通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
リーン開発の本質 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リーン開発の本質 単行本 – 2008/2/7

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,667

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リーン開発の本質
  • +
  • リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
  • +
  • アジャイルサムライ−達人開発者への道−
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 268pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「トヨタ生産方式」を源流にする「リーン開発」をソフトウエア開発に取り入れるための具体的方法を紹介した本です。製造分野から始まったリーン活動は、その原則を理解しないままプラクティスだけを開発分野に適用しようとしても、行き詰るか失敗に終わってしまいます。本書は、リーンの7大原則を「価値」「ムダ」「スピード」「人」「知識」「品質」「パートナー」に整理し、ソフト開発現場にどうしたら効果的に適用できるかを、多くの実例を交えながら具体的に説明します。著者は、米3M社で自らリーン開発を実践した経験を持つ、米国ソフトウエア業界におけるリーン開発の第一人者であり、多くのリーン開発に携わった経験を踏まえ、トヨタのプロセス改善、チームづくり、人づくりから何を学び、どうソフトウエア開発に活かせばよいかを力強い筆致で説いていきます。

内容(「BOOK」データベースより)

トヨタ生産方式の考え方はソフトウエア開発で活かせる!最強の組織に学ぶ人づくり、チームづくり、プロセス改善の秘訣。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482228350X
  • ISBN-13: 978-4822283506
  • 発売日: 2008/2/7
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,715位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「リーン」とは、「ムダのない」という意味で、トヨタ生産方式(TPS:Toyota Production System)にの考え方に基づく手法につけられたもう一つの名前です。「リーン」の考え方は、製造(生産管理)だけでなく、製品開発や様々な分野に適用範囲を広げています。

この本は、ソフトウェア開発(ITシステム開発)に「リーン」の考え方を適用した「リーンソフトウェア開発」の理論とソフトウェア開発における実践方法、それを裏付ける様々な事例、そして導入指針を紹介しています。

製造(生産管理)における「リーン」の実践方法を、そのままソウトウェア開発に持ってくることはできません。しかし、その実践方法の背景にある「リーン」の考え方(理論)をソフトウェア開発に適用するれば、ソフトウェア開発においてもムダをなくし、生産性を飛躍的に向上することができるはずです。そこで生まれる実践方法は、まさに「アジャイル開発手法」のプラクティスそのものです。そして「リーン」の理論は、「アジャイル開発手法」を理論的に裏付ける考え方として広まってきています。

ケント・ベック氏(agile XP手法の提唱者)による本書のまえがきにある「ソフトウェア開発は、多くのつながりを持つ鎖である。全体の効率を改善するには、その鎖全体に目をむかなくてはならない」という言
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
リーン開発の7つの原則を一つひとつ丁寧に説明しています。筆者の開発現場やコンサルでの経験に基づいたアドバイスが盛り込まれていて、原則を一つ読み終えるたびに、仕事の改善アイディアが湧いてきます。

日本語が自然で、とても読みやすいことも特筆に値します。

管理者の方は、「経営の未来(ゲイリーハメル著)」も合わせて読むと、組織(チーム)運営上のヒントも得られるでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アジャイル開発手法の一つ、リーン開発を解説した本。
日本とのトヨタ式生産方式をもとにしてあるそうで。
有名なムリ・ムラ・ムダを省くかをプログラム開発にあてはめたものになります。
日本の工場の方式をもとにしているだけあって。規律を重視するなど、XPなんかの自由な感じとは雰囲気が違います。
しかしよく見てみると、XPとかと共通なことがかなり書いてある。単に宣伝する想定対象が違っているということなのですかね。実際、XPの人たちとはお互い認め合っているようです。
XPのように楽しさを重視しない分、ちょっとつまらなそうですが。的確に無駄を省いていくという分、まじめに考える人にはかえって評判がいいかもしれませんね。
従来の管理手法からアジャイルに直接行くより、トヨタ方式経由でリーンを学んだほうが、雰囲気もあってますし移行しやすいでしょう。
日本人にはこっちのほうが向いているかもしれませんね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告