最適なものを見つけるしかない。
でも、他のところがやっていることというのはいろんな意味で役に立つ。自分の処ではそのまま適用はできないけど、どのように考えてその方策を採用しているかなどを知るとそのプロセスが一番役に立つものです。
本書はそのプロセスを紹介しているため、とても有用だと思います。
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック